スーパープレゼンテーション by TED
このページをシェアする:
ドクターズゲートが自信をもってオススメするスーパープレゼンテーション
ジャーバオ・リーテクノロジーがいかに現実を切り取っているかを明らかにするアート

テクノロジーがいかに現実を切り取っているかを明らかにするアート

- ジャーバオ・リー(Jiabao Li)
皆さんのものの見方を変えてしまうかもしれないトークで、デザイナーでありアーティストでもあるジャーバオ・リーは、デジタルメディア固有の偏りを明らかにするような自身のコンセプチュアル・アート作品を紹介します。赤という色に「アレルギー反応」を起こさせるヘルメットから、予想外の方法でネット上のコンテンツをふるいにかけるブラウザのプラグインまで、リーの作品は私たちが現実を知覚する上で、いかにテクノロジーが介在しているかを明らかにします。
このプレゼンテーションを見る
ジム・ハズペス聞くことの美しく神秘的な科学

聞くことの美しく神秘的な科学

- ジム・ハズペス(Jim Hudspeth)
耳がどういう仕組みになっているのか不思議に思ったことはありませんか? 生物物理学者のジム・ハズペスのトークは、有毛細胞が見事に単純な仕組みで驚くほどの処理能力をもつことを、明快に魅力的に紹介します。有毛細胞は聴覚を実現するミクロの原動機であり、それゆえに極めて静かな環境下では、耳から一人ひとりの固有の音が生じるのです。
このプレゼンテーションを見る
サラ・サンフォードあなたの職場でジェンダーバイアスを取り除く方法

あなたの職場でジェンダーバイアスを取り除く方法

- サラ・サンフォード(Sara Sanford)
平等の専門家サラ・サンフォードは、良識の範囲を超えていく企業を助ける認証済みのマニュアルを作りました。このマニュアルはデータに基づいた指標を使い、人々の意識を変えるだけでなく、職場の行動を変えることによって積極的に無意識のバイアスに対処し、ジェンダー平等を促進しています。
このプレゼンテーションを見る
マット・カッツシリコンバレーの技術屋が政府で働くとどうなるか?

シリコンバレーの技術屋が政府で働くとどうなるか?

- マット・カッツ(Matt Cutts)
政府がシリコンバレーのように運営されたらどうなるか? エンジニアのマット・カッツが、17年働いたGoogleを辞めて政府での仕事をすることにした理由を話し、大きなインパクトを生みたいなら最も助けを必要とする場所に行くべきだと言います。
このプレゼンテーションを見る
イヴ・ブレイク熱狂的なファンの女の子たちのために

熱狂的なファンの女の子たちのために

- イヴ・ブレイク(Yve Blake)
「熱狂的なファンの女の子」と聞いて、何を思い浮かべるでしょう? 大量の(たいていはボーイバンドの)ファンたちが、感情の高まりに涙を流しながら、喜びに叫び声を上げる様子でしょうか? もしかすると、そう考えただけで皮肉な笑いを浮かべずにいられなかったり、呆れたりする人もいるかもしれませんね。この楽しくて生き生きとしたトークで、劇作家のイヴ・ブレイクは誤解された熱狂的ファンの女の子たちの情熱と力に対する私たちの反応を見直してみようと呼びかけます。私たちは皆、自由に熱狂を表現していいのだと彼女は力強く語ります。
このプレゼンテーションを見る
エンリコ・ラミレス=ルイス私達は星の華やかな死から生まれた

私達は星の華やかな死から生まれた

- エンリコ・ラミレス=ルイス(Enrico Ramirez-Ruiz)
私達は皆、星の誕生と死と再生によって互いにつながっていると天体物理学者エンリコ・ラミレス=ルイスは言います。ラミレス=ルイスは、あなたが呼吸している空気から体を構成する原子まで、あらゆるものを超新星が生み出す仕組みを説明しながら、この宇宙の宇宙史を旅します。
このプレゼンテーションを見る
プリティ・クリシュテルなぜ薬はこんなに高いのか? 時代遅れの米国特許制度を探る
【Linkstaff厳選】医療系プレゼンテーション

なぜ薬はこんなに高いのか? 時代遅れの米国特許制度を探る

- プリティ・クリシュテル(Priti Krishtel)
2006年から2016年の間、米国における医薬品特許件数は2倍になりましたが、それは発明やイノベーションが劇的に増えたからではなく、製薬会社が特許制度を巧みに悪用する方法を覚えたためで、新薬ではなく既存の薬剤に小さな変更を加えることで特許を蓄積し、それにより独占権を築き、競争を阻害し、価格を吊り上げているのです。 医療における社会正義のために働く弁護士のプリティ・クリシュテルは、特許制度の本来の目的がいかに見失われているかに光を当て、国民に奉仕し命を救うことになる制度の再構築をするための5つの改革案を提案します。
このプレゼンテーションを見る
アリーシャ・エガート現実の捉え方を追求する想像的な彫刻

