コラム・連載

ゴルフジャーナリストが見た、プロゴルファーの知られざる素顔

「脚光」と「薄幸」のビッグスター

2023.5.15|text by 舩越園子

このページをシェアする:

毎年4月に開催されるマスターズは、ゴルフのメジャー4大会の1つであり、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルを舞台に繰り広げられるゴルフ界最大のフェスティバルでもある。

「ゴルフの祭典」と呼ばれるだけあって、歴代優勝者たちがグリーンジャケット姿で勢揃いし、年齢を重ねたレジェンドたちは若い選手たちの戦いを笑顔で眺める。

だが、1992年マスターズを制したフレッド・カプルスは、63歳になった今年の大会でも若者たちに交じって戦い、大勢のギャラリーから「ゴー、フレディ!」の声援を浴びながら、大会史上最年長の予選通過を果たし、健在ぶりをアピールした。

カプルスといえば、1990年代序盤の米ゴルフ界で最大人気を誇っていた国民的スターだった。ゆったりとした独特のリズムでドライバーを振り、絶大なる飛距離を誇っていたカプルスは、米国のゴルフファンからは「ブーンブーン」と呼ばれ、日本のゴルフ雑誌などでは「ブーンブーン丸」という枕詞が付されていた。

1992年マスターズ優勝を含むPGAツアー通算15勝を挙げ、1991年と1992年にプレーヤー・オブ・ザ・イヤーにも選出されたあのころは、カプルスのキャリアの絶頂期だったが、そんな華やかなアスリート生活を経験した一方で、彼の人生は文字通り、波乱万丈。流した涙はとめどなかった。

大学寮で「マスターズごっこ」をした日々

カプルスは1959年に米ワシントン州シアトル生まれだが、彼の祖父はイタリア系移民で、本来のラストネームは「コッポラ」だった。米国に移住後、「コッポラ」を米国の人々が発音しやすいよう「カプルス」に改め、シアトルの地に根付いたそうだ。

カプルスの父親はシアトルの公営のリクリエーション・パークを整備する事業に携わり、カプルスは幼いころから父親が扱っていた公営パーク内のゴルフ場を「遊び場」にして、自己流で腕を磨いていった。

ハイスクールの大会で好成績を出し、奨学金でテキサス州のヒューストン大学へ進学。ドミトリー(寮)で同室になったのが、現在、米CBS局でトップ・ゴルフアナウンサーとして君臨しているジム・ナンツとプロゴルファーのブレイン・マカリスターだった。

「僕らは3人とも、大学に入学したときから、それぞれの夢を抱いていた。ブレインと僕の夢はプロゴルファーになること、ジムはゴルフ中継を担当するアナウンサーになること。

ジムと僕は、よく寮の部屋の中で、2人で“マスターズごっこ”をした。最終日最終ホールで僕がウイニングパットに臨み、それを沈めて優勝するシーンをジムがアナウンサーとして伝えるという真似事を、僕らは夜な夜な本気でやっていた」

しかし、カプルスはいつしか大学生活に不満と焦りを感じるようになり、親友たちにも大学にも一言も告げずに寮を抜け出し、雲隠れした。内緒で「脱走」した理由は、事前に告げれば、両親に連絡が行き、プロゴルファーへの道を阻止されると思ったからだそうだ。

「僕はカリフォルニアの叔母の家にもぐり込み、毎日ゴルフの練習に精を出し、1980年の秋、PGAツアーのQスクール(予選会)に挑んだ。最終日の前夜、ずっと連絡を絶っていた父に電話して、プロゴルファーになってPGAツアーに出るつもりだと告げたら、いきなりガチャンと電話を切られた」

父親から激怒されても、カプルスは自身の意思を貫き、Qスクールを突破して1981年からPGAツアーに参戦開始。1983年ケンパー・オープンで初優勝を挙げると、次々に勝利を重ね、1992年マスターズを制覇してビッグスターの仲間入りを果たした。

