コラム・連載

ゴルフジャーナリストが見た、プロゴルファーの知られざる素顔

コロナ禍の犠牲者のために尽くした素晴らしき選手

2022.5.15|text by 舩越園子

このページをシェアする:

米ツアー選手のウィル・ザラトリスと言われても、日本のゴルフファンの大半は「全然ピンと来ない」と感じることだろう。

しかし、「松山英樹が優勝した2021年マスターズで、最後まで松山に食い下がり、2位になった若い米国人選手」と言われたら、「ああ、あのときの、ひょろっとした体型でちょっと気の弱そうな雰囲気のあの選手のことか」と思い出す方々は多いのではないだろうか。

そう、昨年のマスターズ最終日、松山に追いつき追い越すチャンスがあった選手は、ザラトリスただ一人だった。しかし、オーガスタ・ナショナルのサンデー・アフタヌーンの戦いを見守っていたほとんどのファンは「ウィル・ザラトリスって誰?何者?」と思っていたに違いない。

当時のザラトリスは、まだPGAツアーの正式メンバーにすらなっておらず、「スペシャル・テンポラリー・メンバー」という正式メンバーの前段階のステイタスでマスターズに出場していた。そんな彼が世の中に知られているはずはなかったのだ。

そんな状況にあったザラトリスが、もしもあのとき松山を打ち負かしていたら、スペシャル・テンポラリー・メンバーによるマスターズ優勝は大会史上初の珍事となり、マスターズ初出場で初優勝は1979年のファージ・ゼラー以来の驚きの出来事となるはずだった。

結果的には、そうはならず、あの大会は松山の優勝で幕を閉じ、ザラトリスは1打差の2位に終わったが、あのマスターズはザラトリスの存在が初めて世界に知れ渡った大会となった。

だが、米国のジュニアゴルフ、大学ゴルフの世界では、実を言えば、ザラトリスはずっと以前からとても有名だった。

ギャンブル的にチャレンジ開始

ザラトリスは米カリフォルニア州サンフランシスコ生まれだが、幼いころから、テキサス州ダラスのゴルフ場でレッスンを受けていた。フットワークが良かったのは、空軍パイロットだった祖父や、やはりパイロットだった父親、叔父、それに陸上選手として活躍した母親の下で育ち、米国内をアクティブに動き回っていたおかげだったのかもしれない。

テキサス州のジュニアゴルフ界では、地元育ちのジョーダン・スピースと他州からやってくるザラトリスが「2強」と呼ばれていた。だが、2人はライバルというより、とても仲良しだったそうだ。

2014年全米ジュニアを制し、米国ジュニア界のナショナル・チャンピオンになったザラトリスは、ノース・カロライナ州にあるゴルフの名門ウェイクフォレスト大学を経て、2018年にプロ転向。

下部ツアーのコーンフェリーツアーで2020年に1勝を挙げると、そこから先は、出場資格も何もないノーステイタスの状態で、マンデー予選や推薦を頼りにPGAツアーに挑み始めた。

ギャンブル的にPGAツアー挑戦を開始した選手と言えば、その代表的な成功例となったスピースの歩みが思い出される。ジュニア時代から仲良しだったスピースの挑戦に感化されて、ザラトリスも同じチャレンジをしたのかもしれない。

謙虚に感謝

2020年の秋。コロナ禍で9月に延期開催された全米オープンに地区予選から挑み、6位タイに食い込んだザラトリスは、その後のPGAツアーの大会でもトップ10入りを重ね、ついにはPGAツアーのスペシャル・テンポラリー・メンバーに格上げされた。

松山英樹と最終日に競り合い、単独2位になった2021年4月のマスターズにも、ザラトリスはスペシャル・テンポラリー・メンバーのまま出場していたし、翌月の全米プロでも彼は8位タイに食い込んだ。

世界ランキングでは、すでにトップ30に数えられ、実力的にはトッププレーヤーの仲間入りを果たしたザラトリス。しかし、彼はコロナ禍ゆえのPGAツアーの規定に大きく左右され、優勝できない限りはPGAツアーの正式メンバーへ昇格できないという状態のまま、2021年シーズンを終えることになってしまった。

