コラム・連載

ゴルフジャーナリストが見た、プロゴルファーの知られざる素顔

ケビン・ナの人気が静かに高まりつつある理由

2020.1.15|text by 舩越園子

このページをシェアする:

 ここ数年、ケビン・ナの名前をしばしば耳にするようになった。それは、ナがここ3年、毎年1勝を挙げる活躍を見せているからではあるのだが、米メディアが彼を大きく取り上げている最大の理由は、ナの優しさや社会に尽くそうという姿勢が人々の心を打ち、「ナ人気」が静かに高まりつつあるからだ。

ナイスガイ

 韓国で生まれ、8歳のときに家族で米国へ移住したナは現在36歳の米国人選手だ。
 19年前、ナは高校卒業を待たずして17歳でプロ転向。当時の米ゴルフ界には、高校在学中にプロになった前例はほとんど無かったため、その意味でナは大きな注目を集めた。
 Qスクール(予選会)を経て、米ツアーにデビューしたのは2004年のこと。しかし、なかなか勝利を挙げることができず、不遇の日々を送り続けた。不調だったわけではなく、何度も優勝争いに迫った。だが、そのたびに惜敗し、詰めが甘いと批判もされた。
 プロ転向から10年が経過した2011年の秋、ラスベガスで開催されたシュライナーズ・ホスピタルズ・オープンで、ようやく初優勝を挙げた。しかし、その後は再び勝てない日々に逆戻り。そんな中、奇妙なワッグルをする悪癖が付き、そのせいでスロープレーヤーのレッテルも貼られた。ギャラリーから野次られ、米メディアから酷評され、勝利の女神からは見放され、報われないことばかり。

 だが、それでもナは常に笑顔をたたえていた。奇妙なワッグルの悪癖も短期間で自力で解消し、周囲を驚かせた。プレーのペースを早める努力も必死に続けていた。そんな彼の姿を間近で眺めているうちに、米ツアー選手たちは、いつしかナをスロープレーヤーと呼ばなくなっていった。
 2014年のメモリアル・トーナメントで松山英樹とのプレーオフに敗れた直後、悔しさを押し殺しながら日本メディアの私に「おめでとう」と声をかけてきたナの姿は、今でも鮮明に思い出される。

 勝利を逃してもグッドルーザー。どんなときもナイスガイ。そんなナは、米国のゴルフファンから徐々に支持を得始めていった。
 大観衆の拍手や声援が力になったのだろう。2018年にミリタリー・トリビュート・アット・ザ・グリーンブライヤーで米ツアー2勝目を挙げ、2019年にチャールズ・シュワッブ・チャレンジを制して3勝目を達成。
 そして2020年シーズンの開幕シリーズとして開催された2019年10月のシュライナーズ・ホスピタルズ・フォー・チルドレン・オープンに臨んだナは、開幕前の練習日、練習グリーン脇で1人の少年と語り合っていた。

「夢を叶えてほしい」

 同大会の開催地はラスベガス。長年、この地に住むナは、ラスベガスを「ホーム(故郷)」と呼び、日ごろから地元社会に献身的に尽くしている。
 ラスベガスに本拠を置く小児病院が冠スポンサーを務める同大会で米ツアー初優勝を挙げたナは、以後、重い病気やケガと向き合う子供たちを率先して励ましてきた。
 そして2020年大会では、練習グリーン際で車椅子に座る少年と語り合うナの姿があった。骨形成不全症という難病と闘っている17歳のアレックくん。彼がスポーツ・リポーターになることを目指していると知ったナは、アレックくんに夢を体感してもらおうと工夫を凝らしていた。

 「アレック、キミにプレゼントを持ってきたよ。これは、僕がパットを沈めたときの動き、名付けて”ザ・ウォーク・イット・イン”をデザインしたTシャツなんだ」
 パットを打った途端にカップ方向へ歩み出し、カップインとほぼ同時ぐらいのタイミングですぐさまボールを拾い上げる近年のナのユニークな動きは、プレーのペースを少しでも早めるためにナ自身が考案し、実践しているもの。いつぞやタイガー・ウッズも苦笑しながら真似していたほどで、すでに選手やファンに知れ渡っている。
 ナは、“ザ・ウォーク・イット・イン”と名付けた自分の動作をアレックくんに動画で見せた後、目の前でも実際に披露した。そうやって選手の動きを観察し、リポートする体験をアレックくんに味わってもらっていたのだ。

