スーパープレゼンテーション by TED
このページをシェアする:
ドクターズゲートが自信をもってオススメするスーパープレゼンテーション
アメリカ・フェレーラ自分らしくあることが私のスーパーパワー

自分らしくあることが私のスーパーパワー

- アメリカ・フェレーラ(America Ferrera)
ハリウッドは世の中の実際の姿を否定するのをやめるべきだと、女優・監督であり、活動家でもあるアメリカ・フェレーラは言います。自分自身のこれまでのキャリアをたどりながら、メディアにおいて様々な文化が正しく代表されるべきこと、そして私たちのストーリーの語られ方を変えるべきことを訴えます。彼女いわく「存在感は可能性を生み出します。世の中で活躍している人の姿が、自分をどう見るか、自分の価値をどう考えるか、自分の将来をどう夢見るかに影響するんです」
このプレゼンテーションを見る
マイケル・レイン移民の子供の気持ち

移民の子供の気持ち

- マイケル・レイン(Michael Rain)
マイケル・レインは、移民第一世代—育った国と生まれた国の両方と強い繋がりを持っている人たち—の話を伝える任務に就いています。このトークでは、移民に対する誤解や移民の限られた体験談を解き、彼らが属する世界の物語を共有します。「私たちは生きた文化のるつぼだ。」とレインが語ります。「もしそのつぼの中の物が、新しい、または違う匂いがしても、そっぽを向かないでください。一緒に食べよう、と言ってください。」
このプレゼンテーションを見る
レベッカ・ブラックマンうつやPTSDを予防できる新種の薬

うつやPTSDを予防できる新種の薬

- レベッカ・ブラックマン(Rebecca Brachman)
うつやPTSDに対する現在の治療は、効果があったとしても、症状を抑えるに留まっています。これらの病気にかかることを根本的に防げるとしたらどうでしょう?神経科学者であり、TEDフェローであるレベッカ・ブラックマンが、自分の研究チームが偶然に発見した新種の薬についてお話しします。それはストレスによる悪影響を防ぎ、回復と成長をする人間の力を高められる初めての薬です。このストレス耐性増強剤によって、精神疾患の治療方法がどう変わりうるのかを学びましょう。
このプレゼンテーションを見る
ワジャハット・アリ子供を持つべき理由

子供を持つべき理由

- ワジャハット・アリ(Wajahat Ali)
世界の出生率、女性1人あたりの子供の数は、この50年間で半分になりました。子供の数が減ることは人類の将来にどんな意味を持つのでしょう? この可笑しくも目を開かれる話で、ジャーナリストの (自称疲れ切った父親) ワジャハット・アリが、現在のトレンドがどんな予期せぬ問題を生むことになるのかを検証し、なぜ人々がもっと子供を持ちやすくする必要があるのかを語ります。「子供を持つことができ、持つという選択をする人は、どうかこの命という美しいものを伝えてください。優しさと包容力と思いやりと愛情をもって」
このプレゼンテーションを見る
エリザベス・ダン人を助けることで幸せになれる—でもそのやり方が重要

人を助けることで幸せになれる—でもそのやり方が重要

- エリザベス・ダン(Elizabeth Dunn)
他の人を助けることで、人は幸福を感じることが研究で示されています。しかし社会心理学者のエリザベス・ダンは、その寛大さと喜びに関する画期的な研究で、そこには落とし穴があることを見つけました。助けるやり方が重要だということです。人を助けるやり方で鍵となる点を1つ変えることで、より多くの効果を生み出し、自分の幸福度も高められることを学びましょう。ダンは言います。「与えることを単なる道徳的責任ではなく、喜びの源として考えてみてください」
このプレゼンテーションを見る
ブレット・ヘニッヒもしも無作為に選ばれた人たちが政治家になったら

もしも無作為に選ばれた人たちが政治家になったら

- ブレット・ヘニッヒ(Brett Hennig)
民主主義が壊れているとお考えのあなた、こんなアイデアはどうでしょうか:「無作為に選ばれた人たちが政治家に代わって政治を行う」 作家であり活動家でもあるブレット・へニッヒが「抽選制による民主主義(政治家の無作為抽出)」を提唱し、力強く主張します。これは古代アテネ発祥で、民衆の知恵を活用し、公共の利益のためのバランスの取れた決定を一般人に委ねる制度です。突飛なアイデアでしょうか? 党利党略政治のない世界を作るため、この制度をどのように活用できるか学びましょう。
このプレゼンテーションを見る
ルーシー・カラニシ死に直面したとき、人生に生きる価値を与えてくれるのは
【Linkstaff厳選】医療系プレゼンテーション

死に直面したとき、人生に生きる価値を与えてくれるのは

- ルーシー・カラニシ(lucy kalanithi)
この深く心を揺さぶるトークでルーシー・カラニシは、若き神経外科医で末期ガンの診断後に執筆活動に転向した亡き夫ポールについて語り、人生と目的について考えをめぐらせます。「物事を精一杯、経験すること―生も死も、愛することも失うことも ― それが私たちにできること」とカラニシは言います。「“苦しみの中でも人間らしくいられる”のではなく、“苦しみの中で人間らしくなる”の」
このプレゼンテーションを見る
ティアナ・エップス=ジョンソン21世紀のアメリカの投票システムに必要なこと