正式メンバーになれない限りは、いくら試合で上位入りを重ねても、フェデックスカップのポイントを稼ぐことができず、本来なら楽勝で出場できていたはずのシーズンエンドのプレーオフ・シリーズにも、最終戦のツアー選手権にも出られずじまいとなった。

それは、コロナ禍の影響をまともに受ける形になった悲劇だったが、PGAツアーの先輩選手たちは、そんな彼を優しい視線で見守っていたようで、選手投票で選出されるルーキー・オブ・ザ・イヤーにはザラトリスが選ばれ、「とてもうれしい」と笑顔を見せた。

「かつての僕の目標はコーンフェリーツアーで年間3勝を挙げることだった」が、マスターズで優勝争いを演じて2位になり、全米プロでも8位になり、新人賞を授かったことは「とてもありがたいことです」と、ザラトリスは謙虚に感謝した。

子どもたちのために

コロナ禍の影響を大きく受けたザラトリスは、出られるはずのビッグ大会に出られず、稼げたはずのビッグマネーを稼ぎそこない、プロゴルファーとしてはコロナ禍の犠牲になったと言えるわけだが、そんな彼が、コロナ禍の影響をもっと大きく受けている人々のことを、人一倍、気遣っていることに感銘を受けた。

ザラトリスは米国中西部のシモンズ銀行とアンバサダー契約を結んでおり、同銀行はPGAツアーの下部ツアーの大会、シモンズ銀行オープンのタイトル・スポンサーを務めている。

その大会は毎年、収益の一部を貧困や暴力などに苦しむ子どもたちのための財団へ寄付しており、その財団にとってその寄付は経済的な頼みの綱だったそうだ。

しかし、コロナ禍で同大会が中止となったことで、寄付が途絶えてしまい、財団は経済的に困窮状態に陥った。

財団の窮状を知ったザラトリスは、なんとかして寄付金を集めようと考え、飛距離とパットを競い合うチャリティ・ゴルフ大会「ドライブ・パット・ドゥグッド(Drive Putt DoGood)」なるイベントを開催。5万ドルをかき集め、財団と子どもたちを救ったのだそうだ。

まだ自分自身がPGAツアーの正式メンバーにもなれていないときから、子どもたちのため、社会のために尽くしてきたザラトリスにゴルフの神様も感銘を覚え、彼の成績をみるみる引き上げていったのかもしれないと思えてくる。

今季は晴れて正式メンバーとしてPGAツアーに挑んでいるザラトリス。初優勝はまだ達成されていないが、きっと彼に助けられた子どもたちの祈りが天に届き、近い将来、素敵な勝利が彼にもたらされるのではないだろうか。

次回は6月15日公開予定!

