スーパープレゼンテーション by TED
このページをシェアする:
ドクターズゲートが自信をもってオススメするスーパープレゼンテーション
マンディ・レン・カトロン恋に落ちるのは簡単だけど…

恋に落ちるのは簡単だけど…

- マンディ・レン・カトロン(Mandy Len Catron)
36の質問をするだけで、見知らぬ2人が恋に落ちるなんて想像できますか?マンディ・レン・カトロンが実際に試したところ効果がありました。そして、記事を書いたところ、あっという間に広まったのです。しかし、それは真実の愛でしょうか?長続きするのでしょうか?そして、恋に落ちることと愛し続けることの違いとは何でしょうか?
このプレゼンテーションを見る
マイケル・ボデカー仮想ラボが科学の授業を変える!

仮想ラボが科学の授業を変える!

- マイケル・ボデカー(Michael Bodekaer)
バーチャルリアリティはもはや遠い未来のお話しでも、テレビゲームやエンターテイメントにしか応用できないものでもありません。マイケル・ボデカーはバーチャルリアリティ技術を教育に取り入れ質の高い授業を身近にしていきたいと考えています。この斬新な講義では、現在の学校における科学教育の方法に革命を起こすかもしれないアイデアを披露します。
このプレゼンテーションを見る
クリスティン・メンデルツマ世界はブタで回っている

世界はブタで回っている

- クリスティン・メンデルツマ(Christien Meindertsma)
“Pig 05049”の著者であるクリスティン・メンデルツマは、ふつうの一匹のブタの体が、銃弾から人工心臓まで、185にも及ぶブタ肉以外の製品へと変わっていく驚くべき様に目を向けています。
このプレゼンテーションを見る
ジャック・ホーナー鶏から恐竜を生み出す

鶏から恐竜を生み出す

- ジャック・ホーナー(Jack Horner)
著名な古生物学者のジャック・ホーナーは、彼のキャリアの中で恐竜の復元を課題としてきました。化石から完全なDNAを見つけ出すことはできていないものの、素晴らしい保存状態の血管や組織を採取できる化石を発見しました。新たなアプローチとして、現代に生きる恐竜の子孫−鳥類−に焦点をあて、「チキノザウルス(鶏から再現された恐竜)」の実現に向け遺伝子工学を用いて、歯、尻尾や手などの祖先の特徴的な痕跡の復元を目指しています。
このプレゼンテーションを見る
ジョナサン・ドローリ花が仕掛ける美しい罠

花が仕掛ける美しい罠

- ジョナサン・ドローリ(Jonathan Drori)
見事な画像を使ったこのトークでジョナサン・ドローリが語るのは、地上に25万種類以上も存在するという「花を咲かせる植物」がいかにして昆虫を惹き寄せて花粉を運んでもらえるように進化してきたのかということです。”着地場所”を設けて昆虫を招いたり、紫外線に輝く色合いを纏ったり、手の込んだ罠を作ったり、発情期の昆虫のそっくりさんになったり、その方法は様々でした。
このプレゼンテーションを見る
アダム・ガリンスキーはっきり主張できるようになるには

はっきり主張できるようになるには

- アダム・ガリンスキー(Adam Galinsky)
はっきり考えを述べることは、そうすべき時でも難しいものです。社会心理学者アダム・ガリンスキーの賢明な助言から、意見をはっきりと述べ、難しい状況もくぐり抜け、自分自身の力を強化する方法を学びましょう。
このプレゼンテーションを見る
ケビン・B・ジョーンズなぜ好奇心が科学と医学にとって重要なのか
【オリジナル対訳】TEDで学ぶ最新医療

なぜ好奇心が科学と医学にとって重要なのか

- ケビン・B・ジョーンズ(Kevin B. Jones)
科学は実験、失敗、修正を含む学習プロセスであり、医学も例外ではありません。癌研究者ケビン・B・ジョーンズは「誠実に」、単純な回答をもって手術と医療に関するディープで未知の一面に向き合っています。知識の本質についての思慮深い話の中で、科学者達が科学についてまだ正直言ってわかっていない時に、ジョーンズは理解できていることを証明しています。
このプレゼンテーションを見る
キャメロン・ラッセルルックスだけが全てじゃない。モデルの私が言うんだから信じて

ルックスだけが全てじゃない。モデルの私が言うんだから信じて

- キャメロン・ラッセル(Cameron Russell)
キャメロン・ラッセルは自身が「遺伝子の宝くじ」に当たったと認めています。彼女は長身で美しいファッションモデル。下着モデルとしても有名です。しかし外見だけで判断してはいけません。彼女はこの勇気ある 誠実なトークで、 わずか16歳だった自身を非常に魅惑的に作りあげてくれたモデル産業に、皮肉たっぷりの眼差しを送ります。
このプレゼンテーションを見る
リック・エリアス不時着事故から学んだ三つのこと

不時着事故から学んだ三つのこと

- リック・エリアス(Ric Elias)
2009年1月、ニューヨークを流れるハドソン川に不時着した1549便の最前列に座っていたリック・エリアス。不運に見舞われ降下を続ける機体の中で、心をよぎった思いとは。TEDで、初めて打ち明けてくれます。
このプレゼンテーションを見る
レベッカ・ブラックマン薬でうつ病やPTSDを予防することは可能か?

