スーパープレゼンテーション by TED
このページをシェアする:
ドクターズゲートが自信をもってオススメするスーパープレゼンテーション
イヴェット・アルバディンク・タイム否定できない真実を伝える市民投稿動画の力

否定できない真実を伝える市民投稿動画の力

- イヴェット・アルバディンク・タイム(Yvette Alberdingk Thijm)
スマートフォンやカメラは社会正義の為の最も強力な武器となるでしょうか?Witnessという組織を通じてイヴェット・アルバディンク・タイムは活動家達がビデオを用いて人権を守り保護できるように戦略・技術を開発しています。彼女は遠くに住む目撃者達の力について伝え、不正の瞬間を捉える為に身近なツールを使おうと呼びかけます。
このプレゼンテーションを見る
デイヴィッド・ティトリー軍隊はいかにして気候変動に立ち向かうのか

軍隊はいかにして気候変動に立ち向かうのか

- デイヴィッド・ティトリー(David Titley)
「軍部のリーダー達が大昔から知っていたことがあります。災害に備えるべき時とは、実際に災害が襲いかかる前です」こう話すのは、科学者であり米海軍の退役軍人でもあるデイヴィッド・ティトリーです。彼は、人道的な大災禍が起きているシリアから、海岸が氷で覆われているスヴァールバルに至る様々な場所へと我々を案内し、軍が小気味良いほど実践的、かつ政党に影響を受けないような方法で、気候変動に対する備えを請け負い、気候変動の脅威にいかに立ち向かっているかを紹介します。「氷は、誰がアメリカ大統領かとか、連邦議会ではどの政党が与党で、あなたの国ではどこが与党かといったことには関係なく、ただ溶けるだけなのです」とティトリーは言います。
このプレゼンテーションを見る
マリリー・オペッゾもっと創造的になりたいなら散歩に出よう

もっと創造的になりたいなら散歩に出よう

- マリリー・オペッゾ(Marily Oppezzo)
新しいアイデアを考え出そうと頑張って行き詰まった経験は、みんなあるものです。しかし行動や学習を科学的に研究しているマリリー・オペッゾによると、立ち上がって散歩に出かけるだけで、あなたの創造性の流れが活発になるかもしれません。この楽しく早口なトークで彼女は、あなたが今度行うブレインストーミングから最大のアイデアを引き出すために、歩くことがいかに助けになるかを説明します。
このプレゼンテーションを見る
マックス・テグマークAIに圧倒されるのではなく、AIから力を得る方法

AIに圧倒されるのではなく、AIから力を得る方法

- マックス・テグマーク(Max Tegmark)
多くのAI研究者は、数十年以内にあらゆるタスクや職業でAIが人間の能力を超えると予測しています。それにより人間の知能の制約を受けず、物理法則だけが制約となる未来が到来すると言うのです。MITの物理学者でありAIの研究者であるマックス・テグマークは現実のチャンスや脅威を、誤った通念と区別し、AIを人類にとって最悪ではなく最高の存在にするために、今我々がとるべき具体的な段階を説明します。
このプレゼンテーションを見る
ティファニー・ワット・スミス人間の感情の歴史

人間の感情の歴史

- ティファニー・ワット・スミス(Tiffany Watt Smithn)
感情を表す言葉は、私達の感じ方に影響を及ぼすと、歴史家のティファニー・ワット・スミスは言います。そして言葉は、新しい文化的期待や考えに対応して、しばしば(時として、とても劇的に)変化してきました。例えば「ノスタルジア」は、1688年に定義された当初は、死に至る病であるとされました。しかし現在では、ずっと深刻さの和らいだものだと見なされているようです。この感情の歴史についての魅力的なトークで、感じ方を表す言葉がいかに進化し続けているかを見ていきましょう。そして、様々な文化で用いられている、束の間の感情をとらえた言葉を学びましょう。
このプレゼンテーションを見る
ホセ・ボーエンベートーヴェンは事業家だった

