若手医師の提言
このページをシェアする:

総合病院国保旭中央病院 副院長、総合診療内科部長、臨床教育センター長 塩尻俊明先生

総合病院国保旭中央病院 副院長、総合診療内科部長、臨床教育センター長

塩尻俊明

病院総合診療科の未来について 2019年11月号 《 11月20日更新! 》
総合診療内科紹介

病院における総合診療と言えば、まずは大学病院での総合診療だと思います。外来型の総合診療部門を中心に、どの科にかかるべきか、どういう診療が適切かを、問診を中心に、身体診察、基本検査を駆使し診療を行っています。また、他院で診断に難渋して紹介されてくる診断困難症例を解決して... [ 続きを読む ]

コラムを読む バックナンバー


中川クリニック 中川泰一先生

中川クリニック 院長

中川泰一

医者が知らない医療の話 2019年11月号 《 11月10日更新! 》
「ダイエット薬」のお話

前回までの糖尿病と腸内細菌の関係から、ちょっと柔らかめでダイエットのお話。最近、と言ってもかなり以前からだが、「痩せ薬」として糖尿病治療薬が利用されているのはご存じだろうか?美容系の先生方はよくご存じと思うが、意外と内科の先生は... [ 続きを読む ]

コラムを読む バックナンバー


イムス東京葛飾総合病院 心臓血管外科 特任部長 磯村正先生

心臓血管外科 特任部長

磯村正

心臓血管外科の未来について 2019年11月号 《 11月1日更新! 》
須磨久善先生に出会う

私は割と恵まれていました。昔は外科医志願者が多く、私たちの教室も同級生13人で入局したのです。そのうち心臓外科を一緒に始めたのが4人です。そのうえに講師や助教授がいましたから、大きな教室だったのですね。手術するのは教授、助教授がほとんどで... [ 続きを読む ]

コラムを読む バックナンバー


神津内科クリニック 神津 仁 院長

院長

神津内科クリニック 神津 仁 院長

神津 仁の名論卓説 2019年11月号 《毎月更新》
クルーズ客船(コスタ・ネオロマンチカ号)搭乗記 II

夜の帳が下りたカーテンの向こう側から、ゆっくりとした波の音が聞こえる。福岡は雨模様だったので、デッキから見る海は暗く、クルーズ船の船腹に砕ける波も心なしか憂うつで重い音色を奏でている。夫婦とも初めての船旅なので、勝手がわからない... [ 続きを読む ]

dd


谷口 克(まさる)

元 国立研究開発法人理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センター長

谷口 克(まさる)

がん治療概念を変えたNKT細胞 2019年8月号 《 8月20日更新! 》
自然免疫と獲得免疫の両方を活性化

臨床の先生方もどこかで基礎研究に携わるといいと思います。そうすると、ものの見方が全く変わってきます。臨床で患者さんを診ている人が本当は一番いい問題提起をしてくるんです。それではどうやって解決するのかというときに ... [ 続きを読む ]

コラムを読む バックナンバー


千葉大学 岩瀬博太郎教授

岩瀬博太郎教授コラム

岩瀬博太郎

会員限定AI(人工知能)と法医学

私どもでは人間が入力しています。大学によってはコンピューターに入力させているのですが、対話型ではありません。だから自分でボタンを押して、「今から始めます」などの決まった言葉を言って自動書記が始まるシステムなんです。

dd


獨協医科大学 井原裕教授

こころの診療科教授

獨協医科大学 井原裕教授

会員限定人間としての患者を診る、プロの精神科医を目指せ

自治医大時代も精神鑑定はやっていましたが、留学から帰って、国立療養所南花巻病院に就職したころから、本格的に鑑定を引受けるようになりました。その後、順天堂に移って埼玉県内の事件を手がけるようになり、獨協に移籍後は新聞の一面トップを飾るような事件も担当しました。暗くて汚い拘置所の取調室で、重大事件の被疑者と1対1で話すのは、まったくもってドストエフスキーの『罪と罰』の世界です。

dd


愛知県がんセンター 木下 平 総長

総長 消化器外科

愛知県がんセンター 木下 平 総長

会員限定がん専門病院での研修の奨め

悪性新生物すなわち“がん”は言うまでも無く、死因、罹患の第一位を占める国民病です。団塊の世代が、がん好発年齢に達し、今後しばらくは患者数が増え続けます。がんの原因は単一ではないため、感染症における抗生物質のような画期的な治療薬の開発は望めません。診断治療における着実な進歩はありますが、まだまだ克服までには時間がかかりそうです。