薬でうつ病やPTSDを予防することは可能か?

- レベッカ・ブラックマン(Rebecca Brachman)
より優れた医薬品の開発は、偶然でありながら、革新的な発見によって道が切り開かれてきました。科学がどう進歩するかを巧みに語りながら、神経学者レベッカ・ブラックマンが、広がりつつあるうつ病やPTSDといった精神疾患を解決する可能性を持つ、偶然発見された革新的な治療法について話します。さらに、その予想を超えた、物議をかもす展開をお聞きください。
このプレゼンテーションを見る
デイヴィッド・オートー自動化で人間の仕事はなくなるのか?

自動化で人間の仕事はなくなるのか?

- デイヴィッド・オートー(David Autor)
これはあまり耳にすることのないパラドックスですが、1世紀に渡り人間に代わって仕事をする機械が作られてきたにもかかわらず、アメリカで仕事に就く成人人口の割合は過去125年の間増え続けているのです。どうして人間の労働が余計になったり、人間のスキルが廃れたりしないのでしょう? 仕事の未来に関するこの講演で、経済学者のデイヴィッド・オートーが、なぜ未だこんなにも多くの仕事があるのかを問い、驚きと希望に満ちた答えを出します。
このプレゼンテーションを見る
クリストファー・ソゴイアンあなたが使うスマートフォンは人権問題である

あなたが使うスマートフォンは人権問題である

- クリストファー・ソゴイアン(Christopher Soghoian)
皆さんが使っているスマートフォンは、単なる個人の趣味以上の意味を持っています。どの程度、追跡できるかを決める可能性があるのです。プライバシー問題の専門家クリストファー・ソゴイアンは、AppleとAndroidデバイスで使用されている暗号化の明らかな違いについて解説し、広がりつつあるデジタル・セキュリティ格差に目を向けるよう促します。ソゴイアンは訴えます。「政府の監視の目から自分を守れるのが豊かで権力のある人々だけだとしたら、それは問題です。これはプライバシーやサイバー・セキュリティの問題にとどまりません。人権の問題なのです」
このプレゼンテーションを見る
ワニス・カバジ自動運転の世界とはどんなものか

自動運転の世界とはどんなものか

- ワニス・カバジ(Wanis Kabbaj)
もしも血管を流れる血液のように、交通が円滑に効率よく町中を流れるとしたらどうでしょう。交通マニアのワニス・カバジは、生物の特性にヒントを得て、未来の輸送システムをデザインできると考えています。この前向きな講演では、活力ある自動運転世界を現実のものにするのに役立つであろうモジュール着脱可能型のバス、空飛ぶタクシー、吊り下げ式のまゆ型乗り物のネットワークのような面白いコンセプトを垣間見ることができます。
このプレゼンテーションを見る
ガイ・ウィンチ感情にも応急手当が必要な理由

感情にも応急手当が必要な理由

- ガイ・ウィンチ(Guy Winch)
私たちはインフルエンザのような症状が出た時やなかなか治まらない痛みを感じる時には医師を訪ねます。それなら、罪悪感や喪失感、孤独感など感情の痛みを 感じた時も専門家に会いに行ってはどうでしょうか?あまりにも多くの人が心理的な健康問題には自力で対処している、とガイ・ウィンチは言います。でも、そんなことしなくていいのです。彼は感情の「衛生」を実践することについて、とても興味深い説明をしてくれます。それは、自分の感情や心を身体と同じくらい大事にするということです。
このプレゼンテーションを見る
ジュリアン・アサンジなぜ世界にWikiLeaksが必要なのか

なぜ世界にWikiLeaksが必要なのか

- ジュリアン・アサンジ(Julian Assange)
物議を醸しているWebサイトWikiLeaksでは、極秘にされている文書やビデオを収集しています。喚問のため米国当局から追求されていると言われるWikiLeaksの創設者ジュリアン・アサンジが、TEDのクリス・アンダーソンに、サイトがどのように運営されているのか、どのようなことを達成してきたのか、そして何が彼を駆り立てているのか話しています。このインタビューには最近注目を集めたバグダッドにおけるヘリ攻撃の映像も登場します。
このプレゼンテーションを見る
エリザベス・マーチソン伝染性ガンと戦うこと
【オリジナル対訳】TEDで学ぶ最新医療