ベートーヴェンは事業家だった

- ホセ・ボーエン(Jose Bowen)
音楽をより商業的で、個人的なものにし、また海賊版をより簡単に作れるようにもした革命が、19世紀初頭に始まりました。ホセ・ボーエンは、新しい印刷技術とピアノの改良が、どのようにして最初の音楽産業を生み出したのか、そのあらすじを語ります。
このプレゼンテーションを見る
アヌシカ・ナイクワレ創傷治療に役立つ10代の科学者の発明
【オリジナル対訳】TEDで学ぶ最新医療

創傷治療に役立つ10代の科学者の発明

- アヌシカ・ナイクワレ(Anushka Naiknaware)
車庫での研究でAnushka Naiknawareは創傷治療に役立つセンサーを設計し、グーグルサイエンスフェアにて最年少優勝者(優勝当時13歳)となりました。彼女のクレバーな発明は 糖尿病等の先在する疾患により適切に治癒せず、世界中で何十億もの医療費を費やしている慢性創傷への世界規模の挑戦に一石を投じました。Naiknawareが彼女の”スマートな包帯”がどのように作用するか、そして違いを作ろうと他者を奮起させる為に彼女の物語を語ってくれます。
このプレゼンテーションを見る
ディラン・マロンオンラインの嫌がらせコメントから、オフラインの建設的な対話を生む方法

オンラインの嫌がらせコメントから、オフラインの建設的な対話を生む方法

- ディラン・マロン(Dylan Marron)
デジタル・クリエイターのディラン・マロンは『Every Single Word(すべての台詞)』や『Sitting in Bathrooms With Trans People(トランスの皆さんとトイレで座り込み)』といったプロジェクトで数百万の視聴回数を集めています。ところが、ネット上での成功の裏側には、嫌がらせがあることに気づきました。彼は次第に、予想外の対処法を身に付けていきます。つまり、彼に対して心無いコメントを残した人々に電話をかけ、「なぜそんな書き込みをしたのか?」とシンプルに質問をするのです。ネット上での人付き合いについて深く考えさせられるこのトークで、彼はこう説明します。「自分ができる最も革命的なことは、対立する相手と実際に対話することであって暴言を吐くことではない」と。
このプレゼンテーションを見る
アラスター・グレイ偽物のハンドバッグがテロや組織犯罪の資金源となる仕組み

偽物のハンドバッグがテロや組織犯罪の資金源となる仕組み

- アラスター・グレイ(Alastair Gray)
コピー品の財布や偽物のデザイナー腕時計を買うと、どんな悪影響があるのでしょう? 偽造品捜査官のアラスター・グレイによると、このような偽造品の売り上げはテロや組織犯罪の資金源につながると言います。 総額が約3兆円にも上る偽造品販売の地下経済について、知識を深めましょう。犯罪組織の関与や生産過程に利用される児童労働、そして偽造品販売を食い止める対策方法までわかります。グレイが「ありふれた日常に潜む偽造品販売の闇に目を向けましょう」と語っています。
このプレゼンテーションを見る
アミット・カルラファッション業界のゴミ問題への3つの解決法

ファッション業界のゴミ問題への3つの解決法

- アミット・カルラ(Amit Kalra)
購入されない衣服は一体どうなるのでしょう? 昨シーズンのコートやズボン、タートルネックはどこかで使われると思っているかもしれませんが、そのほとんど(アメリカだけでも毎年実に1300万トンにも上ります)が、実際にはゴミとして埋め立てられているのです。ファッション業界は廃棄物問題を抱えており、アミット・カルラはそれを解決したいと考えています。カルラは、ファッション業界が環境に対してより良心的になるとともに、ビジネスで有利にもなりうるクリエイティブな方法を紹介します。
このプレゼンテーションを見る
サラ・デウィットスクリーンと向き合う子供達に対する3つの不安―何故それが真実ではないのか

