おすすめコンテンツ

  • ドクターマンガといえばドクターズゲートのDoctor's History
  • 基礎から最先端まで手技動画を公開
  • トップドクターインタビュー
  • エキスパートからのメッセージ
  • TEDまとめ
  • 読み物コンテンツ
  • クイズ形式症例検討会「リアルドクターG」
  • 大学別・診療方針徹底比較
  • 薬剤情報

科目別コンテンツドクターの著書一覧へ

エキスパートの著書ドクターの著書一覧へ

  • 最新版 白内障のひみつ

    最新版 白内障のひみつ

    著者:赤星 隆幸

    刊行:朝日出版社

    書籍詳細を見る
  • 心臓手術―周術期管理の実際
    心臓手術―周術期管理の実際
    著者:佐野 俊二
    書籍詳細を見る
  • 原因不明の胸痛診断ガイドブック
    原因不明の胸痛診断ガイドブック
    著者:内藤 俊夫
    書籍詳細を見る
  • もしも心電図が小学校の必修科目だったら
    もしも心電図が小学校の必修科目だったら
    著者:香坂 俊
    書籍詳細を見る
  • 飛べない鳥たちへ
    飛べない鳥たちへ
    著者:吉岡秀人
    書籍詳細を見る
  • 「脳神経外科医 加藤庸子」加藤庸子Dr.監修
  • ドクターの知的好奇心を刺激する知的エンターテインメント「TED Talksまとめ」
  • 各分野のトップドクターがさまざまなテーマで対談(毎月1日更新)
徳田安春先生マンガ ドクターの知的好奇心を刺激する知的エンターテインメント「TED Talksまとめ」 各分野のトップドクターがさまざまなテーマで対談(毎月1日更新)

