孤高の眼科医~赤星隆幸Dr.物語
このページをシェアする:

最終更新:8月15日(火)/ 次回更新:9月15日(金)

白内障手術に革命をもたらしたDr.赤星隆幸の波乱に満ちた半生!

白内障手術に「フェイコ・プレチョップ法」という革命的手技をもたらし、年間1万件近くの手術を執刀する傍ら、世界各国の眼科学会に招聘され、講演・公開手術を通じて次の世代の眼科医に積極的な指導を行っている、世界が認めた白内障手術のエキスパートの原点と秘話を鮮烈に描く!

第17話「魅力」公開!

孤高の眼科医 バックナンバー

監修:Dr.赤星 隆幸(三井記念病院 眼科部長)

脚本:井上 久蔵(8話まで)、須川和博(9話から) 作画:新井田 波彦

監修:赤星 隆幸Dr. 1982年、自治医科大学卒業。
1998年に白内障手術の新しい術式「フェイコ・プレチョップ法」を考案し、年間1万件近くの手術を執刀する、世界が認める白内障手術のエキスパート。その傍ら、世界各国の眼科学会に招聘され、講演・公開手術を通じて次の世代の眼科医に積極的な指導を行っている。
三井記念病院 眼科部長、復旦大学(旧上海医科大学)眼科客員教授、ハルピン医科大学眼科客員教授、米国イリノイ大学眼科客員教授。

赤星Dr.プロフィール

【略歴】
1982年
自治医科大学卒業
1982年
横浜市立市民病院 研修医
1982年
神奈川県立厚木病院 眼科
1986年
東京大学医学部附属病院 眼科助手
1989年
東京女子医科大学糖尿病センター 眼科助手
1990年
武蔵野赤十字病院 眼科
1991年
三井記念病院 眼科科長
1992年
三井記念病院 眼科部長

赤星Dr.関連コンテンツ

【手技動画】

技術の伝承|Grade II IQ good phaco sharp
技術の伝承|進行した白内障の手術:1.9mm角膜切開
技術の伝承|通常の白内障の手術:乱視矯正用トーリック眼内レンズ

 

  • 城野親德/ドクター・CEO 8月15日(火) DOCTOR×CEO 監修|城野 親德Dr.
  • 赤星隆幸/孤高の眼科医 8月15日(火) 孤高の眼科医 監修|赤星 隆幸Dr.
  • 大木隆生/トキメキDr. 8月10日(木) トキメキDr. 監修|大木 隆生Dr.
  • 北野夕佳監修/as a mother, as a doctor 8月5日(土) as a mother, as a doctor 監修|北野 夕佳Dr.
  • 高須克弥/YES!の教典 7月25日(火) YES!の教典 監修|高須克弥Dr.

 

  • 8月25日(金) YES!の教典 監修|高須 克弥Dr.
  • 9月5日(火) as a mother, as a doctor 監修|北野 夕佳Dr.
  • 9月9日(土) トキメキDr. 監修|大木 隆生Dr.
  • 9月15日(金) 孤高の眼科医 監修|赤星 隆幸Dr.
  • 9月15日(金) DOCTOR×CEO 監修|城野 親德Dr.