スクリーンと向き合う子供達に対する3つの不安―何故それが真実ではないのか

- サラ・デウィット(Sara DeWitt)
私達は1日に50回もスマホをチェックするのに、子供達がそれで遊ぶ時には神経質になってしまいます。スクリーンが児童期を台無しにしているのでしょうか?子供のメディア専門家であるサラ・デウィットはそうではないと言います。このトークを聞けば、夕食の支度をする間子供にタブレットを渡す時の罪悪感が少し減るかもしれません。デウィットは、デバイスを使う子供達を私達大人がワクワクしながら眺める未来を思い描きます。また、新たなテクノロジーによって子供達が成長し、繋がり合い、学ぶことができる様子を私達に見せてくれます。
このプレゼンテーションを見る
ポピー・クラム人の感情を読むテクノロジー

人の感情を読むテクノロジー

- ポピー・クラム(Poppy Crum)
テクノロジーが私達のことを私達自身よりもよく知るようになったらどうなるでしょう? 感情が外面にどう現れるかを研究しているポピー・クラムは、ポーカーフェイスはもう終わりだと言います。新技術によって私達の感情を示す兆候が容易に検出できるようになっているためです。彼女は講演とデモを通し、「共感のテクノロジー」を使って、体温や呼気の成分といった肉体的な兆候から感情を読み取れることを示します。良くも悪くも、「技術によって共感能力者となることの効力を認めるなら、感情的、認知的な分断をテクノロジーで橋渡しできる可能性が生まれる」のだと彼女は言います。
このプレゼンテーションを見る
ロイド・ペンドルトンハウジングファーストというホームレスへの取り組み

ハウジングファーストというホームレスへの取り組み

- ロイド・ペンドルトン(Lloyd Pendleton)
精神衛生上の問題を抱え長い間ホームレス状態の人に、路上から直接住居へ移ってもらったらどうなると思いますか?ロイド・ペンドルトンが、「ハウジングファースト」と呼ばれるホームレスへの取り組みの中で懐疑的な立場から信じる者へと変わった自らの経験を話します。ペンドルトンは、ハウジングファーストにおいて住む場所を失った人々に対し早急に無条件で永久的住居を見つけるための短期援助を行い、その結果としてユタ州での慢性的ホームレス人口を10年間で91%削減することに成功しました。
このプレゼンテーションを見る
ダニエル・ギブソンDNAを人工的に作りインターネットで送る方法

DNAを人工的に作りインターネットで送る方法

- ダニエル・ギブソン(Dan Gibson)
生物学者のダニエル・ギブソンはDNAを編集し、さらにはプログラマーがコンピューターのプログラムを書くようにDNAのプログラミングをしますが、ここでの「プログラム」は、生命を作り出し、デジタル化された情報からタンパク質やワクチンといった生物学的物質を作る力を科学者に与えるものです。彼が現在進めている次なるプロジェクトは「生物学的瞬間移動」で、これは新薬をインターネットに乗せて世界中に瞬間的に届けられるようにしようというものです。この技術によっていかに突発する疫病への対応が変わり、個人に合った処方薬を家庭でダウンロードできるようになるかを学びましょう。
このプレゼンテーションを見る
ガウタム・バーン1億人分の家を作る大胆な計画

1億人分の家を作る大胆な計画

- ガウタム・バーン(Gautam Bhan)
ムンバイ、デリー、チェンナイ、カルカッタなど、インドの全ての主要都市には、ある重大な共通点があります。仕事を求めて来た人を喜んで受け入れるという点です。しかし、その寛容性の裏側には何があるでしょうか?残念なことに、推定1億人分の家が不足しており、現在そのような人々のほとんどはインフォーマルな居住地に暮らしています。ガウタム・バーン氏は、人々の住居の専門家で研究者であり、この問題の新しい解決策を思い描いています。彼が、全ての人が安全で頑丈な家に住むというインド都市部の新しいビジョンを話します。
このプレゼンテーションを見る

公開中のプレゼンテーション一覧

視聴数ランキング集計期間: 9/4~9/17

TED 最新15件