バックナンバー
  1. ゴルフジャーナリストが見た、
    プロゴルファーの知られざる素顔
  2. 60. 母国を離れて戦うC・スミスの母国愛
  3. 59. コロナ禍の犠牲者のために尽くした素晴らしき選手
  4. 58. 親友が闘病しながら創設した財団を守り続けるプロゴルファー
  5. 57. 救った子供が未来を救う、だからこそ救いたい
  6. 56. 「みんなのハッピー」を目指す女子ゴルフのスター
  7. 55. バレステロスからラームへ、スペインのヒーロー誕生物語
  8. 54. マリア・ファッシは幸せを運ぶアンバサダー
  9. 53. 「小さな奇跡」を信じて戦う意味
  10. 52. クールなP・カントレーの温かい社会貢献
  11. 51. L・トンプソン流、ユニークな社会貢献
  12. 50. 母国への想いが奇跡を起こす!?
  13. 49. 無名の48歳の「好きな言葉」「嫌いな言葉」
  14. 48. B・デシャンボーの熱くて厚い義理人情
  15. 47. 絵を描き続ける「みんなのヒーロー」
  16. 46. 助けたからこそ、助けられたゴルフ人生
  17. 45. 夢を追いかけられる社会にしたい
  18. 44. 負けても笑顔を輝かせた意味
  19. 43. 優しく強くなったR・マキロイの社会貢献
  20. 42. ファンファーレで送り出したい全英チャンプ
  21. 41. 「僕はそういう僕でありたい」ビリー・ホーシェルの感謝と恩返し
  22. 40. チャールズ・ハウエルの恩返し
  23. 39. メジャー・チャンプの恩返し
  24. 38. 「思い出づくり」と「自転車づくり」
  25. 37. 米ツアーの黒人選手の「声」の力
  26. 36. スネデカーは「超ナイスガイ」!
  27. 35. 「世界を救うため」動いたジュニアゴルファー姉妹
  28. 34. それが「私の生きる意味」
  29. 33. 「いつかは、私が」と誓った物語
  30. 32. 亡き母の名を冠したマンモバンを走らせて
  31. 31. ケビン・ナの人気が静かに高まりつつある理由
  32. 30. ゴルフ界の「子育て」と「本当の女王」
  33. 29. 苦難を乗り越えた3世代の物語
  34. 28. 光が当たらなかった場所に光を当てる
  35. 27. 世界ナンバー1の「自分流」チャリティ
  36. 26. 「手作りゴルフ場」から出発したプロゴルファーの社会貢献
  37. 25. ゴルフ金メダリストが考える手作り感覚のチャリティ活動
  38. 24. 惜しみなく与える「DJ」の物語
  39. 23. 輝く未来を抱くチャンス
  40. 22. 帝王の優しき野望
  41. 21. 「パットの名手」は「チャリティの名手」
  42. 20. 「ケビン・キスナー」の名前と存在感
  43. 19. ゴルフの世界でも「類は友を呼ぶ」
  44. 18. ライオン・ハートのジョン・デーリー
  45. 17. 往年の名選手と名キャディからの贈り物
  46. 16. 「たった4勝」でも「メジャー無冠」でも、どんどん高まるリッキー・ファウラーの人気
  47. 15. ジャロード・ライルの36年の人生が残してくれたもの
  48. 14. 苦労したからこそ、若者たちを手助けしたいと動き出したトニー・フィノウ
  49. 13. 授かった幸運を不運な人々のために役立てたいと願うジム・フューリックと妻の社会貢献
  50. 12. 選手もキャディも主役になった日
  51. 11. タイガー・ウッズの真心のチャリティ
  52. 10. 闘病しながらチャリティにも精を出し、「とてもラッキー」と言い切る強さ
  53. 09. ベン・クレーンの終わりなき社会貢献
  54. 08. だから、アーノルド・パーマーは誰からも愛された
  55. 07. デービス・ラブの愛
  56. 06. 彼が国民的スターである理由
  57. 05. ゴルフより大切なものを知って強くなったプロゴルファー
  58. 04. アーニー・エルスの山谷の越え方
  59. 03. マスターズ2勝のバッバ・ワトソンが一人の人間として抱く夢
  60. 02. 全英オープン覇者、ジョーダン・スピースの強さの秘密
  61. 01. プロゴルファーも、お医者さまも?「らしさ」って、難しい

著者プロフィール

舩越園子 近影
舩越 園子(ふなこし そのこ)

ゴルフジャーナリスト

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。
百貨店、広告代理店勤務を経て1989年にフリーライターとして独立。93年渡米。

在米ゴルフジャーナリストとして新聞、雑誌、ウエブサイト等への執筆に加え、講演やテレビ、ラジオにも活動の範囲を広げている。

『王者たちの素顔』(実業之日本社)、『ゴルフの森』(楓書店)、『松山英樹の朴訥力』(東邦出版)など著書訳書多数。

アトランタ、フロリダ、ニューヨークを経て、現在はロサンゼルス在住。

最新の書籍紹介

『タイガー・ウッズ 復活の言霊』

タイガー・ウッズ 復活の言霊
Amazonで確認

復活劇の裏にあったウッズの想い
すべての人の心を打つ48のメッセージ

誰もが憧れる絶対王者として
君臨していたウッズ。
不倫騒動、くり返された故障と手術、
まさかの逮捕劇……と、
人生の風雨にさらされたウッズ。

子供たちと向き合い、自分を見つめなおし、
見事に復活優勝を果たしたウッズ。
どれもタイガー・ウッズだが、
彼の言葉を追い、紐解いていくことで
人間・ウッズの実像が見えてくる。

