スーパープレゼンテーション by TED
このページをシェアする:
ドクターズゲートが自信をもってオススメするスーパープレゼンテーション
ロバート・ハキザ難民が求めているのは物資ではなく社会進出である

難民が求めているのは物資ではなく社会進出である

- ロバート・ハキザ(Robert Hakiza)
難民の住居としてよく紹介されるのは遠隔地の仮設難民キャンプですが、現実には全世界の難民の60%以上が都会に定住しています。TEDフェローのロバート・ハキザが都会に暮らす難民の生活の様子を紹介します。また、彼が始めた支援団体のような組織が難民に必要なスキルを与え、最終的に自立に導く様子を見せてくれます。
このプレゼンテーションを見る
アレフ・モリナーリ情報格差を埋めよう!

情報格差を埋めよう!

- アレフ・モリナーリ(Aleph Molinari)
50億人もの人がインターネットを使うことができません。アレフ・モリナーリは、デジタル化から取り残された人々にコンピュータを使う機会を与え、それを活用するノウハウを共有することで、力を与えています。
このプレゼンテーションを見る
プラティック・シャーAIが病気の診断を簡単にする方法

AIが病気の診断を簡単にする方法

- プラティック・シャー(Pratik Shah)
現在のAIアルゴリズムは、病気を検出するために何万枚もの高価な医用画像を必要とします。もし、AIの学習に必要なデータの量を大幅に削減し、診断を安価で、より効果的なものにできるとしたら?TEDフェローのプラティック・シャーは、まさにそのための賢いシステムの開発に取り組んでいます。斬新なAIのアプローチを用いて、シャーはアルゴリズムを構築するのに画像を50枚しか必要としない技術を開発しました。また、医者の携帯電話で撮影した写真でも診断を可能にしました。 この医療情報分析の新しい方法がどのように、命に関わる病気の早期発見につながり、AIに支えられた診断が世界の医療の環境を提供できるのか、学びましょう。
このプレゼンテーションを見る
ブーチン・ムトゥル・パクディル宇宙に関する理解に疑問を抱かせる珍しい銀河

宇宙に関する理解に疑問を抱かせる珍しい銀河

- ブーチン・ムトゥル・パクディル(Burcin Mutlu Pakdil)
銀河を発見し、自分の名前がついたらどんな気分になるしょうか?天体物理学者でTEDフェローのブーチン・ムトゥル・パクディルは、この短いトークで、彼女のチームによる神秘的で新しい型の銀河の驚くべき発見について教えてくれます。
このプレゼンテーションを見る
スコット・サミット 美しい義肢をデザインする

美しい義肢をデザインする

- スコット・サミット(Scott Summit)
義肢によって、失われた手足の見た目や感触を再現することができなくても、それを使う人の人となりを表現することはできます。デザイナーのスコット・サミットが、その人に合わせてデザインされた3D印刷の義肢を紹介します。人工的であることを大胆なまでに主張するとともに、マッチョなものからおしゃれなものまで、どの義肢も個性を体現するものばかりです。
このプレゼンテーションを見る
ノラ・アトキンソンバーニング・マンでアートが芽吹く理由

バーニング・マンでアートが芽吹く理由

- ノラ・アトキンソン(Nora Atkinson)
工芸キュレーターのノラ・アトキンソンは、ネバダ州のブラック・ロック砂漠に我々をいざない、往々にして美術館に欠けている好奇心と没頭とが、バーニング・マンの美しいデザインの参加型アートの中に、いかに見出だされるかを明らかにします。「これがアートでないとしたら、現代におけるアートは何のためにあるというのでしょうか?」と、彼女は問いかけます。
このプレゼンテーションを見る
ジョン・ウィルバンクス医療記録をプールしよう
【Linkstaff厳選】医療系プレゼンテーション

医療記録をプールしよう

- ジョン・ウィルバンクス(John Wilbanks)
医療や検査を受けるときプライバシーは重要です。研究者は厳格な法律により、個人情報の収集を制限されています。しかし、仮説を検証しようとする人が誰でも、あなたの匿名化した医療記録を使えるとしたらどうなるでしょう。ジョン・ウィルバンクスは、プライバシー保護が研究を遅らせており、医療記録のオープン化がヘルスケアの革新の波を促しうるのではないかと考えています。
このプレゼンテーションを見る
レンゾ・ピアノ世界有数の著名建築物を生んだ鬼才

世界有数の著名建築物を生んだ鬼才

- レンゾ・ピアノ(Renzo Piano)
伝説的な建築家レンゾ・ピアノーロンドンの「ザ・シャード」、パリの「ポンピドゥー・センター」そして新しくオープンしたニューヨークの「ホイットニー美術館新館」等、印象深い代表作を生み出した巨匠が、自らのライフワークを辿る素晴らしい旅の案内をします。美しい画像を活用しながら、ピアノは建築で叶えられる私たちの夢、願望と美の追求について雄弁に解説します。「世の中に変化をもたらせることが可能な数少ないものが、普遍的な美」と、ピアノは説明します。「この美が世界を救います、一人づつに働きかけ、必ず成し遂げます」。
このプレゼンテーションを見る
ブー・スリニバサン資本主義はイデオロギーではなくオペレーティングシステムである