もちろん、カプルスのマスターズ優勝をTV中継で伝えたのは、CBSアナウンサーとして活躍し始めていた親友ナンツだった。

愛する人を次々に失った日々

しかし、そんな夢見心地の時間は、長くは続かなかった。ヒューストン大学時代に知り合い、後に結婚した妻デボラとは、マスターズで優勝した1992年ごろから不仲になり、翌1993年に離婚。

その翌年、最愛の母バイオレットをがんで失い、1997年には、かつてカプルスがプロゴルファーになることに猛反対したものの、その後は誰よりも温かく応援してくれた父親が、白血病でこの世を去った。

孤独になったカプルスは、2001年、新たな恋人タイスと再婚し、ようやく笑顔を取り戻した。だが、その3年後の2001年、前妻デボラが、かつてカプルスと結婚式を挙げた教会の屋根から飛び降り自殺を図り、カプルスの心を大きく揺さぶった。

それでもカプルスは、タイスと彼女が連れてきた子どもたちとともに暮らす生活に感謝し、家族のために奮闘し、さらなる勝利を重ねていった。

だが、かねてからの腰痛は年々悪化して試合を休みがちになり、2009年には愛妻タイスが乳がんを患って、この世を去った。

それでも前を向いている日々

愛する家族を次々に失ったカプルスだが、彼はそれでも前を向いていた。失意の底にあったときでさえ、彼は胸を張って歩くナルシスティックな姿勢を決して崩さず、優しい笑顔をたたえていた。

タイスが残していった子どもたちを我が子として育て挙げた一方で、カプルスは亡き母「バイオレット・ソービック・カプルス」の名を冠した財団を創設。自分と同じように愛する家族を失って辛い思いをしている人々を癒し、とりわけそうした子どもたちに笑顔を取り戻させてあげたいと願うようになった。

以後、カプルスは毎年、「フレッド・カプルス・インビテーショナル・チャリティ・トーナメント」を開催し、地元シアトルの病院やがん関連の施設に得られた収益の全額を寄付している。

重い傷病と向き合っている子どもたちの願いを叶える「メイク・ア・ウィッシュ・ファウンデーション」の活動にも積極的に参加。「僕ができることなら何でもやりたい」と熱く語るカプルスは、社会貢献活動に余念がない。

もちろん、ゴルフへの熱意は今でも失っておらず、50歳になった2010年からはシニアのチャンピオンズツアーに参戦し、通算14勝を挙げている。

そんなカプルスだからこそ、悪天候による不規則進行となった今年のマスターズで若い選手たちがすっかり疲弊していた中、63歳にして最年長予選通過を果たすことができたのだろう。

「僕は、大好きなこの場所をエンジョイしている」

どんなときも、何に対しても、前向きで全力投球。そんなカプルスの存在と彼のゴルフを大勢のファンがエンジョイし、彼の社会への貢献に、たくさんの人々が心から感謝している。

次回は6月15日公開予定!

