医者が知らない医療の話
このページをシェアする:
第44回

不老不死について

《 2021.05.10 》

 だいたい「不老」が話題になり出したのは「テロメア」が細胞の複製を規定し、それの長さを出来るだけ保つ、ないし伸ばすと老化が防止出来ると言われ出してからだ。しかし、その為には結局、運動、睡眠、食事などの健康的な生活しか無い、いわゆる「そんなのわかってるワイ!」的な結論になっていたから、もう一つ盛り上がらなかった。ところが、老化をコントロールしていると言われる、サーチュイン(sirtuin)遺伝子が発見され、これらの活性化を行う物質が提唱されてから俄かにブームが加速した。

 これの代表的なものがNMN(nicotinamide mononucleotide ニコチンアミドモノヌクレオチド)で、以前触れた中国の人がありがたがって大量購入していた、1ヶ月30何万円のサプリメントがコレだ。

 更に、ハーバード大学のシンクレア教授が「老化は病で治療できる。」「生物が老化する必然性は無い。」と主張されて、一気にブームになった。どの物質(薬剤も含む)をどのぐらい摂れば良いかも具体的に発表されている。又、もう一方の大家として、元ワシントン大の今井教授もNMNの若返り効果を発表されたりしている。以前登場した私の仲間の「研究者」も色々やっていたりして、私的にも非常に興味深い事と思う。

 しかし、ここで、ちょっと疑問が残る。本当に自然の摂理である「老化」に整合性が無いのだろうか? 細胞の「不老」つまり「不死」というと嫌でも「癌細胞」が思い浮かぶ。また、細胞の「若返り」ということは「幹細胞」の分化の過程の逆行という事になる。

 この辺の事も踏まえて考えてみたいと思うが、まず、「不老」の理屈から整理していこう。色々調べてる人には蛇足だが、何かよくわかってない人が多いので、お付き合いくださいね。

 まず、一言で「老化」と言うが、当然色々な要因がある。ところが、その大元を探れば一つの要因に絞られるというのだ。それが「長寿遺伝子」とも言われ、老化を制御している「サーチュイン(sirtuin)遺伝子」だ。この「サーチュイン(sirtuin)遺伝子」は細胞制御の源流になっており、DNA修復と生殖を調整している。

 その機序として、「サーチュイン(sirtuin)遺伝子」から生成されるタンパク質であり、名称も同じく「サーチュイン(sirtuin)酵素」と呼ばれる酵素がある。そしてこのサーチュイン酵素は「脱アセチル化酵素」とも呼ばれ、脱アセチル化作用を持つ。「脱アセチル化」とはヒストンなどのタンパク質からアセチル基を外すことをいう。アセチル基が外れるとDNAのヒストンへの巻きつきが強まり、DNAの情報が読み取れなくなる。つまりタンパク質を合成できなくなる。反対に「アセチル化」してアセチル基が結合すると、DNAの巻きつきが緩み遺伝情報が読めるようになり、タンパク質の合成が開始される。

 「サーチュイン(sirtuin)酵素」ひいては「サーチュイン(sirtuin)遺伝子」(ややこしいので以下「サーチュイン」とまとめる。)は、このようにして、必要に応じて遺伝子の複製を開始にしたり停止したりすることができるわけだ。それが故にサーチュインは「細胞を制御するシステムの最上流」に位置しているとされている。つまり、端的に言って、「老化」とはサーチュインの働きの低下のことを言う。さらに言えば、「不老」にはサーチュインを活性化させれば良い。勿論、他の要因も存在するが、「老化」を担う大きな要因であることは間違いない。

 一般的に、生体内の働きとして、サーチュインは、病気や飢餓などのストレスにさらされたときに生体に細胞の生殖よりも修復を優先する。 例として、病気になった野生の動物が物を食べずに(野生だから餌が獲れなくて食べれないのだが)、じっと寝ている事で回復するのも理にかなっている。むしろ、生存の為にそのように進化したのだろう。また、サーチュインは老化に伴う主だった疾患(癌、糖尿病、心臓病、アルツハイマー病、骨粗鬆症など)だけでなく、慢性炎症の亢進や細胞死を予防する働きがある。さらに、老化の大きな要因となるミトコンドリアの機能低下をも防ぐ。