伝染性ガンと戦うこと

- エリザベス・マーチソン(Elizabeth Murchison)
何がタスマニアンデビルを殺しているのか? 悪性のガンは何千もの彼らに感染しています — そして、大部分のガンとは異なり、それは伝染性なのです。研究者エリザベス・マーチソンは、彼女がタスマニアンデビルを守るためにどのように戦っているか、そして、彼女がこの変わった変種から全てのガンについて何を学んでいるかを我々に話してくれます。 ※顔のガンの気がかりなイメージを含みます。
このプレゼンテーションを見る
マーカム・ノーラン オンライン上で 事実とフィクションを区別する方法

オンライン上で 事実とフィクションを区別する方法

- マーカム・ノーラン (Markham Nolan)
この話が終わる頃には、YouTubeで864時間分のビデオ、FacebookとInstagramで250万枚の写真が増えているでしょう。では、私達はこのような情報の洪水を、どう整理したらいいのでしょうか。ロンドンでのTEDSalonでマーカム・ノーランが語るのは、彼がチームとともにリアル・タイムで情報を確認するために使う、調査のテクニックです。ハリケーンに襲われた自由の女神の写真やシリアから流出したビデオは本物でしょうか。
このプレゼンテーションを見る
ジャ・ジャン100日間拒絶チャレンジで学んだこと

100日間拒絶チャレンジで学んだこと

- ジャ・ジャン(Jia Jiang)
ジャ・ジャンが果敢に挑むのは、私たちの多くが尻込みする領域「拒絶」です。知らない人に100ドル貸してと頼むことに始まって、果てはレストランで「ハンバーガーのお代わり無料サービス」をお願いするなど、100日間拒絶されるという挑戦を行うことで、ジャ・ジャンは、拒絶されたときに起こりがちな精神的な苦痛や恥ずかしさに対する免疫を身につけました。そしてその過程で、自分の希望をただ伝えることで、絶対に無理と思える状況に可能性の扉を開くことができると気づいたのです。
このプレゼンテーションを見る
スティーヴン・ジョンソン音楽がもたらしたコンピューターの発明

音楽がもたらしたコンピューターの発明

- スティーヴン・ジョンソン(Steven Johnson)
必要は発明の母なんですよね? そうとも限りません。コンピューターのような最も大きな変化を生み出すことになるアイデアやテクノロジーの中には、必要から生まれたのではなく、遊びの奇妙な喜びから生まれたものが沢山あるとスティーヴン・ジョンソンは言います。発明の歴史を描く彼の惹き付けられる解説に耳を傾けましょう。人々が大きな喜びを得ているところに未来が見えることが分かるでしょう。
このプレゼンテーションを見る
フィリッパ・ニーヴ初めて選挙を行う国での予期しなかった挑戦

初めて選挙を行う国での予期しなかった挑戦

- フィリッパ・ニーヴ(Philippa Neave)
これまで選挙をしたことのない国の人々に、投票のやり方を教えるとしたらどうしますか? これは、民主主義が芽生え始めた国々で直面する大きな課題です。そして、その最大の障壁の一つは、選挙について伝えるための言葉が存在しないことです。どんなことも、それを説明する言葉がなければ理解することはできません。この示唆に富むトークでは、選挙の専門家であるフィリッパ・ニーヴが、民主主義の最前線での経験を交えながら、選挙にまつわる言葉の溝を埋めるための解決策について語ります。
このプレゼンテーションを見る

公開中のプレゼンテーション一覧

TED 最新25件

恋に落ちるのは簡単だけど…
仮想ラボが科学の授業を変える!
世界はブタで回っている
鶏から恐竜を生み出す
花が仕掛ける美しい罠
はっきり主張できるようになるには
なぜ好奇心が科学と医学にとって重要なのか
ルックスだけが全てじゃない。モデルの私が言うんだから信じて
不時着事故から学んだ三つのこと
薬でうつ病やPTSDを予防することは可能か?
自動化で人間の仕事はなくなるのか?
あなたが使うスマートフォンは人権問題である
自動運転の世界とはどんなものか
感情にも応急手当が必要な理由
なぜ世界にWikiLeaksが必要なのか
伝染性ガンと戦うこと
オンライン上で 事実とフィクションを区別する方法
100日間拒絶チャレンジで学んだこと
音楽がもたらしたコンピューターの発明
初めて選挙を行う国での予期しなかった挑戦
知りえないことの素晴らしさ
技術は進歩しても愛の形が変わらないのはなぜか
愛を語る数学
あなたが同僚の給料を知るべき理由
我々が満足して死ぬためにできること
公開中のすべての動画