バックナンバー
  1. ゴルフジャーナリストが見た、
    プロゴルファーの知られざる素顔
  2. 80. トレーラーハウスで誓ったこと
  3. 79. 命のリレー、命のショー
  4. 78. 奇跡の復活優勝、「ミーアのミラクル」
  5. 77. 「永遠の女王」A・ソレンスタム
  6. 76. L・グローバーを大きく開花させたもの
  7. 75. 大きなゴールのための小さな目標
  8. 74. 「三つ子の魂」子どもたちのヒーロー
  9. 73. 「誰かのため」を最優先するホブランは、だからこそ人気急上昇中!
  10. 72. 亡き母のために「優勝して財団設立」を目指したW・クラークの勝利
  11. 71. 「脚光」と「薄幸」のビッグスター
  12. 70. 何かに苦しむ誰かのために活動する「フェアウエイの妖精」
  13. 69. 「0.006%」を潜り抜けたバックリーがもたらす幸運
  14. 68. 故郷をジュニア天国へ。S・ストーリングスの社会貢献
  15. 67. 鉄人レースに挑んだ女子プロのチャレンジ
  16. 66. 「ナイスガイだからこそ」のメジャー制覇と社会貢献
  17. 65. 個性派M・A・ヒメネスの恩返し
  18. 64. 全英女子オープン覇者がプロゴルファーである理由
  19. 63. メジャー3勝、だからこそ「感謝」と「貢献」
  20. 62. アフリカに水をもたらすゴルフ界のレジェンド
  21. 61. 一人の少年を讃えたフリートウッドの想い
  22. 60. 母国を離れて戦うC・スミスの母国愛
  23. 59. コロナ禍の犠牲者のために尽くした素晴らしき選手
  24. 58. 親友が闘病しながら創設した財団を守り続けるプロゴルファー
  25. 57. 救った子供が未来を救う、だからこそ救いたい
  26. 56. 「みんなのハッピー」を目指す女子ゴルフのスター
  27. 55. バレステロスからラームへ、スペインのヒーロー誕生物語
  28. 54. マリア・ファッシは幸せを運ぶアンバサダー
  29. 53. 「小さな奇跡」を信じて戦う意味
  30. 52. クールなP・カントレーの温かい社会貢献
  31. 51. L・トンプソン流、ユニークな社会貢献
  32. 50. 母国への想いが奇跡を起こす!?
  33. 49. 無名の48歳の「好きな言葉」「嫌いな言葉」
  34. 48. B・デシャンボーの熱くて厚い義理人情
  35. 47. 絵を描き続ける「みんなのヒーロー」
  36. 46. 助けたからこそ、助けられたゴルフ人生
  37. 45. 夢を追いかけられる社会にしたい
  38. 44. 負けても笑顔を輝かせた意味
  39. 43. 優しく強くなったR・マキロイの社会貢献
  40. 42. ファンファーレで送り出したい全英チャンプ
  41. 41. 「僕はそういう僕でありたい」ビリー・ホーシェルの感謝と恩返し
  42. 40. チャールズ・ハウエルの恩返し
  43. 39. メジャー・チャンプの恩返し
  44. 38. 「思い出づくり」と「自転車づくり」
  45. 37. 米ツアーの黒人選手の「声」の力
  46. 36. スネデカーは「超ナイスガイ」!
  47. 35. 「世界を救うため」動いたジュニアゴルファー姉妹
  48. 34. それが「私の生きる意味」
  49. 33. 「いつかは、私が」と誓った物語
  50. 32. 亡き母の名を冠したマンモバンを走らせて
  51. 31. ケビン・ナの人気が静かに高まりつつある理由
  52. 30. ゴルフ界の「子育て」と「本当の女王」
  53. 29. 苦難を乗り越えた3世代の物語
  54. 28. 光が当たらなかった場所に光を当てる
  55. 27. 世界ナンバー1の「自分流」チャリティ
  56. 26. 「手作りゴルフ場」から出発したプロゴルファーの社会貢献
  57. 25. ゴルフ金メダリストが考える手作り感覚のチャリティ活動
  58. 24. 惜しみなく与える「DJ」の物語
  59. 23. 輝く未来を抱くチャンス
  60. 22. 帝王の優しき野望
  61. 21. 「パットの名手」は「チャリティの名手」
  62. 20. 「ケビン・キスナー」の名前と存在感
  63. 19. ゴルフの世界でも「類は友を呼ぶ」
  64. 18. ライオン・ハートのジョン・デーリー
  65. 17. 往年の名選手と名キャディからの贈り物
  66. 16. 「たった4勝」でも「メジャー無冠」でも、どんどん高まるリッキー・ファウラーの人気
  67. 15. ジャロード・ライルの36年の人生が残してくれたもの
  68. 14. 苦労したからこそ、若者たちを手助けしたいと動き出したトニー・フィノウ
  69. 13. 授かった幸運を不運な人々のために役立てたいと願うジム・フューリックと妻の社会貢献
  70. 12. 選手もキャディも主役になった日
  71. 11. タイガー・ウッズの真心のチャリティ
  72. 10. 闘病しながらチャリティにも精を出し、「とてもラッキー」と言い切る強さ
  73. 09. ベン・クレーンの終わりなき社会貢献
  74. 08. だから、アーノルド・パーマーは誰からも愛された
  75. 07. デービス・ラブの愛
  76. 06. 彼が国民的スターである理由
  77. 05. ゴルフより大切なものを知って強くなったプロゴルファー
  78. 04. アーニー・エルスの山谷の越え方
  79. 03. マスターズ2勝のバッバ・ワトソンが一人の人間として抱く夢
  80. 02. 全英オープン覇者、ジョーダン・スピースの強さの秘密
  81. 01. プロゴルファーも、お医者さまも?「らしさ」って、難しい

