コラム・連載

ゴルフジャーナリストが見た、プロゴルファーの知られざる素顔

「いつかは、私が」と誓った物語

2020.3.15|text by 舩越園子

このページをシェアする:

 今年2月。オーストラリアのメルボルンでユニークなプロゴルフ大会が開催された。男子の欧州ツアーと女子の米ツアー(LPGA)の共催大会「ISPSハンダ・ビック・オープン」。男女が同じコース上でプレーする形式はプロゴルフ界で初めての試みとあって、大きな注目を集めていた。
 そんな中、19人の女子のルーキーたちが明るい笑顔を輝かせていた。そのうちの1人、ヘイリー・ムーアは初日を首位に1打差の3位タイで好発進し、ひときわ大きな脚光を浴びていた。

厳しい船出

 イリノイ州出身のムーアは現在21歳。アマチュア時代は「シンデレラガール」と呼ばれていたが、アリゾナ大学を卒業し、昨秋にプロ転向。Qシリーズ(予選会)を11位タイで突破し、今年のLPGA出場資格を手に入れたばかりだ。
 冒頭で触れたビック・オープンはムーアにとって記念すべきプロデビュー戦。だが、そこに至るまでの彼女の歩みを是非とも知っていただきたい。
 彼女の物語にはいつも新たな展開があり、どんどん世界が広がっていく。文字通りの「ネバー・エンディング・ストーリー」であり、彼女は常にその主役だ。

 幼少期にアスペルガー症候群と診断されたムーアは、子どものころから「太っている」「醜い」などとからかわれ、周囲から壮絶ないじめを受けていたという。
 だが、彼女は大好きなゴルフに打ち込んで黙々と腕を磨き、やがて才能溢れるアマチュアゴルファーとして脚光を浴びるようになった。
 ANAインスピレーションズ・ジュニアチャレンジで優勝し、その資格で2015年には大人のプロたちに混じってメジャー大会のANAインスピレーションズに16歳で出場。見事、予選通過を果たし、全米で話題になった。
 ゴルフの名門アリゾナ大学へ進み、2018年にはカレッジゴルフの最高峰であるNCAA選手権でチームを優勝へ導く立役者になった。
 昨春はマスターズ開幕直前に開催された第1回オーガスタ・ナショナル女子アマチュア選手権で健闘し、7位に食い込んだ。

 そんなムーアの歩みは、アメリカのゴルフファンのみならず、多くの人々に知れ渡り、すっかり人気者になっていた。
 それなのに、この昨秋にプロ転向を宣言したムーアをスポンサードしてくれる企業はただの1つも無く、厳しい船出になった。
 アメリカでツアープロとして活動していくためには莫大な転戦費用が必要になる。飛行機代、ホテル代、レンタカー代、キャディへの支払い、そして試合へのエントリーフィー。
 米LPGAの出場資格を得るためには登竜門であるQシリーズ(予選会)を勝ち抜くことが必要で、ムーアはその1次予選だけは家族の支援でエントリーすることができ、きっちり勝ち残った。
 だが「1次予選でかかった経費は全部でほぼ2万ドルでした。最終予選はエントリーフィーだけでも3000ドルで、経費はさらに増え、全部で3万ドルが必要になります。我が家にそんな経済力は、もはやありません」と、ムーアの母親は肩を落とした。

温かいオファー

 しかし、ムーアも母親も「落胆しているだけでは前へ進めない」と気丈に前を向いた。幼少時代の壮絶な日々を乗り越えてプロゴルファーになったことを考えれば、何だってできると思い直し、打開策を模索した。
 そして「私をツアーへ行かせてください。私に寄付してください」と呼びかけ、「gofundme」という名のファンドを立ち上げた。掲げた目標額は3万ドル。早々に地元のゴルフ場の知人など数人が寄付してくれた。
 それでも当初は3万ドルにはほど遠かったが、米ゴルフウィーク誌が「シンデレラガールの窮状」を報じると、わずか3日間で6500ドルを超え、さらには、お金ではないオファーが次々に舞い込んできたという。
 「私が持っているホテルのポイントを全部あげます」
 「僕の手持ちのエアライン・マイルを飛行機のチケット購入に役立ててください」
 「最終予選を受ける際は、是非、我が家に寝泊まりしてください。食事も洗濯も送迎も全部、任せてください」
 「僕がキャディを無償で引き受けます。そうすれば、キャディ代は浮くでしょう?」
 さらには「最終予選の会場へ事前に行って練習ラウンドを行なう数日間の旅を私がプレゼントします」というオファーもあった。
 こんな熱いメッセージを添えて寄付してくれた人々もいた。
 「私の子供もアスペルガー症候群と診断され、学校で友達となかなか馴染めず、苦労が絶えない日々です。でも、ヘイリーの頑張りが私たちに勇気と希望をもたらしてくれました」