21世紀のアメリカの投票システムに必要なこと

- ティアナ・エップス=ジョンソン(Tiana Epps Johnson)
アメリカの選挙システムは控えめに言っても複雑ですが、投票は私たち一人一人が地域のコミュニティ形成に携わるための最も身近な手段の一つ。どうしたらこのシステムをもっと現代的で誰にでも使いやすく安全なものにできるのでしょうか? アメリカの投票システムを21世紀型にアップデートし、全ての有権者に投票してもらうために必要なこととは何か、市民社会参画を推進するティアナ・エップス=ジョンソンが説明します。
このプレゼンテーションを見る
ローレン・ファーコンドルがいかに犯罪捜査に役立つのか

コンドルがいかに犯罪捜査に役立つのか

- ローレン・ファー(Lauren Pharr)
死のシンボルである鳥が、犯罪者を捕えるために、生きている人間に手を貸してくれるでしょうか?この勉強になる分かりやすいトークで、法人類学者のローレン・ファーはコンドルが犯罪現場にどう影響を与え、殺人事件を捜査する刑事に役立つ情報を提供するかを語ります。(このトークには残酷シーンがあります。)
このプレゼンテーションを見る
ルハン・ヤン臓器提供を待ちながら亡くなる患者がいない世界を作るために

臓器提供を待ちながら亡くなる患者がいない世界を作るために

- ルハン・ヤン(Luhan Yang)
半世紀近く、科学者は動物の臓器をヒトに移植する手法を確立しようとしてきました。生きるために移植を必要とする何十万人もの人を救う理論上の夢です。しかし、特にPERVウイルスがブタからヒトに感染するというリスクは大きく、それが研究を足止めしてきました—これまでは。 この刺激的なトークでは、遺伝学者のルハン・ヤンが、飛躍的な進歩を説明します。遺伝子を編集する技術、CRISPRを使い、ルハンと同僚はそのウイルスを持たないブタを生み出し、ヒトへの移植が可能な臓器をブタの体内で安全に作るという可能性を開きました。この最先端の科学と、それが臓器不足の危機の解決をどのように手助けするのかをより詳しく学びませんか。
このプレゼンテーションを見る
シェパード・ドールマン歴史的なブラックホール画像の舞台裏

歴史的なブラックホール画像の舞台裏

- シェパード・ドールマン(Sheperd Doelema)
5500万光年離れた銀河の中心に、太陽数十億個分という超大質量ブラックホールがあります。史上初めて、その姿を見ることができます。「イベント・ホライズン・テレスコープ」チームのリーダーである宇宙物理学者シェパード・ドールマンが、TEDのクリス・アンダーソンを相手に、ブラックホールの初の画像と、その撮影のための壮大な世界規模の努力について語ります。
このプレゼンテーションを見る
エンジェル・スー中国の公害や気候変動との戦い—その真相やいかに

中国の公害や気候変動との戦い—その真相やいかに

- エンジェル・スー(Angel Hsu)
中国は世界最大の公害源であると同時に、今や世界最大のクリーンエネルギー生産国でもあります。中国は今後、どちらの道へ進み、それが地球環境にどんな影響を与えることになるのでしょう。世界最大の人口を抱えるこの国が、どう代替エネルギーに基づく未来を創造していくのか、急速な工業化がもたらした環境破壊にどう向き合っていくのか、データサイエンティストであるエンジェル・スーが解き明かします。
このプレゼンテーションを見る
ニルス・ヴァン・ナーメン自宅が未来の病院になる?

自宅が未来の病院になる?

- ニルス・ヴァン・ナーメン(Niels Van Namen)
病院に行くことが好きな人はいません。そこへたどり着くまでの面倒や巨額の治療費や抗生物質耐性菌のような複雑で警戒すべきリスクの数々がその理由です。でも病院で行われる救命治療が自宅で受けられたらどうでしょうか? 保健医療の未来派であるニルス・ヴァン・ナーメンは科学技術の進歩によって、在宅医療が安価で安全な、よりアクセスしやすい病院医療の代替となると説明します。
このプレゼンテーションを見る
オル=ティメヘン・アディグベイェ都市の住人とは誰か?

都市の住人とは誰か?

- オル=ティメヘン・アディグベイェ(OluTimehin Adegbeye)
政府がメガシティを作ろうとするとき、多くの場合、真っ先に立ち退きを迫られるのが貧困層です。オル=ティメヘン・アディグベイェ氏は、この感動的で詩的なプレゼンテーションの中で、「新しいドバイ」を作るために、憲法に違反して政府が行った土地の強奪が、どのようにナイジェリア、ラゴス市の海岸沿いのコミュニティの生活を破壊しているのか説明します。彼女は、都市が全ての人にとって安全であるように、政府や私たち自身が責任を果たすよう訴えかけます。「築く価値のある都市、そして夢見る価値のある将来とは、どんな人であろうと、自分の手でどんな家を建てようと、みんなが含まれるものだ」と彼女は言います。
このプレゼンテーションを見る
シェパード・ドールマン歴史的なブラックホール画像の舞台裏

歴史的なブラックホール画像の舞台裏

- シェパード・ドールマン(Sheperd Doeleman)
5500万光年離れた銀河の中心に、太陽数十億個分という超大質量ブラックホールがあります。史上初めて、その姿を見ることができます。「イベント・ホライズン・テレスコープ」チームのリーダーである宇宙物理学者シェパード・ドールマンが、TEDのクリス・アンダーソンを相手に、ブラックホールの初の画像と、その撮影のための壮大な世界規模の努力について語ります。
このプレゼンテーションを見る

公開中のプレゼンテーション一覧

視聴数ランキング集計期間: 6/18~7/8

TED 最新15件