著者プロフィール

舩越園子 近影
舩越 園子(ふなこし そのこ)

ゴルフジャーナリスト

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。
百貨店、広告代理店勤務を経て1989年にフリーライターとして独立。93年渡米。

在米ゴルフジャーナリストとして新聞、雑誌、ウエブサイト等への執筆に加え、講演やテレビ、ラジオにも活動の範囲を広げている。

『王者たちの素顔』(実業之日本社)、『ゴルフの森』(楓書店)、『松山英樹の朴訥力』(東邦出版)など著書訳書多数。

アトランタ、フロリダ、ニューヨークを経て、現在はロサンゼルス在住。

最新の書籍紹介

『タイガー・ウッズ 復活の言霊』

タイガー・ウッズ 復活の言霊
Amazonで確認

復活劇の裏にあったウッズの想い
すべての人の心を打つ48のメッセージ

誰もが憧れる絶対王者として
君臨していたウッズ。
不倫騒動、くり返された故障と手術、
まさかの逮捕劇……と、
人生の風雨にさらされたウッズ。

子供たちと向き合い、自分を見つめなおし、
見事に復活優勝を果たしたウッズ。
どれもタイガー・ウッズだが、
彼の言葉を追い、紐解いていくことで
人間・ウッズの実像が見えてくる。