資本主義はイデオロギーではなくオペレーティングシステムである

- ブー・スリニバサン(Bhu Srinivasan)
ブー・スリニバサンは、資本主義と科学技術の進歩の関係を研究しています。スリニバサンは、資本主義を強固で不動のイデオロギーと考えるのでなく、オペレーティングシステム(OS)と考えるべきだと提案します。例えば目前に迫るドローンでの配達サービスの開始のような技術革新に対応して更新する必要があるというわけです。この簡潔で進歩的なトークで、自由市場の過去と未来、そして米国型資本主義のアイデンティティに起こりうる危機について詳しく見ていきましょう。
このプレゼンテーションを見る
ケイト・ダーリングなぜ人はロボットと感情的繋がりを持つのか

なぜ人はロボットと感情的繋がりを持つのか

- ケイト・ダーリング(Kate Darling)
感情を持つロボットはまだまだできそうにありませんが、人間は既にロボットに対して感情を抱いており、そのような本能的感覚は様々な結果を引き起こしうると、ロボット倫理学者のケイト・ダーリングは言います。生物学的に人間はロボットに意思や生命を見るようできていて、それが人間自身のより深い理解に繋がりうることを学びましょう。
このプレゼンテーションを見る
サリー・コーン「憎しみ」の文化に対して私たちができること

「憎しみ」の文化に対して私たちができること

- サリー・コーン(Sally Kohn)
誰でも人を憎むことに反対ですよね。みんな憎しみは問題だと思っています。もっとも、自分の問題ではなく、誰かの問題と思っていますが。でも、サリー・コーンが気づいた通り、私たちは誰でも、人を憎みます。表にはあらわさない人もいれば、あからさまな人もいますが。彼女は自分自身の苦い体験と向き合いながら、私たちが自分を取り巻く社会や自分自身の中に憎悪があることを認め、それに立ちむかい、解放される方法について提案してくれます。
このプレゼンテーションを見る
イヴ・エイブラムス大量投獄の背景にある人間の物語

大量投獄の背景にある人間の物語

- イヴ・エイブラムス(Eve Abrams)
ドキュメンタリー作家のイヴ・エイブラムスは次のように語ります。アメリカは世界中のどの国よりも多くの人を収監しており、刑務所にいる約1%から4%の人々はおそらく無実です。すなわち8万7千人の兄弟や姉妹、母親や父親が不必要に家族から切り離され、夢や人生の邪魔をされています。そしてその大部分はアフリカ系アメリカ人です。イヴは、投獄された人々とその家族をインタビューした際の音声を使って、大量投獄の影響を受けた人々の感動的な話を共有します。彼女が求めるのは、私たち全員が立ち上がり、全ての人のために司法制度を確実に機能させることです。
このプレゼンテーションを見る
ディクソン・チバンダお婆さん達にうつ治療の訓練をする理由

お婆さん達にうつ治療の訓練をする理由

- ディクソン・チバンダ(Dixon Chibanda)
ディクソン・チバンダは、人口が1600万を超えるジンバブエに僅か12人しかいない精神科医の内の1人です。彼は自国が精神衛生の問題に対する昔ながらの治療方法を現状に見合う規模に拡大できないであろうことを分かっているので、お婆ちゃんという「無限の資源」によって推進される、素晴らしい解決策を展開させる手助けをしました。この驚くべき感動的なトークの中で、お婆ちゃん達に根拠に基づいたトークセラピー(話し合い療法)の訓練をし、これらを必要とする人たちにケアや希望をもたらす「フレンドシップ・ベンチプログラム」についてもっと学びましょう。
このプレゼンテーションを見る
ケビン・ヌジャボアフリカの科学頭脳流出を阻止する方法

アフリカの科学頭脳流出を阻止する方法

- ケビン・ヌジャボ(Kevin Njabo)
アフリカの問題をアフリカ人が自らの手で解決する方法とは?保全生物学者のケビン・ヌジャボは、留学で海外に行ったきり戻ってこないアフリカ人科学者たちの一人に自分もなる寸前だったという体験談を語ります。そして現在アフリカ大陸に、地元の優れた人材を育成し援助する常設の機関を設立する理由を話します。「私は一人で帰るのではありません。欧米の科学者、起業家、学生を一緒に連れてきます」とヌジャボは語ります。「そうなった時にこそ、アフリカは自らの問題を解決する軌道に乗るでしょう」
このプレゼンテーションを見る
アンジャン・サンダラム私が命がけで国家による殺戮を暴く理由

私が命がけで国家による殺戮を暴く理由

- アンジャン・サンダラム(Anjan Sundaram)
「戦闘地域であっても、誰もそれを見ていなければ、概ね平和な場所として通ってしまう」と、調査ジャーナリストでTEDフェローの アンジャン・サンダラムは言います。短く鋭いトークを通してサンダラムは、組織的な民族浄化の準備を目撃した中央アフリカ共和国の紛争の実態を紹介します。そして他者の苦しみを目撃し、それを証言することが重要な理由を語ります。「この社会でないがしろにされた人々を通して、私たち自身の本質について大切なことがわかります。だから暴力が誰の目にも、誰の耳にも届くことなく、音もなくまかり通る時こそ、証人が貴重な存在となり、彼らの眼差しが不可欠になるのです」とサンダラムは語ります。
このプレゼンテーションを見る

公開中のプレゼンテーション一覧

視聴数ランキング集計期間: 2/26~3/11

TED 最新15件