おすすめコンテンツ

  • ドクターマンガといえばドクターズゲートのDoctor's History
  • 専門医の手技動画【技術の伝承】
  • トップドクターインタビュー
  • エキスパートからのメッセージ
  • TEDまとめ
  • 読み物コンテンツ

科目別コンテンツドクターの著書一覧へ

エキスパートの著書ドクターの著書一覧へ

  • 最新版 白内障のひみつ

    最新版 白内障のひみつ

    著者:赤星 隆幸

    刊行:朝日出版社

    書籍詳細を見る
  • 提言―日本のポリファーマシー
    提言―日本のポリファーマシー
    著者:徳田安春
    書籍詳細を見る
  • 診断力を強化する!症候からの内科診療
    診断力を強化する!症候からの内科診療
    著者:徳田安春
    書籍詳細を見る
  • もしも心電図が小学校の必修科目だったら
    もしも心電図が小学校の必修科目だったら
    著者:香坂 俊
    書籍詳細を見る
  • もう迷わない!外来インスリン療法マスターブック
    もう迷わない!外来インスリン療法マスターブック
    著者:弘世 貴久
    書籍詳細を見る
  • 内視鏡下食道全摘手術のパイオニア。“神の手”を持つ村上雅彦教授が語る「食道外科の未来について」
  • ナンバーワン・オンリーワンを目指し続けるステントグラフト治療のパイオニアの加藤 雅明医師から語る心臓血管外科
  • 高橋慶一先生が語る大腸外科の未来について
内視鏡下食道全摘手術のパイオニア。“神の手”を持つ村上雅彦教授が語る「食道外科の未来について」 ナンバーワン・オンリーワンを目指し続けるステントグラフト治療のパイオニアの加藤 雅明医師から語る心臓血管外科 高橋慶一先生が語る大腸外科の未来について

磯村正 医師『心臓血管外科の未来について』連載開始!

