ミシガン州フリントの水汚染問題をクリエイティブに解決する(11:40)

ラトーヤ・ルビー・フレージャー(LaToya Ruby Frazier)
このページをシェアする:
対訳テキスト
講演内容の日本語対訳テキストです。
※映像と合わせてご覧になる方へ
自動スクロールはしませんので、映像に合わせてスクロールさせてご覧下さい。

2016年の事でした ミシガン州フリントの 水汚染問題をテーマにした フォトエッセイの制作を依頼されました フリントの水汚染は 2014年から続いています そこで私は 問題に日々直面している 3世代の女性に焦点を当てて 写真を撮るという構想の元 依頼を引き受けました

幸運なことに フリント市内を 案内してくれた2人の女性 芸術家、活動家で詩人の アンバー・ハッサンとシェイ・コッブとは 親友としてつき合うようになりました スクールバス運転手をしている シェイ・コッブと 彼女の母レネー 8歳の娘ザイオンが フォトエッセイの 中心人物となりました 私は シェイのスクールバス路線を 執拗なまでについて回りました 運転手の仕事がオフの日 シェイは ザイオンが勉強するところを 見守っていました 私はシェイの私生活に 深く入り込みました シェイがザイオンの通う 学校に案内してくれた時 水飲み場に こんな警告が 貼られていました 「汚染水 飲むべからず」 私は写真を撮ることが できませんでした このアメリカで かつて水飲み場に貼ってあった 「白人用」「黒人専用」という 張り紙が 現在では 「汚染水 飲むべからず」 となっているのを見て 心の底から揺さぶられました こんなことが許されて いいのでしょうか?

フリント市民は 飲料水も料理や入浴に使う水も ペットボトルの水を使うことを 余儀無くされています その一方で 死に至る病の原因となる レジオネラ属菌で汚染された水に 全国一高い水道料金を払っているのです

フリント行きは 自然な成り行きでした ペンシルバニア州ピッツバーグ郊外 ブラドック出身の私にとって 産業公害や細菌で汚染された水は あまりにも身近な問題だったからです 地元では 母も私も がんや紅斑性狼瘡といった 自己免疫疾患と戦ってきました 14年間に渡る私たちの共同作品 『The Notion of Family』を 制作した背景には 私たちが生き抜いてきた 環境レイシズムや 医療の不平等 規制緩和に乗じて USスチール社が 排出した化学物質により ブラドックの喘息患者数と乳児死亡率が 全米一高くなったことなど 様々な苦悩がありました モノンガヘラ川から フリント川に至る河川の状況を 公民権運動指導者デュボイスの 言葉を借りて言い表すとこうなります 「街と谷全体が この川を見捨てた 川は 下水溝やドブのように 廃棄物を流す場所として 使われている」

ゼネラル・モータース社は 何十年もの間 フリント川へ化学物質を 廃棄した主犯とされています 2016年8月のフォトエッセイ 『Flint is Family』は 今ではニュースで 取り上げらることもない フリントの水汚染が 収束には程遠い事を 国民に知ってもらいたくて 発表したのです もちろん 私が1作のフォトエッセイを 発表したくらいで 自動車の街フリントの住民は 救えないとわかっていました シェイとは お互いの母と祖母のこと そしてアンバーとは 紅斑性狼瘡との 戦いをきっかけに親睦を深めました 私たちは交流を続け 創作活動を継続していこうと決めました

2017年に シェイとアンバーが 共同で設立した「The Sister Tour」は フリント在住の芸術家が 安心して芸術活動を行える空間です 1年後 私は ここニューヨーク市 西127丁目にある ギャビン・ブラウンズ・ エンタープライズにて 個展『Flint is Family』を開催しました 訪れた人が建物の正面に近づくと 全長9メートルの看板が 目に入ってきます 3枚の巨大なカラーネガで 構成された看板は 「水は命です」と詠っています The Sister Tourが ネスレ社の 水用ペットボトルで書きました 世界最大の飲用水メーカーである ネスレは ミシガン湖の帯水層から 毎分1,500リットルもの水を ほとんどただで汲み上げています 同社はまた 何百万リットルもの水を カナダ先住民居留地から 汲み上げていますが そこに暮らす住民たちは 安全な水が確保できない状態にあります

これは The Sister Tourが 水汚染問題の現状を伝えるために 各地を回る資金を 調達する目的で制作した 募金キャンペーン作品です また 世間がこの問題を 注目し続けるように 問題発覚後の日数を記した旗を作り 全国の美術館に掲げました 去る6月に アンバーからメールがあり フリント市の水汚染問題調査で 過失致死を含む罪に問われていた 州および市の職員8名について ミシガン州司法長官が告訴を すべて取り下げたことを知りました

私は 政府がこの問題を解決するまで 呑気に待っている 場合ではないと思いました 正義は先延ばしされ 正義は拒絶されました 5年の月日が経った今も 私たちは 老若男女 全フリント市民に 正義がもたらされるのを待ち続けています アンバーに できることはないか尋ねました 彼女は プエルト・リコで知り合った モーゼズ・ウェストという 重量13トンの大気水発生器を発明した 男性について話してくれました アンバーは モーゼズを フリントの市議会議員らに会わせましたが 救済のため市に装置を導入する事に 興味を示した議員は皆無でした アンバー自ら 装置を テキサス州の米軍基地からフリントまで 持ってこなければならない状況でした フリント市民でそんなことができる 金銭的な余裕のある人はいませんでした 私の個展『Flint is Family』の収益と ロバート・ラウシェンバーグ財団からの 寛大な助成金を合わせたものを モーゼズ・ウェストに送ろうと 決めたのはこの頃でした