いつかは恩返し

 何が必要とされているのか、どうしたら役に立つことができるのかを人々が親身になって考えた上で手を差し延べていることが伝わってくる。
 アマチュアだった当時のムーアに惜しみない声援が送られていたというのに、プロになった彼女をスポンサードしようという企業がゼロだったという事実は、シビアでクールな現実を物語っていたが、それでも世の中は、案外、捨てたもんじゃない。ムーアに寄せられたたくさんのオファーは、スポンサー契約や金銭そのもの以外にもプロゴルファーをサポートする方法がいろいろあることを私たちに教えてくれたように思う。

 いつしかムーアの「gofundme」は目標額の3万ドルを上回り、そのおかげでムーアは最終予選に挑んで見事突破。晴れてLPGAメンバーになり、冒頭の大会でプロデビューを果たした。
 初日に3位タイで発進したものの、残念ながら3日目に崩れて予選落ちとなったが、セカンドカット(二段階カット)による予選落ちゆえ、賞金は授けられた。
 生まれて初めてムーアが稼いだ賞金は5494ドル。決して高額ではなかったが、彼女は目を輝かせながら、こう言った。
 「これからも自分のゴルフをやっていきたい。諦めなければ夢は必ず叶う。いつかは人々に恩返しができるプロになりたい。社会に貢献できるプロに必ずなりたい」
 ムーアのストーリーは、これからも続いていくことだろう。素敵なネバー・エンディング・ストーリーは、すでに人々を勇気づけ、社会に貢献しているのではないだろうか。

次回は4月15日公開予定!

バックナンバー
  1. ゴルフジャーナリストが見た、
    プロゴルファーの知られざる素顔
  2. 39. メジャー・チャンプの恩返し
  3. 38. 「思い出づくり」と「自転車づくり」
  4. 37. 米ツアーの黒人選手の「声」の力
  5. 36. スネデカーは「超ナイスガイ」!
  6. 35. 「世界を救うため」動いたジュニアゴルファー姉妹
  7. 34. それが「私の生きる意味」
  8. 33. 「いつかは、私が」と誓った物語
  9. 32. 亡き母の名を冠したマンモバンを走らせて
  10. 31. ケビン・ナの人気が静かに高まりつつある理由
  11. 30. ゴルフ界の「子育て」と「本当の女王」
  12. 29. 苦難を乗り越えた3世代の物語
  13. 28. 光が当たらなかった場所に光を当てる
  14. 27. 世界ナンバー1の「自分流」チャリティ
  15. 26. 「手作りゴルフ場」から出発したプロゴルファーの社会貢献
  16. 25. ゴルフ金メダリストが考える手作り感覚のチャリティ活動
  17. 24. 惜しみなく与える「DJ」の物語
  18. 23. 輝く未来を抱くチャンス
  19. 22. 帝王の優しき野望
  20. 21. 「パットの名手」は「チャリティの名手」
  21. 20. 「ケビン・キスナー」の名前と存在感
  22. 19. ゴルフの世界でも「類は友を呼ぶ」
  23. 18. ライオン・ハートのジョン・デーリー
  24. 17. 往年の名選手と名キャディからの贈り物
  25. 16. 「たった4勝」でも「メジャー無冠」でも、どんどん高まるリッキー・ファウラーの人気
  26. 15. ジャロード・ライルの36年の人生が残してくれたもの
  27. 14. 苦労したからこそ、若者たちを手助けしたいと動き出したトニー・フィノウ
  28. 13. 授かった幸運を不運な人々のために役立てたいと願うジム・フューリックと妻の社会貢献
  29. 12. 選手もキャディも主役になった日
  30. 11. タイガー・ウッズの真心のチャリティ
  31. 10. 闘病しながらチャリティにも精を出し、「とてもラッキー」と言い切る強さ
  32. 09. ベン・クレーンの終わりなき社会貢献
  33. 08. だから、アーノルド・パーマーは誰からも愛された
  34. 07. デービス・ラブの愛
  35. 06. 彼が国民的スターである理由
  36. 05. ゴルフより大切なものを知って強くなったプロゴルファー
  37. 04. アーニー・エルスの山谷の越え方
  38. 03. マスターズ2勝のバッバ・ワトソンが一人の人間として抱く夢
  39. 02. 全英オープン覇者、ジョーダン・スピースの強さの秘密
  40. 01. プロゴルファーも、お医者さまも?「らしさ」って、難しい