専門サイトから注目の記事を配信2019/09/13 更新 | ニュース一覧

  1. 2019/09/13 京大iPS研とディオール「肌の老化」共同研究 京大iPS研とディオール「肌の老化」共同研究(医療ニュース)
    京都大iPS細胞研究所は12日、仏高級ブランド「ディオール」の化粧品を扱うパルファン・クリスチャン・ディオールと共同研究を始めたと発表した。iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使い、肌が老化する仕組みや原因を調べる。同研究所が海外の化粧品メーカーと共同研究を行うのは初めて。今回の共同研究は、ディオール側が同研究所に持ちかけた。若者から高齢者まで様々な年齢層の人のiPS細胞から皮膚の細胞を作り、年齢ごとの細胞の性質を調べて加齢がどう影響するかなどを研究する。将来的にディオール側は、皮膚を長く若々しい状態に保つための製品開発を視野に入れている。[全文を読む]
  2. 2019/09/13 響け 障害者プロ楽団…中洲ジャズ 14日に出演 響け 障害者プロ楽団…中洲ジャズ 14日に出演(医療ニュース)
    知的障害がある人たちでつくる福岡市のプロ楽団「JOY倶楽部ミュージックアンサンブル」が、14、15日に同市・中洲で開かれる音楽フェスティバル「中洲ジャズ」に出演する。本格的な音楽イベントは初めてで、難度の高いジャズに初挑戦する。
    ◇「お客さんと盛り上げたい」◇楽団は打楽器や鍵盤楽器などの合奏団で、1993年に結成。2002年には博多区の就労継続支援B型事業所「JOY倶楽部」の一部門となり、団員は事業所で楽器を練習し、イベント出演料を工賃として事業所から受け取っている。音楽活動を仕事にしている事業所は全国でも珍しいという。今では全国の学校や福祉イベントなどで年間約50公演をこなす。 現在はダウン症や自閉症の32人(20~48歳)が所属。楽譜を読めない人も多いが、鍵盤に音階をカタカナで書き込んだり、曲を聴いて覚えたりして演奏。ポップスや童謡など、レパートリーは30曲を超える。中洲ジャズは地元の町内会などでつくる実行委員会主催。今年で11回目を迎える音楽イベントで、前回は2日間で10万人が来場した。今年は女優でピアニストの松下奈緒さんや韓国人歌手のKさんら国内外の約80組がステージで演奏。楽団の出演は、市の委託で障害者支援事業を手がけるイベント企画会社「エフ・ジェイ エンターテインメントワークス」が、「障害者の音楽活動を知ってもらいたい」と実行委員会に働きかけて実現した。当日はポップスなど4曲を披露するほか、福岡県出身のサックス奏者・鬼塚康輔さん(33)との共演で「この素晴らしき世界」などジャズ2曲を演奏する。障害の特性で複雑なリズムを取ることが苦手な団員もいるが、8月下旬に行われた鬼塚さんとの合同練習では何度も音合わせを繰り返して完成度を高めた。ドラムス担当の塩川真樹さん(26)は「ジャズは難しいけれど、中洲ジャズで演奏できるのがうれしい」と笑顔。事業所の職業指導員、森山知会里さん(34)は「誰もが感動を共有できるのが音楽の素晴らしさ。お客さんと一緒にステージを盛り上げたい」と話している。 出演は14日午後6時10分から、キャナルシティ博多サンプラザステージで。鑑賞無料。問い合わせは同実行委(092・292・2212)へ。[全文を読む]
  3. 2019/09/13 米で6人死亡「風味つき電子たばこ」販売を規制へ 米で6人死亡「風味つき電子たばこ」販売を規制へ(医療ニュース)
    【ワシントン=船越翔】米国のトランプ大統領は11日、若者の間で流行している電子たばこの販売の規制に乗り出す方針を明らかにした。電子たばことの関連が疑われる健康被害が相次いだことを受けたもので、米食品医薬品局(FDA)が数週間以内に、香りや味がついた電子たばこを対象とする新たな規制を策定する。トランプ氏はホワイトハウスで記者団に「人々が病気になり、若者が影響を受けるのを許すわけにはいかない。これは大きな問題だ」と語り、規制に取り組む考えを強調した。AP通信などによると、米政府はミントなどの風味がついた電子たばこの販売を全面的に禁止する。その上で、FDAが許可した製品のみ販売を認めるようにすることを検討しているという。米疾病対策センター(CDC)によると、電子たばことの関連性が疑われる深刻な肺疾患で、これまでに全米で6人の死亡が確認されている。CDCや米医師会は原因が判明するまで、電子たばこの使用を控えるよう呼びかけている。米国で販売されている電子たばこにはニコチンが含まれているケースが多い。特に若者の間で風味付きの電子たばこが流行し、健康への影響が懸念されていた。このため、米国内ではミシガン州が今月に入って電子たばこの販売禁止を決めるなど、規制の動きが進んでいた。一方、電子たばこの推進団体からは、トランプ氏の方針について「販売の禁止は、多くの喫煙者から禁煙という選択肢を失わせる」などと反論の声が上がっている。[全文を読む]
  4. 2019/09/13 緊急避妊薬、必死に探す女性に朗報…医療機関検索サイト開設 緊急避妊薬、必死に探す女性に朗報…医療機関検索サイト開設(医療ニュース)
    性犯罪や避妊の失敗などで望まない妊娠の可能性がある女性が緊急避妊薬を手に入れやすいよう、日本家族計画協会は今月、処方する医療機関を検索できるウェブサイトを開設した。日本で認められた薬は性行為から72時間以内に飲む必要があるため、速やかな入手をサポートする。検索サイトには、緊急避妊薬を処方し、同協会の調査に応じた全国約1500医療機関が登録されている。都道府県ごとに検索でき、スマートフォンなどの位置情報を利用して、現在地から近い20か所が挙がる。休診の可能性があれば「!」マークが表示される。そのうえで、医療機関に直接電話し、予約が必要かどうかや処方できるかを確かめてから受診する。緊急避妊薬は対面診療での処方が原則だが、医師が少ない地方など受診しづらい環境では、服用時間に間に合わない場合もある。国は今年、スマホなどを通して診察するオンライン診療での処方を認めたが、実用化はされていない。同協会の北村邦夫理事長は、「不安で必死に医療機関を探す女性も多い。少しでも早く安心でき、その後の正しい避妊行動につながれば」と話す。検索サイトは、https://www.jfpa-clinic.org/s/から見られる。[全文を読む]
  5. 2019/09/13 運動会の練習中、児童が熱中症か…12人搬送 運動会の練習中、児童が熱中症か…12人搬送(医療ニュース)
    山口県消防保安課に入った連絡によると、同県下関市立垢田小で11日午前10時55分頃、運動会の練習中の児童37人が熱中症の症状を訴え、うち12人が病院に搬送された。重症者はいないという。気象庁によると、同市の正午現在の最高気温は31.7度だった。[全文を読む]
  6. 2019/09/13 乳幼児のせき「ゼーゼー」要注意…RSウイルス患者急増 乳幼児のせき「ゼーゼー」要注意…RSウイルス患者急増(医療ニュース)
    乳幼児がかかると肺炎などを引き起こす恐れがあるRSウイルス感染症の患者が増えている。8月26日~9月1日に全国約3000の小児科から今年最多の7673人の患者が報告された。前週の報告に比べて一気に3385人増加。国立感染症研究所(感染研)が10日発表した。専門家は警戒を呼びかけている。感染研によると、都道府県別では、東京が616人で最も多い。福岡468人、大阪467人、神奈川423人などが続く。RSウイルス感染症は、患者のせきやくしゃみの飛まつを吸い込んだり、ウイルスの付いた物を触ったりしてうつる。2歳になるまでに、ほぼ100%が感染するとされる。感染してから4~6日後に発熱など風邪に似た症状が出る。肺炎のほか、気管支炎になる場合もある。予防するワクチンや治療薬はなく、点滴などをして回復を待つ。以前は冬に患者が多かったが、2011年以降は夏から患者報告が増え始める傾向がみられている。感染症に詳しい川崎市健康安全研究所の岡部信彦所長は「流行の要因は不明だが、今後、拡大する恐れがある。呼吸の時にゼーゼーしたり、息が苦しそうに見えたりしたら、早めにかかりつけ医などを受診してほしい」と話している。[全文を読む]
医療ニュースについて