現実の捉え方を追求する想像的な彫刻

- アリーシャ・エガート(Alicia Eggert)
TEDフェロー、アリーシャ・エガートが私たちを彼女の作品を巡る視覚的な旅へと誘います。メイン州の無人島に建てられた巨大な彫刻から、人間が手をつなぐと電流が流れ、その時だけ膨らむインタラクティブなインスタレーションへまで様々です。彼女の作品は、失意の時に感銘を与え、希望を育むようなアートの力を追求しています。エガートは、こう言葉にしています。「もっと明るく、持続可能で、平等な未来が実現されるかどうかは、まず私たち自身がそんな未来を想像できるかどうかにかかっているのです」
このプレゼンテーションを見る
アマン・デナーニオンラインマーケットプレイスが地域経済を脅かすことなく役立つ方法

オンラインマーケットプレイスが地域経済を脅かすことなく役立つ方法

- アマン・デナーニ(Amane Dannouni)
Uber、Airbnb、Amazonのようなオンラインマーケットプレイスの成長は、時としてローカルビジネスを脅かすことがあります。タクシー、ホテル、小売店から仕事を奪ったり、地域社会の収入を減らしてしまいます。しかし、戦略コンサルタントのアマン・デナーニは、それ以外にも道はあると言います。Gojek(インドネシアのバイク版Uber)やJumia(アフリカ版Amazon)を例に挙げ、いくつかのオンラインマーケットプレイスでは、慎重なトレードオフの結果、地域経済における既存の事業従事者のシェアを奪わずに融合することで、長期的に全ての人に恩恵をもたらす方法を説明します。
このプレゼンテーションを見る
スムルティ・ジュクル・ジョハリ貧しい人々を都市計画に参画させたなら?

貧しい人々を都市計画に参画させたなら?

- スムルティ・ジュクル・ジョハリ(Smruti Jukur johari)
世界の約10億人が非正規のコミュニティやスラム街で暮らしており、多くの場合、清潔な水やトイレ、ちゃんとした道路といった基本的なインフラさえ欠いています。都市プランナーであるスムルティ・ジュクル・ジョハリが、これらのコミュニティにまつわる俗説を打ち崩し、政府や建築家がそういう住民を避けるのでなく協働することによって可能となるシンプルで常識ある解決策の例をお話しします。
このプレゼンテーションを見る
リーランド・メルヴィン宇宙飛行士が語る好奇心と観点と変化の物語

宇宙飛行士が語る好奇心と観点と変化の物語

- リーランド・メルヴィン(Leland Melvin)
テニスのエース、山野の旅行者、化学オタク、そしてNFLのドラフト候補だった若者にとって、最適な仕事とは何でしょうか? 宇宙飛行士はなどはどうでしょう? リーランド・メルヴィンは、自らが受け入れた挑戦とつかんだ機会のこと、そしてそれによっていかに国際宇宙ステーションへと導かれ、地球上の生命に対するまったく新しい観点を得るに至ったのかを語ります。
このプレゼンテーションを見る
ハイディ・ボイスヴァート生体データでより良いストーリーを描き 社会を変える方

生体データでより良いストーリーを描き 社会を変える方

- ハイディ・ボイスヴァート(Heidi Boisvert)
どんな物語に私たちは動かされるのでしょうか。この問いに答えるため、クリエイティブテクノロジストであるハイディ・ボイスヴァートは人々の脳と身体がさまざまなメディアに対して無意識のうちに示す反応を計測しています。得られたデータを元に、どのように私たちの共感や正義感を引き出すストーリー材料を特定し、さらに大規模な社会変革をも導けるのか、彼女の考えを語ります。
このプレゼンテーションを見る
マイク・キャノン=ブルックスインポスター症候群を生かす

インポスター症候群を生かす

- マイク・キャノン=ブルックス(Mike Cannon-Brookes)
自分の能力に疑問を持ち、化けの皮がはがれないかと不安になったことはありませんか? それは「インポスター症候群」と呼ばれ、そう感じているのはあなただけではないと、起業家でCEOのマイク・キャノン=ブルックスは言います。このユーモアがあり共感できる講演で彼は、インポスター症候群が成功につながった経験を語り、どうすればそれをうまく生かせるかを示します。
このプレゼンテーションを見る
アンジェリク・ホワイト気候変動について微生物が明らかにしてくれること

気候変動について微生物が明らかにしてくれること

- アンジェリク・ホワイト(Angelicque White)
海に変化が起こると、地球にも変化が起こり、そしてそれは微生物から始まる、と海洋生物学者のアンジェリク・ホワイトは言います。ホワイトは、数十年分のデータにより裏付けられた事実をもとに、どのように科学者らが古くから生息する微生物を海の健康状態の重要なバロメーターとして活用しているか、また海水温度が上昇する中、私たちがどのように微生物を再生しうるかについて話します。
このプレゼンテーションを見る
スチュアート・オダ屋内垂直農場が農業の未来なのか?

屋内垂直農場が農業の未来なのか?

- スチュアート・オダ(Stuart Oda)
2050年までに世界人口は98億人になると推定されています。すべての人に食料を供給するためには、どうしたらいいのでしょうか? 投資銀行家から農業に転身したスチュアート・オダが注目したのが屋内垂直農法で、多段式に積み上げられた棚を使い、管理された気候の影響を受けない環境で農作物を育成する方法です。将来を見据えたトークを通し、この農法がいかに優れた安全基準を保ちつつ、費用を抑え、少ない水の消費量で、将来の世代への食料供給を可能にするかを説明します。
このプレゼンテーションを見る

公開中のプレゼンテーション一覧

視聴数ランキング集計期間: 8/25~9/7

TED 最新15件