岩瀬博太郎教授コラム

専門サイトから注目の記事を配信2019/02/22 更新 | ニュース一覧

  1. 2019/02/22 国産初の「遺伝子治療薬」製造販売、厚労省部会が条件付きで了承 国産初の「遺伝子治療薬」製造販売、厚労省部会が条件付きで了承(医療ニュース)
    厚生労働省の専門部会は、遺伝子を薬として体外から加えて病気を治す国産初の「遺伝子治療薬」の製造販売も、条件付きで了承した。大阪大発の創薬ベンチャー「アンジェス」(大阪府茨木市)が開発した脚の病気の治療薬「コラテジェン」で、新たな血管を生み出すたんぱく質(HGF)を作る遺伝子が主成分。糖尿病による動脈硬化などで脚の血管が詰まり、 壊死えし や潰瘍を起こす病気に使用する。対象患者は推計で年間5000~2万人。患部の筋肉に2~3回に分けて注射する。阪大病院などで患者24人に投与した結果、うち13人で潰瘍が治る効果を確認した。目立った副作用はなかったという。今後5年間で、投与した120人と投与しない80人を比較し、有効性を評価することを正式承認の条件とした。アンジェスは1999年、阪大の研究者らが中心となり設立。2008年にコラテジェンを承認申請したが、データ不足でいったん取り下げ、昨年1月に再申請していた。[全文を読む]
  2. 2019/02/22 白血病の新たな免疫療法「CAR-T」、厚労省部会が製造販売を了承 白血病の新たな免疫療法「CAR-T」、厚労省部会が製造販売を了承(医療ニュース)
    患者自身の免疫細胞を遺伝子操作してがん細胞への攻撃力を高め、体内に戻す「CAR―T療法」と呼ばれる新しい免疫療法について、厚生労働省の専門部会は20日、再生医療製品として製造販売することを了承した。厚労相が年度内にも正式承認する見通しだ。一部の白血病患者などが対象となる。米国では価格が5000万円を超えており、日本での価格にも注目が集まっている。了承されたのは、製薬大手ノバルティスファーマの「キムリア」。「B細胞性急性リンパ芽球性白血病」(25歳以下)と「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」のうち、再発や難治性の患者が対象となる。対象患者数は合わせて年間約250人と見込まれている。CAR―T療法は、体内から取り出した免疫細胞の一種「T細胞」を遺伝子操作し、がん細胞を何度も攻撃できるように改変する。患者から細胞を取り出してから体内に戻すまで50日程度かかる。治療は1回の点滴で済む。厚労省によると、米国や日本などで行われた臨床試験(治験)で、白血病では75人中61人に、リンパ腫では81人中43人に効果があった。一方で、過剰な免疫反応による発熱や吐き気、呼吸困難などの副作用も高い割合で起きた。遺伝子操作や細胞の培養にコストがかかるため、治療費が高額になることも課題となっている。ノバ社によると、米国では白血病に使うと47万5000ドル(約5300万円)かかり、治療から1か月後に効果が認められた場合にだけ、患者に支払いを求める方式が導入されている。山口大の玉田耕治教授(免疫学)は「遺伝子操作した免疫細胞を、実際の治療に使う大きな一歩になる。ほかのがんに使う研究も進んでおり、今後は、がん免疫療法の柱の一つになるだろう」と話している。[全文を読む]
  3. 2019/02/22 地域勤務医の残業時間上限、年1860時間…厚労省が見直し案 地域勤務医の残業時間上限、年1860時間…厚労省が見直し案(医療ニュース)
    医師の働き方改革について厚生労働省は20日、特例で「年1900~2000時間(休日労働含む)」としていた地域医療に従事する勤務医の残業時間の上限について、年1860時間とする見直し案を有識者検討会に提示した。当初案は過労死ラインの2倍を超える水準にあたり、批判が相次いでいた。特例の対象は、地域の救急医療などを担う病院で都道府県が指定する。厚労省は全国で約1400か所程度が対象になるとみている。期間は、医師不足の解消が見込まれる2035年度末まで。それ以降は、一般の医療機関や一般労働者と同じ「年960時間(休日労働含む)」とする方針だ。年960時間は、脳卒中などで労災認定される目安の「過労死ライン」(月80時間超)を踏まえている。厚労省は1月に特例の当初案を示したが、「過労死を招く」などとする批判が噴出。医師が自分の勉強にかける時間を除くなど、当初案の根拠とした調査を再集計した。また厚労省はこの日、集中的に技能を磨く研修医らに対する残業時間の上限案も示した。初期研修医や専門医を目指して研修中の医師などが対象で、本人の申し出に基づいて適用する。特例病院の上限と同じ年1860時間とし、将来に向け減らす方向としている。残業の上限規制は24年度から。厚労省は今年3月末までに規制の全体の枠組みをまとめる方針だ。[全文を読む]
  4. 2019/02/22 「麻酔で幻覚の可能性」…東京地裁「術後わいせつ」医師無罪 「麻酔で幻覚の可能性」…東京地裁「術後わいせつ」医師無罪(医療ニュース)
    東京都足立区の病院で手術直後の女性患者にわいせつな行為をしたとして、準強制わいせつ罪に問われた被告の男性医師(43)に対し、東京地裁は20日、無罪(求刑・懲役3年)の判決を言い渡した。大川隆男裁判長は「女性が麻酔の影響で、わいせつ行為を受ける幻覚を体験した可能性がある」と述べた。被告は乳腺外科医で、2016年5月10日、女性の右乳房の腫瘍を摘出する手術をした直後、病室で女性の胸をなめるなどしたとして逮捕・起訴された。被告は公判で一貫して無罪を主張。弁護側は、女性が麻酔から覚める際、意識障害が生じる「術後せん妄」に陥っていたとし、女性の胸から検出された微物と被告のDNA型が一致したとする警察の鑑定結果も「手術前の診察で被告の唾液などが付着した」として、わいせつ行為を否定していた。判決は、専門医の証言を基に「女性は術後せん妄に陥りやすい状態にあった」と認定した。検察側が「被告が女性をなめた際の唾液によって付着した」とした微物についても、判決は「診察の際に被告の唾液が飛んだり、触診で汗などの体液が付いたりした可能性もある」と判断。また、DNAの鑑定担当者が試料を廃棄していた点などを問題視し、「鑑定を行う者としての誠実さに疑念がある」と批判した。判決後に記者会見した被告は「納得できる判決だった」と安堵 の表情を浮かべた。被告を支援してきた東京保険医協会の幹部らも会見で「術後せん妄について医療界でガイドラインを作るなど対応すべきだ」と述べた。一方、女性も記者会見し、「DNA型が検出されても無罪となるなら、どう立証すればいいのか」と涙を流しながら訴えた。