 アレックくんが「2011年チャンピオン、ケビン・ナに聞いてみます。この地、この大会に対する想いを話してください」とリポーター調で問いかけると、ナは真剣な表情、真剣な口調で「僕はこのラスベガスが大好きです」と答えていた。
 こうしたナの演出のおかげで、アレックくんはリポーターとして選手にインタビューする緊張感や臨場感を感じ、頑張ろうという想いを強めたのではないだろうか。
 「夢を叶えてほしい。きっと叶うよ」
 そう言ってアレックくんを励ましながら右手を差し出したナの姿が、とても素敵だった。

「感謝の意を込めて」

 ナとアレックくんのやり取りを米メディア、とりわけラスベガスの地元メディアは大きく報じた。そのおかげで、同大会でナに向けられた拍手や歓声はひときわ大きくなり、大観衆の後押しのおかげで、ナはパトリック・カントレーとのサドンデス・プレーオフを2ホール目で制し、米ツアー4勝目を挙げた。

 「これまで僕はプレーオフで3度負けた。今回、プレーオフで初めて勝った」
 感極まり、言葉を詰まらせたナ。溢れ出した涙の背後には、長い間、噛み締め、抱え込んでいた悔しさや情けなさがあったのだろう。
 きっとアレックくんは、うれし涙で頬を濡らすナの様子をテレビ画面で眺めながら、うれしそうにリポートの練習をしていたのではないだろうか。

 それから1か月半ほどが経過した11月のサンクスギビング・ホリデーの際、ナは地元ラスベガスのシュライナーズ・ホスピタルへ「たくさんの感謝の意を込めて」5万ドルを寄付した。
 「僕はアレックくんからインスピレーションをもらった。そのおかげで、今も好調を維持できている。すべてはアレックくんのおかげであり、シュライナーズ・ホスピタルのおかげであり、大会のおかげである」
 社会や人々に優しく手を差し延べるのは、「勝ったから」「勝てたから」ではなく、「勝ち負けに関わらず、日ごろから」。

 そんなナの姿勢を勝利の女神が見初め、アレックくんを通して、ナにご褒美をもたらした。そしてナは、アレックくんからもらった勇気や希望が何よりもうれしくて、感謝せずにはいられなくて、優勝賞金の中から寄付をした。
 ナの素敵なストーリーは、その後も語り継がれ、じわじわと広まり、だからこそ、彼の人気は静かに高まりつつある。

次回は2月15日公開予定!

バックナンバー
  1. ゴルフジャーナリストが見た、
    プロゴルファーの知られざる素顔
  2. 31. ケビン・ナの人気が静かに高まりつつある理由
  3. 30. ゴルフ界の「子育て」と「本当の女王」
  4. 29. 苦難を乗り越えた3世代の物語
  5. 28. 光が当たらなかった場所に光を当てる
  6. 27. 世界ナンバー1の「自分流」チャリティ
  7. 26. 「手作りゴルフ場」から出発したプロゴルファーの社会貢献
  8. 25. ゴルフ金メダリストが考える手作り感覚のチャリティ活動
  9. 24. 惜しみなく与える「DJ」の物語
  10. 23. 輝く未来を抱くチャンス
  11. 22. 帝王の優しき野望
  12. 21. 「パットの名手」は「チャリティの名手」
  13. 20. 「ケビン・キスナー」の名前と存在感
  14. 19. ゴルフの世界でも「類は友を呼ぶ」
  15. 18. ライオン・ハートのジョン・デーリー
  16. 17. 往年の名選手と名キャディからの贈り物
  17. 16. 「たった4勝」でも「メジャー無冠」でも、どんどん高まるリッキー・ファウラーの人気
  18. 15. ジャロード・ライルの36年の人生が残してくれたもの
  19. 14. 苦労したからこそ、若者たちを手助けしたいと動き出したトニー・フィノウ
  20. 13. 授かった幸運を不運な人々のために役立てたいと願うジム・フューリックと妻の社会貢献
  21. 12. 選手もキャディも主役になった日
  22. 11. タイガー・ウッズの真心のチャリティ
  23. 10. 闘病しながらチャリティにも精を出し、「とてもラッキー」と言い切る強さ
  24. 09. ベン・クレーンの終わりなき社会貢献
  25. 08. だから、アーノルド・パーマーは誰からも愛された
  26. 07. デービス・ラブの愛
  27. 06. 彼が国民的スターである理由
  28. 05. ゴルフより大切なものを知って強くなったプロゴルファー
  29. 04. アーニー・エルスの山谷の越え方
  30. 03. マスターズ2勝のバッバ・ワトソンが一人の人間として抱く夢
  31. 02. 全英オープン覇者、ジョーダン・スピースの強さの秘密
  32. 01. プロゴルファーも、お医者さまも?「らしさ」って、難しい