dd


鶴岡市立湯田川温泉リハビリテーション病院 武田 憲夫先生

院長、脳神経外科

鶴岡市立湯田川温泉リハビリテーション病院武田 憲夫先生

会員限定医学研究のすすめ

昨今の医学は、専門化、分化がめまぐるしく進み、それぞれの分野で学会、研究会が立ち上がっている。私が専門にしている脳神経外科の分野でも、全国規模の脳神経外科関連学会、研究会だけでも優に20は超える。そしてその内の主立った会は、専門医、認定医、指導医制度を設けており、昨今の多くの若い医師は、その資格を取得すべく向上心を燃やし、当面の目標としている。

コラムを見る


国立病院機構九州がんセンター臨床研究センター長 一瀬先生

臨床研究センター長

九州がんセンター臨床研究センター長 一瀬先生

会員限定私の研究

私は1978年3月に長崎大学医学部を卒業後、5月より宮崎医科大学第2外科の研修医となった。新設医科大で医師が絶対的に不足していたこともあって教授を含め諸先輩方の「様々な研究」の助手をさせて頂いた。犬を用いた対外循環装置を使用しない超低体温下での開心術など心臓関連の基礎研究から当時がん患者の細胞性免疫反応を測定するためのツ反反応をみる臨床試験なども経験した。

コラムを見る


福島県立医科大理事長兼学長菊地臣一先生

理事長兼学長、整形外科

福島県立医科大理事長兼学長菊地臣一先生

会員限定次代を担う君達へ
-私の歩みからの次世代への提言-

私は、大学紛争時代に学生生活を送りました。大学のロックアウトという異常事態も経験しました。元々、医学部志望ではない私は、戦後、公職追放にあった父の強い勧めで医学部を受験しました。結果は、補欠合格でした。気が進まずに入った医学部ですが、今は医師になって後悔はしていません。

コラムを見る


倉敷成人病センター安藤先生

副院長 内視鏡手術センター長

倉敷成人病センター安藤先生

会員限定若い医師へ向けたメッセージ

今回、婦人科の腹腔鏡手術についてお話したいと思います。私は1997年比較的遅くなってから腹腔鏡を始めました。パイオニアといった立場ではないのですが、比較的多くの腹腔鏡手術に接する機会、また国内外の多くの学会を経験する機会がございました。これからいろいろな事を学んで行かれる若い先生方にこれらの経験やそれに関連し感じたことをご紹介したいと思います。

コラムを見る

ドクターズゲートおすすめコンテンツ

DICの病態と
その制御分子

トロンボモジュリンを
アニメーションで
わかりやすく解説。

by 旭化成ファーマ

今さら聞けない!
AEDの正しい使い方

AEDを使用した救命の
手順を基本から詳しく
解説します。

by トーアエイヨー

脳血管3Dイラスト

患者さんへの症状説明用
医学生等の自習用として
ご使用頂けるツールです

by 大塚製薬

Top Oncologist
インタビュー

「飲みたーい!」と
切望する患者にしか
薬は出さない。

by 大鵬薬品工業

 

  • Dr.井原 裕 精神科医とは、病気ではなく人間を診るもの 井原 裕Dr. 獨協医科大学越谷病院 こころの診療科教授
  • Dr.木下 平 がん専門病院での研修の奨め 木下 平Dr. 愛知県がんセンター 総長
  • Dr.武田憲夫 医学研究のすすめ 武田 憲夫Dr. 鶴岡市立湯田川温泉リハビリテーション病院 院長
  • Dr.一瀬幸人 私の研究 一瀬 幸人Dr. 国立病院機構 九州がんセンター 臨床研究センター長
  • Dr.菊池臣一 次代を担う君達へ 菊池 臣一Dr. 福島県立医科大学 前理事長兼学長
  • Dr.安藤正明 若い医師へ向けたメッセージ 安藤 正明Dr. 倉敷成人病センター 副院長・内視鏡手術センター長
  • 技術の伝承-大木永二Dr
  • 技術の伝承-赤星隆幸Dr