    久木元伸・東京地検次席検事の話「判決内容を検討して適切に対処したい」[全文を読む]
  5. 2019/02/22 職場で盗難→上司逮捕→代行業務増…残業116時間で精神疾患、労災認定 職場で盗難→上司逮捕→代行業務増…残業116時間で精神疾患、労災認定(医療ニュース)
    鶏肉の加工などを行う「宮崎くみあいチキンフーズ」(宮崎市)の男性社員(30歳代)が精神疾患を発症し、宮崎労働基準監督署が、長時間労働などが原因として労災認定していたことがわかった。関係者によると、男性社員は宮崎市内の同社孵化場に勤務していた2018年1月下旬、職場で財布から1万円を盗まれる被害に遭い、宮崎県警は同2月下旬、上司の場長を窃盗容疑で逮捕した。男性社員はその後、従来の業務に加え、いなくなった場長の業務も代行させられた。労基署は、過去に経験のない業務や責任の大きい対外的業務などで精神的緊張を強いられ、仕事も大幅に増えたため、同3月下旬に適応障害を発症したと認定した。男性社員の時間外労働は発症前1か月間で116時間に上り、その前月の27時間を大きく上回った。休みを取るのが困難な状況だったという。同社はJAグループに所属し、全農チキンフーズ(東京)の子会社。読売新聞の取材に対し、「支援者の派遣を打診するなど業務の軽減措置を講じたが、結果として負担を感じたのであれば申し訳ない。労災認定を重く受け止め、社員の健康管理を徹底したい」としている。[全文を読む]
  6. 2019/02/22 医大生、ムエタイ世界王座に挑む…外科医目指す二刀流「亡き父にベルトを」 医大生、ムエタイ世界王座に挑む…外科医目指す二刀流「亡き父にベルトを」(医療ニュース)
    大分市の医大生が24日、大分県別府市で行われるタイの格闘技「ムエタイ」の世界王座決定戦に挑む。大分大医学部3年で、世界プロムエタイ連盟・日本ウエルター級王者の岡田将人さん(26)。外科医を目指す“二刀流”は、亡き父に世界のベルトを届けると誓った。16日夜、別府市のジム「BRAVELY GYM」に、ミットをたたく音が響いた。「連続で、連続で」。トレーナーの声に応じ、岡田さんがパンチやキックを繰り出す。ジムの伴政和代表(35)は「順調に仕上がっている」と目を細めた。 外科医だった父・秀司さんの存在が、二刀流の道を歩む原点となった。小学時代、格闘技好きだった父と一緒に、「K―1」のテレビ中継に熱狂した。タイ人のブアカーオ選手に憧れた。県内有数の進学校、大分上野丘高ではラグビー部に所属。3年生で進路を考えた時に思い出したのが、中学1年の時、48歳の若さで病死した父がいつも口にしていた言葉だった。「自分のやりたいことをしっかりとやりなさい」。幼い頃の夢でもあった格闘家への思いが膨らみ、大学進学をやめた。高校卒業後は飲食店のアルバイトを掛け持ちし、貯めた約200万円を手に、20歳でムエタイの本場・タイに渡った。現地の小さなジムで練習を積み、1か月後にプロデビューしたが、タイ語は話せず、ジムでは孤独感を味わった。戦績は3勝5敗。実力差が大きく、あばら骨を折る大けがもした。本場の壁にはね返され、帰国を決めた。失意の岡田さんに道を示したのも、父の存在だった。「父のような医師になろう」と受験勉強を始め、23歳で大分大医学部に合格。「不完全燃焼だった」という思いを抱えていた格闘家への夢も再び膨らんだ。入学直後にジムに入門。講義前に5~10キロを走り、夕方からはジムで汗を流した。帰宅後は深夜の2時間を勉強にあてた。「中途半端で終わりたくない。医師と格闘家、二つの夢に突き進みたい」と腹を決めた。国内でプロデビューした2016年からの戦績は5勝3敗。昨年6月、日本ウエルター級の王者決定戦でTKO勝ちし、念願のベルトを巻いた。父の仏前にベルトを置き、遺影に「やりたいことを、ちゃんとやれたよ」と語りかけた。世界王座決定戦は、タイ人選手と対戦する。普段は74キロの体重を8キロ近く減量中。試合直前には大学の試験も控える。岡田さんは「父も応援してくれていると思う。今度は世界のベルトを父の仏前に飾りたい」と誓った。世界王座決定戦は24日午後、別府市の別[全文を読む]
医療ニュースについて

