コラム・連載

ゴルフジャーナリストが見た、プロゴルファーの知られざる素顔

メジャー3勝、だからこそ「感謝」と「貢献」

2022.9.15|text by 舩越園子

このページをシェアする:

全英女子オープンと言えば、3年前の2019年大会で渋野日向子が勝利を収めた大会である。

最終日、72ホール目で渋野がウイニングパットを沈めた瞬間、同組で回っていた南アフリカ出身のアシュリー・ブハイが両腕を挙げながら飛び跳ねるようにして祝福していた場面が今でも忘れられない。

あのときのブハイ自身は、米ツアー12年目にして、まだ勝利の喜びを知らないというのに、初出場だった渋野が笑顔を振り撒きながらいきなり挙げた初優勝を、我がことのように喜び、心の底から「おめでとう」と言っていた。

あれから3年後の今年。全英女子オープン最終日は、実にドラマチックな展開になった。

4ホールに及んだサドンデス・プレーオフを制し、勝利を掴み取ったのは33歳のブハイだった。2008年のデビューから15年を経て、ついに手に入れた初優勝がメジャー優勝となったことは、大きなボーナスのようなものだった。

残念ながら渋野は大健闘したものの、今年は3位に甘んじた。そして、ブハイとサドンデス・プレーオフを戦い、惜敗した韓国出身の27歳のチョン・インジは、心に残る懸命なプレーぶりを披露してくれた。

ブハイもチョンも好プレーを続け、手に汗握るプレーオフとなったからこそ、ブハイの勝利は一層引き立ち、敗れたインジも輝いて見えたのだろう。

だが、チョンが敗者ながら光り輝いて見えたワケは、単に好プレーを披露したということだけではなかったのだと私は思う。

通算4勝のうち3勝がメジャー優勝

韓国出身のチョンは、9歳でゴルフを始め、めきめきと頭角を現していった。

2012年にプロ転向。韓国女子ツアー(KLPGA)で次々に勝利を重ね、母国ではすでに通算9勝を挙げている。日本の女子ツアー(JLPGA)でも2015年5月にワールドレディース・チャンピオンシップ・サロンパスカップを制すると、10月には日本女子オープンをプレーオフで制し、日本における通算2勝目を飾った。

同じ年、米国女子ツアー(LPGA)では、まだメンバー資格を得ていない「ノンメンバー」の状態で全米女子オープンを制し、米国のみならず世界にその名をとどろかせた。

翌年から米女子ツアーに正式メンバーとして参戦を開始すると、エビアン選手権を制してメジャー2勝目を達成。

2018年にレギュラー大会のハナバンク選手権でも勝利を挙げると、2022年はKPMG全米女子プロゴルフ選手権を制してメジャー3勝目を挙げ、米ツアーで挙げた通算4勝のうち3勝がメジャー優勝となって、大舞台に強い強心臓ぶりをアピールした。

そんなチョンが、今年の全英女子オープンで、またしても優勝争いに絡んだ。通算10アンダーで72ホールを終えたチョンとブハイは、サドンデス・プレーオフに突入。そのとき、未勝利のブハイと比べ、メジャー3勝、通算4勝のチョンは格段に落ち着き払って見えた。

グッドルーザー

だが、そんなチョンにも人知れぬ苦労があり、人知れず、ひっそりと続けてきた努力や工夫も、もちろんあった。

今年の全英女子オープン開幕前、彼女は相棒キャディのディーン・ハーデンと小さな約束を交わしていたという。

「私がノーボギーで回ったら、その日はディーンが私にディナーをご馳走することになっていました。小さな約束だけど、その約束が私にとっては、いい具合に励みになり、モチベーションと集中力をアップしてくれました」

振り返れば、チョンが2015年の全米女子オープンを制し、メジャー初優勝を挙げたときも、今年のKPMG全米女子プロゴルフ選手権を制したときも、彼女の傍らでバッグを担いでいたのはハーデンだった。

ハーデンは、オーストラリア出身の「超」が付くほどベテランのツアー・キャディ。諸見里しのぶが米女子ツアーにデビューしたときも、申ジエが2008年全英女子オープンを制したときも、バッグを担いでいたのはハーデンだった。

