スーパープレゼンテーション by TED
このページをシェアする:
ドクターズゲートが自信をもってオススメするスーパープレゼンテーション
ショヒーニ・ゴーシュ10分で分かる量子コンピュータ

10分で分かる量子コンピュータ

- ショヒーニ・ゴーシュ(Shohini Ghose)
量子コンピュータは現在私たちが利用しているコンピュータを単に強化したものではありません。それは既存のコンピュータとはまったく異なり、新たな科学的理解、すなわち大きな不確定性に基づくものなのです。TEDフェローのショヒーニ・ゴーシュとともに量子の不思議の国に入り、この技術がいかにして医学を変革し、ハッキング不可能な暗号を生み出し、さらには情報のテレポートを生み出す可能性を持っているかを学びましょう。
このプレゼンテーションを見る
マーティン・ダノサストロ仕事のやり方を変えるために、何を捨てる覚悟があるか?

仕事のやり方を変えるために、何を捨てる覚悟があるか?

- マーティン・ダノサストロ(Martin Danoesastro)
俊敏さや柔軟性、独創性を兼ね備えたチームを作って、凝り固まった労働文化に挑むには、何が必要でしょうか? 変革を専門とするマーティン・ダノサストロは、全ては1つの問いかけから始まると言います。それは「何を捨てる覚悟があるか」です。どのような組織にすれば、あらゆる階層の人が速やかに意思決定し、変化に対応できるようになるか、イノベーションの先進企業と後進企業から学んだことを紹介します。
このプレゼンテーションを見る
イヴ・パールマン意見の対立する者同士の会話をリードする方法

意見の対立する者同士の会話をリードする方法

- イヴ・パールマン(Eve Pearlman)
アメリカ国内で保守派とリベラル派の対立が深刻化する中、議論を呼びがちなトピックについて、どうしたら言葉のニュアンスを汲み取り、相手に対し関心を示し、尊重しながら、上手く会話を成り立たせることができるでしょうか。ベテラン記者のイヴ・パールマンが「ダイアログ(対話型)・ジャーナリズム」について紹介します。これはジャーナリストが社会的・政治的分断のさなかに赴いて、意見が対立する人々の話し合いを支援するプロジェクトです。カリフォルニアに住む25名のリベラル派と、アラバマに住む25名の保守派という、このような機会がなければ接点を持つこともなかった人々が集い、議論を呼ぶテーマについて意見を交換することになります。さて、どんな結果が待っているでしょうか。 「主義主張の違いを超えて他者と真に繋がることは、我が国の民主主義が痛切に求めている特効薬なのです」と、パールマンは訴えかけます。
このプレゼンテーションを見る
デイヴィッド・リューDNAを書き換えて遺伝病を治すことはできるか?

DNAを書き換えて遺伝病を治すことはできるか?

- デイヴィッド・リュー(David RLiu)
化学生物学者のデイヴィッド・リューが、画期的な科学的発見の話をお聞かせします。DNAを書き換えられる塩基エディタの開発です。遺伝子編集におけるこの大きな展開は、CRISPRの夢を新たなレベルに引き上げます。CRISPRタンパク質が、特定のDNA塩基配列を切断するようプログラム可能な分子のハサミだとしたら、塩基エディタはDNAの1文字を直接書き換えられる鉛筆です。この分子の機構がどのように働くのか、そして遺伝病が治療できるだけでなく完治さえする可能性がいかに開けるのかを学んでください。
このプレゼンテーションを見る
イヴォンヌ・ローマン女性警官がいかに地域社会の安全性を高めるか

女性警官がいかに地域社会の安全性を高めるか

- イヴォンヌ・ローマン(Ivonne Roman)
女性警官は暴力事件を適切に鎮める能力があること、また女性警官の存在が武器の使用頻度の抑制につながることが証明されているにもかかわらず、米国の警官に占める女性の割合は13パーセント足らずです。巡査や本部長としての20年以上の経験に基づき、TEDフェローであるイヴォンヌ・ローマンが、ポリスアカデミーの身体能力検査を変えるという単純なことが、地域社会のためにも警官のためにもなるバランスのとれた警察組織を形成することにいかに役立つか語ります。
このプレゼンテーションを見る
ライアン・マーティン人はなぜ怒るのか そして怒りはなぜ健全なのか

人はなぜ怒るのか そして怒りはなぜ健全なのか

- ライアン・マーティン(Ryan Martin)
怒り研究家のライアン・マーティンが、人はなぜ怒るのかをこれまで研究してきた経験に基づき、怒りが起こる背景にある認知プロセス、健全な怒りであればむしろ有用であるのはなぜかを解説します。 「怒りという感情が私たちに備わっているのは、私たちの祖先が、人間になる前も、なった後も、怒りのおかげで進化の上で優位に立てたからです」
このプレゼンテーションを見る
エゼル・サルバナHIVの危険な進化
【Linkstaff厳選】医療系プレゼンテーション

HIVの危険な進化

- エゼル・サルバナ(Edsel Salvana)
HIVとの闘いに勝利しつつあると思っていますか?それは違うかもしれません―薬剤耐性の、適応ウイルスがやってきます。目を見張るような講演でTEDフェローのエゼル・サルバナは、彼の故郷であるフィリピンで今流行している侵攻性HIVのサブタイプAE型について説明します。そして、迫りくる世界規模での流行を容易に起こし得るものは何なのかについて、私たちに警告します。
このプレゼンテーションを見る
リア・ジョージズ世代についての既成概念はどれだけ仕事を妨げているか