そして逆境を乗り越えるために 一番大事なものとは……。

バックナンバー
  1. ゴルフジャーナリストが見た、
    プロゴルファーの知られざる素顔
  2. 80. トレーラーハウスで誓ったこと
  3. 79. 命のリレー、命のショー
  4. 78. 奇跡の復活優勝、「ミーアのミラクル」
  5. 77. 「永遠の女王」A・ソレンスタム
  6. 76. L・グローバーを大きく開花させたもの
  7. 75. 大きなゴールのための小さな目標
  8. 74. 「三つ子の魂」子どもたちのヒーロー
  9. 73. 「誰かのため」を最優先するホブランは、だからこそ人気急上昇中!
  10. 72. 亡き母のために「優勝して財団設立」を目指したW・クラークの勝利
  11. 71. 「脚光」と「薄幸」のビッグスター
  12. 70. 何かに苦しむ誰かのために活動する「フェアウエイの妖精」
  13. 69. 「0.006%」を潜り抜けたバックリーがもたらす幸運
  14. 68. 故郷をジュニア天国へ。S・ストーリングスの社会貢献
  15. 67. 鉄人レースに挑んだ女子プロのチャレンジ
  16. 66. 「ナイスガイだからこそ」のメジャー制覇と社会貢献
  17. 65. 個性派M・A・ヒメネスの恩返し
  18. 64. 全英女子オープン覇者がプロゴルファーである理由
  19. 63. メジャー3勝、だからこそ「感謝」と「貢献」
  20. 62. アフリカに水をもたらすゴルフ界のレジェンド
  21. 61. 一人の少年を讃えたフリートウッドの想い
  22. 60. 母国を離れて戦うC・スミスの母国愛
  23. 59. コロナ禍の犠牲者のために尽くした素晴らしき選手
  24. 58. 親友が闘病しながら創設した財団を守り続けるプロゴルファー
  25. 57. 救った子供が未来を救う、だからこそ救いたい
  26. 56. 「みんなのハッピー」を目指す女子ゴルフのスター
  27. 55. バレステロスからラームへ、スペインのヒーロー誕生物語
  28. 54. マリア・ファッシは幸せを運ぶアンバサダー
  29. 53. 「小さな奇跡」を信じて戦う意味
  30. 52. クールなP・カントレーの温かい社会貢献
  31. 51. L・トンプソン流、ユニークな社会貢献
  32. 50. 母国への想いが奇跡を起こす!?
  33. 49. 無名の48歳の「好きな言葉」「嫌いな言葉」
  34. 48. B・デシャンボーの熱くて厚い義理人情
  35. 47. 絵を描き続ける「みんなのヒーロー」
  36. 46. 助けたからこそ、助けられたゴルフ人生
  37. 45. 夢を追いかけられる社会にしたい
  38. 44. 負けても笑顔を輝かせた意味
  39. 43. 優しく強くなったR・マキロイの社会貢献
  40. 42. ファンファーレで送り出したい全英チャンプ
  41. 41. 「僕はそういう僕でありたい」ビリー・ホーシェルの感謝と恩返し
  42. 40. チャールズ・ハウエルの恩返し
  43. 39. メジャー・チャンプの恩返し
  44. 38. 「思い出づくり」と「自転車づくり」
  45. 37. 米ツアーの黒人選手の「声」の力
  46. 36. スネデカーは「超ナイスガイ」!
  47. 35. 「世界を救うため」動いたジュニアゴルファー姉妹
  48. 34. それが「私の生きる意味」
  49. 33. 「いつかは、私が」と誓った物語
  50. 32. 亡き母の名を冠したマンモバンを走らせて
  51. 31. ケビン・ナの人気が静かに高まりつつある理由
  52. 30. ゴルフ界の「子育て」と「本当の女王」
  53. 29. 苦難を乗り越えた3世代の物語
  54. 28. 光が当たらなかった場所に光を当てる
  55. 27. 世界ナンバー1の「自分流」チャリティ
  56. 26. 「手作りゴルフ場」から出発したプロゴルファーの社会貢献
  57. 25. ゴルフ金メダリストが考える手作り感覚のチャリティ活動
  58. 24. 惜しみなく与える「DJ」の物語
  59. 23. 輝く未来を抱くチャンス
  60. 22. 帝王の優しき野望
  61. 21. 「パットの名手」は「チャリティの名手」
  62. 20. 「ケビン・キスナー」の名前と存在感
  63. 19. ゴルフの世界でも「類は友を呼ぶ」
  64. 18. ライオン・ハートのジョン・デーリー
  65. 17. 往年の名選手と名キャディからの贈り物
  66. 16. 「たった4勝」でも「メジャー無冠」でも、どんどん高まるリッキー・ファウラーの人気
  67. 15. ジャロード・ライルの36年の人生が残してくれたもの
  68. 14. 苦労したからこそ、若者たちを手助けしたいと動き出したトニー・フィノウ
  69. 13. 授かった幸運を不運な人々のために役立てたいと願うジム・フューリックと妻の社会貢献
  70. 12. 選手もキャディも主役になった日
  71. 11. タイガー・ウッズの真心のチャリティ
  72. 10. 闘病しながらチャリティにも精を出し、「とてもラッキー」と言い切る強さ
  73. 09. ベン・クレーンの終わりなき社会貢献
  74. 08. だから、アーノルド・パーマーは誰からも愛された
  75. 07. デービス・ラブの愛
  76. 06. 彼が国民的スターである理由
  77. 05. ゴルフより大切なものを知って強くなったプロゴルファー
  78. 04. アーニー・エルスの山谷の越え方
  79. 03. マスターズ2勝のバッバ・ワトソンが一人の人間として抱く夢
  80. 02. 全英オープン覇者、ジョーダン・スピースの強さの秘密
  81. 01. プロゴルファーも、お医者さまも?「らしさ」って、難しい