おすすめコンテンツ

  • ドクターマンガといえばドクターズゲートのDoctor's History
  • 基礎から最先端まで手技動画を公開
  • トップドクターインタビュー
  • エキスパートからのメッセージ
  • 読み物コンテンツ
  • TEDまとめ
  • クイズ形式症例検討会「リアルドクターG」
  • 大学別・診療方針徹底比較
  • 薬剤情報

医療マンガ

成功を掴んだドクターの波瀾万丈の半生を描く

  • 赤星隆幸Dr(三井記念病院)監修「孤高の眼科医」
  • 加藤庸子Dr|脳神経外科医 加藤庸子
  • 高須克弥Dr(高須クリニック院長)監修「YES!な人生」
  • 徳田安春Dr(群星沖縄臨床研修センター)監修「沖縄の群星」
  • 上野雅巳Dr(和歌山医科大学)監修「ケンシュー・セイ!!」
  • 大木隆生Dr(東京慈恵会医科大学)監修「トキメキDr.」
  • 山中克郎Dr(諏訪中央病院)監修「医療名探偵・Y~攻める総合診療医」
  • 今明秀Dr(八戸市立市民病院 院長、救命救急センター 前所長)監修「青森ドクターヘリ 劇的救命日記」
  • 城野親德Dr(シロノクリニック総院長/ドクターシーラボCEO)監修「DOCTOR×CEO」
  • 北野夕佳Dr(聖マリアンナ医科大学横浜西部病院)監修「as a mother, as a doctor」
  • 金平永二Dr(メディカルトピア草加病院長)監修「Be a maverick」

遠隔医療特集

手技動画 人気TOP5

よく見られている手技動画をピックアップ!

両手結び「男結び」

第1位:両手結び「男結び」

順天堂大学医学部 心臓血管外科 助教
戸田中央総合病院 心臓血管センター外科 部長

横山 泰孝 先生

エコーガイド下尺側皮静脈穿刺法

第2位:エコーガイド下尺側皮静脈穿刺法

東京クリニック 乳腺外科

志賀 千鶴子 先生

カテラン針による帝王切開のための胸椎麻酔

第3位:カテラン針による帝王切開のための胸椎麻酔

聖隷浜松病院 麻酔科

袖山 修 先生

エコーガイド下尺側皮静脈穿刺法による上腕ポート留置術の実際

第4位:エコーガイド下尺側皮静脈穿刺法による上腕ポート留置術の実際

東京クリニック 乳腺外科

志賀 千鶴子 先生

慈恵医大式CEA小切開Eversion法

第5位:慈恵医大式CEA小切開Eversion法

東京慈恵会医科大学 血管外科講座教授

大木 隆生 先生

プロゴルファーの知られざる素顔に迫る!(毎月15日更新)