世代についての既成概念はどれだけ仕事を妨げているか

- リア・ジョージズ(Leah Georges)
沈黙の世代、ベビーブーム世代、X世代、ミレニアル世代、Z世代—今や5世代が職場で共存しています。それぞれがお互いに対して持っている既成概念は、生産性やコミュニケーションをどれだけ妨げているのでしょうか? 社会心理学者のリア・ジョージズが、実は世代と世代の間には相違点よりも類似点のほうが多いのだと論じ、多世代の職場の舵取りをするために役立つ戦略を提案します。
このプレゼンテーションを見る
アシュウィン・ナイドゥスナドリネコとマングローブ林保護の繋がり

スナドリネコとマングローブ林保護の繋がり

- アシュウィン・ナイドゥ(Ashwin Naidu)
マングローブの森は地球の健康に不可欠で、大気中のCO2を吸収し、たくさんの種類の生物の住みかとなっています。しかし、森林伐採と工業化によりこの豊かな住みかは絶えず脅かされています。TEDフェローで環境保護家のアシュウィン・ナイドゥは、謎多き絶滅危惧種であるスナドリネコの力を少し借りながら、南アジア・東南アジアでは地域住民の力によってどのようにマングローブ林を保護しているかを説明してくれます。
このプレゼンテーションを見る
エミリー・クイン私たちが思う生物学的性別は間違ってる

私たちが思う生物学的性別は間違ってる

- エミリー・クイン(Emily Quinn)
世界中で1億5千万人が、男女という生物学の標準的な定義に当てはまらないインターセックスとして生まれることをご存知ですか?(それはロシアの人口に相当します。)10歳の時、エミリー・クインは自分がインターセックスだと知りました。思慮深く愉快なこのトークで、彼女は社会の軽率な期待や不必要な手術を強く勧める医師たちを慎重に避けてきた人生から得た教訓を語り、自分自身と人類にこれから訪れる多様性を提唱します。(成人向けの内容があります)
このプレゼンテーションを見る
ティム・ハーフォード自らの創造性を最大限に生かす素晴らしい方法

自らの創造性を最大限に生かす素晴らしい方法

- ティム・ハーフォード(Tim Harford)
世界で最も創造力のある人たちから、私たちは何を学べるでしょうか? 彼らは複数のプロジェクトに取り組み、そのときの気分で取り組むテーマを変え、それでいて焦ることもない「スローモーション・マルチタスク」をしているのです。作家のティム・ハーフォードが、アインシュタインやダーウィン、トワイラ・サープ、マイケル・クライトンといった革新的な人物がいかにして頭のクロストレーニングをし、ひらめきを得て生産的になったのかを紹介します。
このプレゼンテーションを見る
エラ・アルシャマーヒ学術調査が行われていない魅惑的な場所

学術調査が行われていない魅惑的な場所

- エラ・アルシャマーヒ(Ella AlShamahi)
世界には学術調査が行われていない場所がたくさんあります。敵対的な政府や紛争中の地域です。探していないために見落とされていることが、どれほどあることでしょう? この果敢で予想外の笑いに満ちた話で、古人類学者のエラ・アルシャマーヒが、地球上でも特に生物多様性に富んだ場所であるイエメンのソコトラ島への探検に誘い、政治的に不安定な地域での学術探検調査が素晴らしい発見に繋がりうることを示します。
このプレゼンテーションを見る
ブランドン・クリフォード古代の驚異的建造物に隠された建築の秘密

古代の驚異的建造物に隠された建築の秘密

- ブランドン・クリフォード(Brandon Clifford)
古代文明の人々は、どうやって巨石を動かしてストーンヘンジやピラミッド、イースター島の像を作ったのでしょうか? この短くも楽しいトークで、TEDフェローのブランドン・クリフォードは過去の建築の秘密を明かし、こうした巧妙な手法を未来に残る建造物を作るのにどう使えるかを教えてくれます。「30年か60年の寿命を想定して建造物を設計する時代にあって、どうしたら永遠に人を楽しませるものを作れるかを知りたいのです」と、彼は言います。
このプレゼンテーションを見る
カレン・ロイド地中深くに生きる不思議な微生物が人類を救う可能性

地中深くに生きる不思議な微生物が人類を救う可能性

- カレン・ロイド(Karen Lloyd)
あなたの足の下の地面は膨大な不思議な微生物の棲み家で、地下で何百年、何千年と生き続けるものもいます。いったいどんな生き方をしているのでしょう? コスタリカの火山や温泉を巡る旅に出て、微生物学者カレン・ロイドが光を当てる地下の生命と、それが地上の生き物にどれほど大きな影響をもたらしうるのかという話に耳を傾けましょう。
このプレゼンテーションを見る
ジャレル・ダニエルズ検察官と服役囚がお互いから学べること

検察官と服役囚がお互いから学べること

- ジャレル・ダニエルズ(Jarrell Daniels)
刑務所から出所する数週間前、ジャレル・ダニエルズは服役囚と検察官が机を並べて学ぶ授業を受講しました。一緒に座ってフランクに対話をするうち、服役囚たちの口から、刑事司法制度に関する驚くべき事実が明かされ、そして真の改革を生み出すアイデアが提案されました。現在、大学で学び、活動家でもあるダニエルズが、裁く者と裁かれる者が共に教え合うことがいかに司法制度を改革し、社会全般の問題を解決することにつながるのかについて語ります。
このプレゼンテーションを見る

公開中のプレゼンテーション一覧

視聴数ランキング集計期間: 12/25~1/13

TED 最新15件