今年のKPMG全米女子プロゴルフ選手権の際は、ラウンド中、ハーデンが「ハッピーかい?」と問いかけ、チョンが「ええ、ハッピーよ」と答えるやり取りを続けながら、見事に勝利。

うつ病やスランプに苦悩した時期も実はあったが、そこから復活した彼女をキャディがメンタル面から支え、その二人三脚は全英女子オープンでも効果を発揮して、勝利ににじり寄っていた。

プレーオフの真っ只中でも、チョンは何度もスマイルを見せ、TVカメラに向かって手を振っていた。その姿は、「スマイリング・シンデレラ」と名付けられた渋野とそっくりで、笑顔と好プレーは密接な関係にあることを、あらためて痛感させられた。

最終的には惜敗に終わったが、負けても笑顔で勝者ブハイを讃えたチョンは、とても素敵なグッドルーザーだった。

米国でも日本でも「感謝」と「貢献」

キャディのハーデンの励ましは、チョンにとって、とても大きな力になっている様子だが、もう1つ、彼女の心を支えているのは「感謝」と「貢献」なのだそうだ。

2015年にメジャー初優勝を挙げた全米女子オープンの会場は、米ペンシルベニア州のランカスターCC。彼女は、ノンメンバーにして勝利できた自身の幸運と人々から得た声援や激励に感謝し、優勝直後に「チョン・インジ・ランカスターCC教育財団」を創設。

さらに、朝鮮大学校(東京・小平市)にも毎年10万ドルを寄付し、同大学の学生たちの社会における活動を経済面から支援しているそうだ。

母国である韓国のみならず、勝利を挙げた日本や米国にも自身の社会貢献の足場を作り、「おかげさまで勝つことができました」と感謝し、さらなる貢献をする。

そうすることが「私自身の励みになる」と言うチョンは、これからますます、チャリティにもゴルフにも積極的になりそうな予感がする。

次回は10月15日公開予定!