著者プロフィール

舩越園子 近影
舩越 園子(ふなこし そのこ)

ゴルフジャーナリスト

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。
百貨店、広告代理店勤務を経て1989年にフリーライターとして独立。93年渡米。

在米ゴルフジャーナリストとして新聞、雑誌、ウエブサイト等への執筆に加え、講演やテレビ、ラジオにも活動の範囲を広げている。

『王者たちの素顔』(実業之日本社)、『ゴルフの森』(楓書店)、『松山英樹の朴訥力』(東邦出版)など著書訳書多数。

アトランタ、フロリダ、ニューヨークを経て、現在はロサンゼルス在住。

最新の書籍紹介

『タイガー・ウッズ 復活の言霊』

タイガー・ウッズ 復活の言霊
Amazonで確認

復活劇の裏にあったウッズの想い
すべての人の心を打つ48のメッセージ

誰もが憧れる絶対王者として
君臨していたウッズ。
不倫騒動、くり返された故障と手術、
まさかの逮捕劇……と、
人生の風雨にさらされたウッズ。

子供たちと向き合い、自分を見つめなおし、
見事に復活優勝を果たしたウッズ。
どれもタイガー・ウッズだが、
彼の言葉を追い、紐解いていくことで
人間・ウッズの実像が見えてくる。

そして逆境を乗り越えるために 一番大事なものとは……。

バックナンバー
  1. ゴルフジャーナリストが見た、
    プロゴルファーの知られざる素顔
  2. 39. メジャー・チャンプの恩返し
  3. 38. 「思い出づくり」と「自転車づくり」
  4. 37. 米ツアーの黒人選手の「声」の力
  5. 36. スネデカーは「超ナイスガイ」!
  6. 35. 「世界を救うため」動いたジュニアゴルファー姉妹
  7. 34. それが「私の生きる意味」
  8. 33. 「いつかは、私が」と誓った物語
  9. 32. 亡き母の名を冠したマンモバンを走らせて
  10. 31. ケビン・ナの人気が静かに高まりつつある理由
  11. 30. ゴルフ界の「子育て」と「本当の女王」
  12. 29. 苦難を乗り越えた3世代の物語
  13. 28. 光が当たらなかった場所に光を当てる
  14. 27. 世界ナンバー1の「自分流」チャリティ
  15. 26. 「手作りゴルフ場」から出発したプロゴルファーの社会貢献
  16. 25. ゴルフ金メダリストが考える手作り感覚のチャリティ活動
  17. 24. 惜しみなく与える「DJ」の物語
  18. 23. 輝く未来を抱くチャンス
  19. 22. 帝王の優しき野望
  20. 21. 「パットの名手」は「チャリティの名手」
  21. 20. 「ケビン・キスナー」の名前と存在感
  22. 19. ゴルフの世界でも「類は友を呼ぶ」
  23. 18. ライオン・ハートのジョン・デーリー
  24. 17. 往年の名選手と名キャディからの贈り物
  25. 16. 「たった4勝」でも「メジャー無冠」でも、どんどん高まるリッキー・ファウラーの人気
  26. 15. ジャロード・ライルの36年の人生が残してくれたもの
  27. 14. 苦労したからこそ、若者たちを手助けしたいと動き出したトニー・フィノウ
  28. 13. 授かった幸運を不運な人々のために役立てたいと願うジム・フューリックと妻の社会貢献
  29. 12. 選手もキャディも主役になった日
  30. 11. タイガー・ウッズの真心のチャリティ
  31. 10. 闘病しながらチャリティにも精を出し、「とてもラッキー」と言い切る強さ
  32. 09. ベン・クレーンの終わりなき社会貢献
  33. 08. だから、アーノルド・パーマーは誰からも愛された
  34. 07. デービス・ラブの愛
  35. 06. 彼が国民的スターである理由
  36. 05. ゴルフより大切なものを知って強くなったプロゴルファー
  37. 04. アーニー・エルスの山谷の越え方
  38. 03. マスターズ2勝のバッバ・ワトソンが一人の人間として抱く夢
  39. 02. 全英オープン覇者、ジョーダン・スピースの強さの秘密
  40. 01. プロゴルファーも、お医者さまも?「らしさ」って、難しい