そして逆境を乗り越えるために 一番大事なものとは……。

バックナンバー
  1. ゴルフジャーナリストが見た、
    プロゴルファーの知られざる素顔
  2. 60. 母国を離れて戦うC・スミスの母国愛
  3. 59. コロナ禍の犠牲者のために尽くした素晴らしき選手
  4. 58. 親友が闘病しながら創設した財団を守り続けるプロゴルファー
  5. 57. 救った子供が未来を救う、だからこそ救いたい
  6. 56. 「みんなのハッピー」を目指す女子ゴルフのスター
  7. 55. バレステロスからラームへ、スペインのヒーロー誕生物語
  8. 54. マリア・ファッシは幸せを運ぶアンバサダー
  9. 53. 「小さな奇跡」を信じて戦う意味
  10. 52. クールなP・カントレーの温かい社会貢献
  11. 51. L・トンプソン流、ユニークな社会貢献
  12. 50. 母国への想いが奇跡を起こす!?
  13. 49. 無名の48歳の「好きな言葉」「嫌いな言葉」
  14. 48. B・デシャンボーの熱くて厚い義理人情
  15. 47. 絵を描き続ける「みんなのヒーロー」
  16. 46. 助けたからこそ、助けられたゴルフ人生
  17. 45. 夢を追いかけられる社会にしたい
  18. 44. 負けても笑顔を輝かせた意味
  19. 43. 優しく強くなったR・マキロイの社会貢献
  20. 42. ファンファーレで送り出したい全英チャンプ
  21. 41. 「僕はそういう僕でありたい」ビリー・ホーシェルの感謝と恩返し
  22. 40. チャールズ・ハウエルの恩返し
  23. 39. メジャー・チャンプの恩返し
  24. 38. 「思い出づくり」と「自転車づくり」
  25. 37. 米ツアーの黒人選手の「声」の力
  26. 36. スネデカーは「超ナイスガイ」!
  27. 35. 「世界を救うため」動いたジュニアゴルファー姉妹
  28. 34. それが「私の生きる意味」
  29. 33. 「いつかは、私が」と誓った物語
  30. 32. 亡き母の名を冠したマンモバンを走らせて
  31. 31. ケビン・ナの人気が静かに高まりつつある理由
  32. 30. ゴルフ界の「子育て」と「本当の女王」
  33. 29. 苦難を乗り越えた3世代の物語
  34. 28. 光が当たらなかった場所に光を当てる
  35. 27. 世界ナンバー1の「自分流」チャリティ
  36. 26. 「手作りゴルフ場」から出発したプロゴルファーの社会貢献
  37. 25. ゴルフ金メダリストが考える手作り感覚のチャリティ活動
  38. 24. 惜しみなく与える「DJ」の物語
  39. 23. 輝く未来を抱くチャンス
  40. 22. 帝王の優しき野望
  41. 21. 「パットの名手」は「チャリティの名手」
  42. 20. 「ケビン・キスナー」の名前と存在感
  43. 19. ゴルフの世界でも「類は友を呼ぶ」
  44. 18. ライオン・ハートのジョン・デーリー
  45. 17. 往年の名選手と名キャディからの贈り物
  46. 16. 「たった4勝」でも「メジャー無冠」でも、どんどん高まるリッキー・ファウラーの人気
  47. 15. ジャロード・ライルの36年の人生が残してくれたもの
  48. 14. 苦労したからこそ、若者たちを手助けしたいと動き出したトニー・フィノウ
  49. 13. 授かった幸運を不運な人々のために役立てたいと願うジム・フューリックと妻の社会貢献
  50. 12. 選手もキャディも主役になった日
  51. 11. タイガー・ウッズの真心のチャリティ
  52. 10. 闘病しながらチャリティにも精を出し、「とてもラッキー」と言い切る強さ
  53. 09. ベン・クレーンの終わりなき社会貢献
  54. 08. だから、アーノルド・パーマーは誰からも愛された
  55. 07. デービス・ラブの愛
  56. 06. 彼が国民的スターである理由
  57. 05. ゴルフより大切なものを知って強くなったプロゴルファー
  58. 04. アーニー・エルスの山谷の越え方
  59. 03. マスターズ2勝のバッバ・ワトソンが一人の人間として抱く夢
  60. 02. 全英オープン覇者、ジョーダン・スピースの強さの秘密
  61. 01. プロゴルファーも、お医者さまも?「らしさ」って、難しい