著者プロフィール

舩越園子 近影
舩越 園子(ふなこし そのこ)

ゴルフジャーナリスト

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。
百貨店、広告代理店勤務を経て1989年にフリーライターとして独立。93年渡米。

在米ゴルフジャーナリストとして新聞、雑誌、ウエブサイト等への執筆に加え、講演やテレビ、ラジオにも活動の範囲を広げている。

『王者たちの素顔』(実業之日本社)、『ゴルフの森』(楓書店)、『松山英樹の朴訥力』(東邦出版)など著書訳書多数。

アトランタ、フロリダ、ニューヨークを経て、現在はロサンゼルス在住。

最新の書籍紹介

『タイガー・ウッズ 復活の言霊』

タイガー・ウッズ 復活の言霊
Amazonで確認

復活劇の裏にあったウッズの想い
すべての人の心を打つ48のメッセージ

誰もが憧れる絶対王者として
君臨していたウッズ。
不倫騒動、くり返された故障と手術、
まさかの逮捕劇……と、
人生の風雨にさらされたウッズ。

子供たちと向き合い、自分を見つめなおし、
見事に復活優勝を果たしたウッズ。
どれもタイガー・ウッズだが、
彼の言葉を追い、紐解いていくことで
人間・ウッズの実像が見えてくる。

そして逆境を乗り越えるために 一番大事なものとは……。

バックナンバー
  1. ゴルフジャーナリストが見た、
    プロゴルファーの知られざる素顔
  2. 31. ケビン・ナの人気が静かに高まりつつある理由
  3. 30. ゴルフ界の「子育て」と「本当の女王」
  4. 29. 苦難を乗り越えた3世代の物語
  5. 28. 光が当たらなかった場所に光を当てる
  6. 27. 世界ナンバー1の「自分流」チャリティ
  7. 26. 「手作りゴルフ場」から出発したプロゴルファーの社会貢献
  8. 25. ゴルフ金メダリストが考える手作り感覚のチャリティ活動
  9. 24. 惜しみなく与える「DJ」の物語
  10. 23. 輝く未来を抱くチャンス
  11. 22. 帝王の優しき野望
  12. 21. 「パットの名手」は「チャリティの名手」
  13. 20. 「ケビン・キスナー」の名前と存在感
  14. 19. ゴルフの世界でも「類は友を呼ぶ」
  15. 18. ライオン・ハートのジョン・デーリー
  16. 17. 往年の名選手と名キャディからの贈り物
  17. 16. 「たった4勝」でも「メジャー無冠」でも、どんどん高まるリッキー・ファウラーの人気
  18. 15. ジャロード・ライルの36年の人生が残してくれたもの
  19. 14. 苦労したからこそ、若者たちを手助けしたいと動き出したトニー・フィノウ
  20. 13. 授かった幸運を不運な人々のために役立てたいと願うジム・フューリックと妻の社会貢献
  21. 12. 選手もキャディも主役になった日
  22. 11. タイガー・ウッズの真心のチャリティ
  23. 10. 闘病しながらチャリティにも精を出し、「とてもラッキー」と言い切る強さ
  24. 09. ベン・クレーンの終わりなき社会貢献
  25. 08. だから、アーノルド・パーマーは誰からも愛された
  26. 07. デービス・ラブの愛
  27. 06. 彼が国民的スターである理由
  28. 05. ゴルフより大切なものを知って強くなったプロゴルファー
  29. 04. アーニー・エルスの山谷の越え方
  30. 03. マスターズ2勝のバッバ・ワトソンが一人の人間として抱く夢
  31. 02. 全英オープン覇者、ジョーダン・スピースの強さの秘密
  32. 01. プロゴルファーも、お医者さまも?「らしさ」って、難しい