バックナンバー
  1. ゴルフジャーナリストが見た、
    プロゴルファーの知られざる素顔
  2. 65. 個性派M・A・ヒメネスの恩返し
  3. 64. 全英女子オープン覇者がプロゴルファーである理由
  4. 63. メジャー3勝、だからこそ「感謝」と「貢献」
  5. 62. アフリカに水をもたらすゴルフ界のレジェンド
  6. 61. 一人の少年を讃えたフリートウッドの想い
  7. 60. 母国を離れて戦うC・スミスの母国愛
  8. 59. コロナ禍の犠牲者のために尽くした素晴らしき選手
  9. 58. 親友が闘病しながら創設した財団を守り続けるプロゴルファー
  10. 57. 救った子供が未来を救う、だからこそ救いたい
  11. 56. 「みんなのハッピー」を目指す女子ゴルフのスター
  12. 55. バレステロスからラームへ、スペインのヒーロー誕生物語
  13. 54. マリア・ファッシは幸せを運ぶアンバサダー
  14. 53. 「小さな奇跡」を信じて戦う意味
  15. 52. クールなP・カントレーの温かい社会貢献
  16. 51. L・トンプソン流、ユニークな社会貢献
  17. 50. 母国への想いが奇跡を起こす!?
  18. 49. 無名の48歳の「好きな言葉」「嫌いな言葉」
  19. 48. B・デシャンボーの熱くて厚い義理人情
  20. 47. 絵を描き続ける「みんなのヒーロー」
  21. 46. 助けたからこそ、助けられたゴルフ人生
  22. 45. 夢を追いかけられる社会にしたい
  23. 44. 負けても笑顔を輝かせた意味
  24. 43. 優しく強くなったR・マキロイの社会貢献
  25. 42. ファンファーレで送り出したい全英チャンプ
  26. 41. 「僕はそういう僕でありたい」ビリー・ホーシェルの感謝と恩返し
  27. 40. チャールズ・ハウエルの恩返し
  28. 39. メジャー・チャンプの恩返し
  29. 38. 「思い出づくり」と「自転車づくり」
  30. 37. 米ツアーの黒人選手の「声」の力
  31. 36. スネデカーは「超ナイスガイ」!
  32. 35. 「世界を救うため」動いたジュニアゴルファー姉妹
  33. 34. それが「私の生きる意味」
  34. 33. 「いつかは、私が」と誓った物語
  35. 32. 亡き母の名を冠したマンモバンを走らせて
  36. 31. ケビン・ナの人気が静かに高まりつつある理由
  37. 30. ゴルフ界の「子育て」と「本当の女王」
  38. 29. 苦難を乗り越えた3世代の物語
  39. 28. 光が当たらなかった場所に光を当てる
  40. 27. 世界ナンバー1の「自分流」チャリティ
  41. 26. 「手作りゴルフ場」から出発したプロゴルファーの社会貢献
  42. 25. ゴルフ金メダリストが考える手作り感覚のチャリティ活動
  43. 24. 惜しみなく与える「DJ」の物語
  44. 23. 輝く未来を抱くチャンス
  45. 22. 帝王の優しき野望
  46. 21. 「パットの名手」は「チャリティの名手」
  47. 20. 「ケビン・キスナー」の名前と存在感
  48. 19. ゴルフの世界でも「類は友を呼ぶ」
  49. 18. ライオン・ハートのジョン・デーリー
  50. 17. 往年の名選手と名キャディからの贈り物
  51. 16. 「たった4勝」でも「メジャー無冠」でも、どんどん高まるリッキー・ファウラーの人気
  52. 15. ジャロード・ライルの36年の人生が残してくれたもの
  53. 14. 苦労したからこそ、若者たちを手助けしたいと動き出したトニー・フィノウ
  54. 13. 授かった幸運を不運な人々のために役立てたいと願うジム・フューリックと妻の社会貢献
  55. 12. 選手もキャディも主役になった日
  56. 11. タイガー・ウッズの真心のチャリティ
  57. 10. 闘病しながらチャリティにも精を出し、「とてもラッキー」と言い切る強さ
  58. 09. ベン・クレーンの終わりなき社会貢献
  59. 08. だから、アーノルド・パーマーは誰からも愛された
  60. 07. デービス・ラブの愛
  61. 06. 彼が国民的スターである理由
  62. 05. ゴルフより大切なものを知って強くなったプロゴルファー
  63. 04. アーニー・エルスの山谷の越え方
  64. 03. マスターズ2勝のバッバ・ワトソンが一人の人間として抱く夢
  65. 02. 全英オープン覇者、ジョーダン・スピースの強さの秘密
  66. 01. プロゴルファーも、お医者さまも?「らしさ」って、難しい

著者プロフィール

舩越園子 近影
舩越 園子(ふなこし そのこ)

ゴルフジャーナリスト

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。
百貨店、広告代理店勤務を経て1989年にフリーライターとして独立。93年渡米。

在米ゴルフジャーナリストとして新聞、雑誌、ウエブサイト等への執筆に加え、講演やテレビ、ラジオにも活動の範囲を広げている。

『王者たちの素顔』(実業之日本社)、『ゴルフの森』(楓書店)、『松山英樹の朴訥力』(東邦出版)など著書訳書多数。

アトランタ、フロリダ、ニューヨークを経て、現在はロサンゼルス在住。

最新の書籍紹介

『タイガー・ウッズ 復活の言霊』

タイガー・ウッズ 復活の言霊
Amazonで確認

復活劇の裏にあったウッズの想い
すべての人の心を打つ48のメッセージ

誰もが憧れる絶対王者として
君臨していたウッズ。
不倫騒動、くり返された故障と手術、
まさかの逮捕劇……と、
人生の風雨にさらされたウッズ。

子供たちと向き合い、自分を見つめなおし、
見事に復活優勝を果たしたウッズ。
どれもタイガー・ウッズだが、
彼の言葉を追い、紐解いていくことで
人間・ウッズの実像が見えてくる。