おすすめコンテンツ

  • ドクターマンガといえばドクターズゲートのDoctor's History
  • 基礎から最先端まで手技動画を公開
  • トップドクターインタビュー
  • エキスパートからのメッセージ
  • 読み物コンテンツ
  • TEDまとめ
  • 薬剤情報

医療マンガ

成功を掴んだドクターの波瀾万丈の半生を描く

  • 赤星隆幸Dr(三井記念病院)監修「孤高の眼科医」
  • 加藤庸子Dr|脳神経外科医 加藤庸子
  • 高須克弥Dr(高須クリニック院長)監修「YES!な人生」
  • 徳田安春Dr(群星沖縄臨床研修センター)監修「沖縄の群星」
  • 上野雅巳Dr(和歌山医科大学)監修「ケンシュー・セイ!!」
  • 大木隆生Dr(東京慈恵会医科大学)監修「トキメキDr.」
  • 山中克郎Dr(諏訪中央病院)監修「医療名探偵・Y~攻める総合診療医」
  • 今明秀Dr(八戸市立市民病院 院長、救命救急センター 前所長)監修「青森ドクターヘリ 劇的救命日記」
  • 城野親德Dr(シロノクリニック総院長/ドクターシーラボCEO)監修「DOCTOR×CEO」
  • 北野夕佳Dr(聖マリアンナ医科大学横浜西部病院)監修「as a mother, as a doctor」
  • 金平永二Dr(メディカルトピア草加病院長)監修「Be a maverick」

遠隔医療特集

手技動画 人気TOP5

よく見られている手技動画をピックアップ!

両手結び「男結び」

第1位:両手結び「男結び」

順天堂大学医学部 心臓血管外科 助教
戸田中央総合病院 心臓血管センター外科 部長

横山 泰孝 先生

エコーガイド下尺側皮静脈穿刺法

第2位:エコーガイド下尺側皮静脈穿刺法

東京クリニック 乳腺外科

志賀 千鶴子 先生

カテラン針による帝王切開のための胸椎麻酔

第3位:カテラン針による帝王切開のための胸椎麻酔

聖隷浜松病院 麻酔科

袖山 修 先生

エコーガイド下尺側皮静脈穿刺法による上腕ポート留置術の実際

第4位:エコーガイド下尺側皮静脈穿刺法による上腕ポート留置術の実際

東京クリニック 乳腺外科

志賀 千鶴子 先生

慈恵医大式CEA小切開Eversion法

第5位:慈恵医大式CEA小切開Eversion法

東京慈恵会医科大学 血管外科講座教授

大木 隆生 先生

プロゴルファーの知られざる素顔に迫る!(毎月15日更新)