 そしてサーチュインにはSIR T1(サーティワン)からSIR T7まで7種類のサーチュイン遺伝子がある。このうち特に重要と言われているのがSIR T1で、インスリンの分泌を促進し、糖や脂肪の代謝の改善、神経細胞の保護など、先ほど述べた老化に伴う疾患(糖尿病、心臓病、アルツハイマー病など)を予防するなど「老化」や「寿命」の規定に大きな役割を果たしている。

 次回は、具体的な「サーチュイン(sirtuin)」の活性の仕方について。

コラムの一覧に戻る

著者プロフィール

中川 泰一 近影Dr.中川 泰一

中川クリニック 院長

1977年関西医科大学卒業。1995年関西医科大学大学院博士課程修了。
1995年より関西医科大学附属病院勤務などを経て2006年、ときわ病院院長就任。
2016年より現職。


バックナンバー
  1. Dr.中川泰一の
    医者が知らない医療の話
  2. 45. 不老不死についてⅡ
  3. 44. 不老不死について
  4. 43. 若返りの治療
  5. 42. 「発毛」について II
  6. 41. 「発毛」について
  7. 40. ちょっと有名な名誉教授とのお話し
  8. 39. COVID-19と「メモリーT細胞」?
  9. 38. COVID-19の「集団免疫」
  10. 37. COVID-19のワクチン II
  11. 36. COVID-19のワクチン
  12. 35. エクソソーム化粧品
  13. 34. エクソソーム (Exosome) − 細胞間情報伝達物質
  14. 33. 新型コロナウイルスの治療薬候補
  15. 32. 熱発と免疫力の関係
  16. 31. コロナウイルス肺炎 III
  17. 30. コロナウイルス肺炎 II
  18. 29. コロナウイルス肺炎
  19. 28. 腸内細菌叢による世代間の情報伝達
  20. 27. ストレスプログラム
  21. 26. 「ダイエット薬」のお話
  22. 25. inflammasome(インフラマゾーム)の活性化
  23. 24. マクロファージと腸内フローラ
  24. 23. NK細胞を用いたCAR-NK
  25. 22. CAR(chimeric antigen receptor)-T療法
  26. 21. 組織マクロファージ間のネットワーク
  27. 20. 肥満とマクロファージ
  28. 19. アルツハイマー病とマクロファージ
  29. 18. ミクログリアは「脳内のマクロファージ」
  30. 17. 「経口寛容」と腸内フローラ
  31. 16. 腸内フローラとアレルギー
  32. 15. マクロファージの働きは非常に多彩
  33. 14. 自然免疫の主役『マクロファージ』
  34. 13. 自然免疫と獲得免疫
  35. 12. 結核菌と癌との関係
  36. 11. BRM(Biological Response Modifiers)療法
  37. 10. 癌ワクチン(樹状細胞ワクチン)
  38. 09. 癌治療の免疫療法の種類について
  39. 08. 食物繊維の摂取量の減少と肥満
  40. 07. 免疫系に重要な役割を持つ腸内細菌
  41. 06. 肥満も感染症? 免疫に関わる腸の話(2)
  42. 05. 肥満も感染症? 免疫に関わる腸の話(1)
  43. 04. なぜ免疫療法なのか?(1)
  44. 03. がん治療の現状(3)
  45. 02. がん治療の現状(2)
  46. 01. がん治療の現状(1)

 

  • Dr.井原 裕 精神科医とは、病気ではなく人間を診るもの 井原 裕Dr. 獨協医科大学越谷病院 こころの診療科教授
  • Dr.木下 平 がん専門病院での研修の奨め 木下 平Dr. 愛知県がんセンター 総長
  • Dr.武田憲夫 医学研究のすすめ 武田 憲夫Dr. 鶴岡市立湯田川温泉リハビリテーション病院 院長
  • Dr.一瀬幸人 私の研究 一瀬 幸人Dr. 国立病院機構 九州がんセンター 臨床研究センター長
  • Dr.菊池臣一 次代を担う君達へ 菊池 臣一Dr. 福島県立医科大学 前理事長兼学長
  • Dr.安藤正明 若い医師へ向けたメッセージ 安藤 正明Dr. 倉敷成人病センター 副院長・内視鏡手術センター長
  • 技術の伝承-大木永二Dr
  • 技術の伝承-赤星隆幸Dr