そして逆境を乗り越えるために 一番大事なものとは……。

バックナンバー
  1. ゴルフジャーナリストが見た、
    プロゴルファーの知られざる素顔
  2. 65. 個性派M・A・ヒメネスの恩返し
  3. 64. 全英女子オープン覇者がプロゴルファーである理由
  4. 63. メジャー3勝、だからこそ「感謝」と「貢献」
  5. 62. アフリカに水をもたらすゴルフ界のレジェンド
  6. 61. 一人の少年を讃えたフリートウッドの想い
  7. 60. 母国を離れて戦うC・スミスの母国愛
  8. 59. コロナ禍の犠牲者のために尽くした素晴らしき選手
  9. 58. 親友が闘病しながら創設した財団を守り続けるプロゴルファー
  10. 57. 救った子供が未来を救う、だからこそ救いたい
  11. 56. 「みんなのハッピー」を目指す女子ゴルフのスター
  12. 55. バレステロスからラームへ、スペインのヒーロー誕生物語
  13. 54. マリア・ファッシは幸せを運ぶアンバサダー
  14. 53. 「小さな奇跡」を信じて戦う意味
  15. 52. クールなP・カントレーの温かい社会貢献
  16. 51. L・トンプソン流、ユニークな社会貢献
  17. 50. 母国への想いが奇跡を起こす!?
  18. 49. 無名の48歳の「好きな言葉」「嫌いな言葉」
  19. 48. B・デシャンボーの熱くて厚い義理人情
  20. 47. 絵を描き続ける「みんなのヒーロー」
  21. 46. 助けたからこそ、助けられたゴルフ人生
  22. 45. 夢を追いかけられる社会にしたい
  23. 44. 負けても笑顔を輝かせた意味
  24. 43. 優しく強くなったR・マキロイの社会貢献
  25. 42. ファンファーレで送り出したい全英チャンプ
  26. 41. 「僕はそういう僕でありたい」ビリー・ホーシェルの感謝と恩返し
  27. 40. チャールズ・ハウエルの恩返し
  28. 39. メジャー・チャンプの恩返し
  29. 38. 「思い出づくり」と「自転車づくり」
  30. 37. 米ツアーの黒人選手の「声」の力
  31. 36. スネデカーは「超ナイスガイ」!
  32. 35. 「世界を救うため」動いたジュニアゴルファー姉妹
  33. 34. それが「私の生きる意味」
  34. 33. 「いつかは、私が」と誓った物語
  35. 32. 亡き母の名を冠したマンモバンを走らせて
  36. 31. ケビン・ナの人気が静かに高まりつつある理由
  37. 30. ゴルフ界の「子育て」と「本当の女王」
  38. 29. 苦難を乗り越えた3世代の物語
  39. 28. 光が当たらなかった場所に光を当てる
  40. 27. 世界ナンバー1の「自分流」チャリティ
  41. 26. 「手作りゴルフ場」から出発したプロゴルファーの社会貢献
  42. 25. ゴルフ金メダリストが考える手作り感覚のチャリティ活動
  43. 24. 惜しみなく与える「DJ」の物語
  44. 23. 輝く未来を抱くチャンス
  45. 22. 帝王の優しき野望
  46. 21. 「パットの名手」は「チャリティの名手」
  47. 20. 「ケビン・キスナー」の名前と存在感
  48. 19. ゴルフの世界でも「類は友を呼ぶ」
  49. 18. ライオン・ハートのジョン・デーリー
  50. 17. 往年の名選手と名キャディからの贈り物
  51. 16. 「たった4勝」でも「メジャー無冠」でも、どんどん高まるリッキー・ファウラーの人気
  52. 15. ジャロード・ライルの36年の人生が残してくれたもの
  53. 14. 苦労したからこそ、若者たちを手助けしたいと動き出したトニー・フィノウ
  54. 13. 授かった幸運を不運な人々のために役立てたいと願うジム・フューリックと妻の社会貢献
  55. 12. 選手もキャディも主役になった日
  56. 11. タイガー・ウッズの真心のチャリティ
  57. 10. 闘病しながらチャリティにも精を出し、「とてもラッキー」と言い切る強さ
  58. 09. ベン・クレーンの終わりなき社会貢献
  59. 08. だから、アーノルド・パーマーは誰からも愛された
  60. 07. デービス・ラブの愛
  61. 06. 彼が国民的スターである理由
  62. 05. ゴルフより大切なものを知って強くなったプロゴルファー
  63. 04. アーニー・エルスの山谷の越え方
  64. 03. マスターズ2勝のバッバ・ワトソンが一人の人間として抱く夢
  65. 02. 全英オープン覇者、ジョーダン・スピースの強さの秘密
  66. 01. プロゴルファーも、お医者さまも?「らしさ」って、難しい