研修医の味方!特集

研修医が知っておきたい「当直医の心得」

研修医が知っておきたい
「当直医の心得」

当直の第一線に立つ研修
医にいざという時役立つ
「当直医の心得」とは

ベッドサイド5分間ティーチング講座

ベッドサイド5分間
ティーチング講座

考えさせて伸ばす!
研修医と指導医の力を
引き出す教育メソッド

英語で学ぶ!特集

情報収集しながら英語耳を鍛える

英語で聴く、NEJM

英語で聴く、NEJM

NEJMの最新アブストラクトを
音声で。ヒアリングの強化
と医療情報を入手!

TED動画まとめ

スーパープレゼン
TED動画まとめ

プレゼンスキルUPに!
英語音声と日本語対訳で
自然に耳が鍛えられる

外交評論家 高原剛一郎の「専門家しか知らない中東情勢 裏のウラ」(毎月1日更新)
中東情勢の裏のウラを専門家がわかりやすく解説!

医学生のための厳選講演動画

「eレジフェア」講演動画を厳選して公開!

DEBATE! 大学病院vs市中病院 in eレジフェア2016 福岡

DEBATE! 大学病院vs市中病院
(eレジフェア2016 福岡)

司会

上野 雅巳 先生

臨床、産業医、公衆衛生医師に…長崎県知事!? 多種多様な「なりたい自分像」を持つ8人の研修医の話は必見!

病院はあなたのココを見ている!

病院はあなたのココを見ている!

講師

具伊 和之氏、佐野 充氏

年間の実習見学者400名を超える超人気病院の担当者が明かす、失敗しない・後悔しないためのマッチング対策のキホン。

明日から使えるマナー講座

"明日から使える" 医学生のためのマナー講座

接遇マナー研修講師

豊岡 厚惠 先生

医学生の多くが抱く病院見学や面接での不安を解消し、明日からすぐに使える『医学生のためのマナー講座』

大木 隆生 先生「外科医のトキメキ」

外科医のトキメキ

東京慈恵会医科大学病院 外科学講座 統括責任者

大木 隆生 先生

血管外科の本場アメリカの名門病院で41歳にして教授に上り詰めた名医が求め続けた「トキメキ」の原点。

金平 永二 先生「脾臓摘出術」

脾臓摘出術

上尾中央総合医科グループ 内視鏡外科アカデミー代表

金平 永二 先生

腫れあがった脾臓を内視鏡手術で摘出するという、誰もが不可能と判断した手術を、執刀医自ら実際の映像を交え解説。

北野 夕佳 先生「【研修医・医学生向け】ベッドサイド5分間ティーチング講座」

ベッドサイド5分間ティーチング講座

聖マリアンナ医科大学救急医学 助教・医長
聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 救命救急センター

北野 夕佳 先生

研修医の頭に負荷をかけて初めて成長する――研修医にも指導医にも見て欲しい、わかりやすい講演。

Dr.南淵明宏の「医療最前線」(毎月更新)
「心臓手術の職人」が最新医療機器・術式を術者目線で斬る

eレジフェアなら各病院とじっくり話せる!病院見学につながる!

eレジフェア2016

eレジフェア 2019

<開催決定!>
会場や日程などの情報は
e-residentにて公開中!

ハッピー☆マッチ

マッチング小説【完結】
『ハッピー♡マッチ』

e-residentで毎週金曜連載
現役医師が執筆。読めば
マッチングが分かる?!

レジデントインタビュー(毎月更新)

初期研修医インタビュー

ジュニアレジデント
インタビュー

全国各地の初期研修医が
研修先病院の現場で
感じた生の体験を語る!

後期研修医インタビュー

シニアレジデント
インタビュー

活躍中の後期研修医が
現在の診療科を選んだ
理由について語る!

学会リンク


コンテンツパートナー
私たちは医学生、研修医、医師の
皆様の将来を応援しています!