研修医の味方!特集

研修医が知っておきたい「当直医の心得」

研修医が知っておきたい
「当直医の心得」

当直の第一線に立つ研修
医にいざという時役立つ
「当直医の心得」とは

ベッドサイド5分間ティーチング講座

ベッドサイド5分間
ティーチング講座

考えさせて伸ばす!
研修医と指導医の力を
引き出す教育メソッド

英語で学ぶ!特集

情報収集しながら英語耳を鍛える

英語で聴く、NEJM

英語で聴く、NEJM

NEJMの最新アブストラクトを
音声で。ヒアリングの強化
と医療情報を入手!

TED動画まとめ

スーパープレゼン
TED動画まとめ

プレゼンスキルUPに!
英語音声と日本語対訳で
自然に耳が鍛えられる

外交評論家 高原剛一郎の「専門家しか知らない中東情勢 裏のウラ」(毎月1日更新)
中東情勢の裏のウラを専門家がわかりやすく解説!

医学生のための厳選講演動画

「eレジフェア」講演動画を厳選して公開!

DEBATE! 大学病院vs市中病院 in eレジフェア2016 福岡

DEBATE! 大学病院vs市中病院
(eレジフェア2016 福岡)

司会

上野 雅巳 先生

臨床、産業医、公衆衛生医師に…長崎県知事!? 多種多様な「なりたい自分像」を持つ8人の研修医の話は必見!

病院はあなたのココを見ている!

病院はあなたのココを見ている!

講師

具伊 和之氏、佐野 充氏

年間の実習見学者400名を超える超人気病院の担当者が明かす、失敗しない・後悔しないためのマッチング対策のキホン。

明日から使えるマナー講座

"明日から使える" 医学生のためのマナー講座

接遇マナー研修講師

豊岡 厚惠 先生

医学生の多くが抱く病院見学や面接での不安を解消し、明日からすぐに使える『医学生のためのマナー講座』

大木 隆生 先生「外科医のトキメキ」

外科医のトキメキ

東京慈恵会医科大学病院 外科学講座 統括責任者

大木 隆生 先生

血管外科の本場アメリカの名門病院で41歳にして教授に上り詰めた名医が求め続けた「トキメキ」の原点。

金平 永二 先生「脾臓摘出術」

脾臓摘出術

上尾中央総合医科グループ 内視鏡外科アカデミー代表

金平 永二 先生

腫れあがった脾臓を内視鏡手術で摘出するという、誰もが不可能と判断した手術を、執刀医自ら実際の映像を交え解説。

北野 夕佳 先生「【研修医・医学生向け】ベッドサイド5分間ティーチング講座」

ベッドサイド5分間ティーチング講座

聖マリアンナ医科大学救急医学 助教・医長
聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 救命救急センター

北野 夕佳 先生

研修医の頭に負荷をかけて初めて成長する――研修医にも指導医にも見て欲しい、わかりやすい講演。

Dr.南淵明宏の「医療最前線」(毎月更新)
「心臓手術の職人」が最新医療機器・術式を術者目線で斬る

eレジフェアなら各病院とじっくり話せる!病院見学につながる!

eレジフェア2016

eレジフェア 2019

<開催決定!>
会場や日程などの情報は
e-residentにて公開中!

ハッピー☆マッチ

マッチング小説【完結】
『ハッピー♡マッチ』

e-residentで毎週金曜連載
現役医師が執筆。読めば
マッチングが分かる?!

レジデントインタビュー(毎月更新)

初期研修医インタビュー

ジュニアレジデント
インタビュー

全国各地の初期研修医が
研修先病院の現場で
感じた生の体験を語る!

後期研修医インタビュー

シニアレジデント
インタビュー

活躍中の後期研修医が
現在の診療科を選んだ
理由について語る!

学会リンク


コンテンツパートナー
私たちは医学生、研修医、医師の
皆様の将来を応援しています!