去る7月に モーゼズ・ウェストはフリント市街の マレンゴ通りとプラスキ通りの間 ノース・サギノー通りに面する ブロックに大気水発生器を設置し その装置は 現在も 同じ場所で稼働しています 市の中心部から4.8キロ離れた この地域では 学校は廃校になり 健康によい食品を扱うスーパーもなく 清潔な水さえ確保できないのです 世間的には この辺りは 治安の悪い 貧しい地域と見られています でも 私の目には 全く違って映ります

警察官で レンジャー部隊員 かつ退役軍人でもあるモーゼズは この水問題救済の使命に 確固としたビジョンを持っていました それは フリントの人たちに 清潔な水を無償で提供することです 彼は 装置の使い方 メンテナンス方法を教えてくれ 何より 装置を好きに利用していいと 言ってくれました 彼は 市内に住む皆に 家にある容器を全部持ってきて 水を溜められるだけ 溜めておくように 特に冬になる前に水を確保するよう 言いました 氷点下では 水が抽出できないからです この技術は 大型空気フィルターで 空気を吸い込むものです 機械の作用で結露を発生させ 1日に7,500リットルもの水を 生成します 住民は毎日 午前9時から午後8時まで 自由に装置設置場所に来て 好きなだけ水を汲んで良いので ペットボトルの水を求めて 長蛇の列に並ぶことから解放されます

私は 装置設置場所に行き 人々にインタビューしました 「この地域にとって モーゼズと 彼の発案した装置の意味とは?」 「清潔な水が手に入らない状態での 生活はどんな感じだったか?」 アリータはこう答えました 「神様が 私たちに清潔な飲料水を 与えるための知識と技術を モーゼズに賜ったことが 奇跡なのです」 彼女はまた 装置が設置される前は 激しい頭痛に悩まされ 汚染水摂取による胃部不快感のため 食べることもできなかたっと 語ってくれました ティナは 鉛に汚染された水のせいで 毛髪が抜け落ちたと言いました いつもは体に力が入らず 頭がクラクラしていたそうですが 装置の水を利用するようになってからは 力がつき 丈夫になったとのことです デイヴィッドは テキサスの人が 気にかけてくれたことを嬉しく思い 初めて装置の水を飲んだ時 こう思ったそうです 「これは 神が意図した 水のあるべき姿だ」 彼は 自営するバーベキュー屋台で 使うための水を 26リットル容器3つに給水します

創造性と団結をもって アンバー・ハッサン シェイ・コッブ テュクロー・セネガル 「The Sister Tour」 私自身 フリント市民 デクスター・ムーン モーゼズ・ウェストと大気水発生器は 45万リットルの清潔な水を無償で 提供することを可能にしました

(拍手)

フリント市民は清潔な水を手に入れる 権利があります 水は命です 水は私たちを病、死、絶滅から 守ってくれる命の源です 想像してみてください モーゼズの装置が ニュージャージー州ニューアークや 南アフリカ、インドといった場所に 利益目的でなく慈善目的で 設置されていたら 何百万人もの命が 救われていたのではないでしょうか

シェイとザイオンが はじめて きれいな水を口にした時 私はカメラにフィルムを入れ 焦点を合わせて シャッターボタンに 指を置きました シャッターを切った時 私は 深い喜びと正義の感情に 圧倒されました シェイに写真を何枚か送ると 彼女から連絡が来ました 「私の街に光を与えてくれたことに 改めてお礼を言います」 すぐに返事をして こう言いました 「光は ずっとあなたの中に 灯っていたのです」

私がフリントで写真を撮り始めて 4年が経ちますが ようやく善人にふさわしい正義を 写すことができました カメラはどんな暗闇からも 光を引き出し ネガティブ(陰画)を ポジティブ(陽画)に変えられます

ありがとうございました

(拍手)

  • テキストだけで読む
  • 元に戻す
このプレゼンテーションについて

アーティストのラトーヤ・ルビー・フレージャーは、ミシガン州フリント市で5カ月間過ごし、水汚染問題の被害を受けた人々の生活を写真に収め、フォトエッセイ『Flint is Family(フリントは家族)』として発表しました。でも水汚染が長引くにつれて、住民を救うには写真だけは足りないことに気づきます。この感動的で、驚くべき内容のトークで、フレージャーは、フリント市民に清潔な水を無料で提供するまでに辿った長い道のりについて話してくれます。

こちらもオススメ!

毛糸テロ(ヤーン・ボミング)がどのように世界中に広がったのか

マグダ・セイエグ

私には99の問題がある―脳性まひはその一つに過ぎない

メイスーン・ザイード

末期小児患者たちのための家からの物語

キャシー・ハル

文明が自らを滅ぼす方法と、それを避ける4つの道

ニック・ボストロム

オオジャコガイの知られざる魅惑的生態

メイ・リン・ネオ

テクノロジー企業に人文系が必要な理由

エリック・バーリッジ

世界の食料ムダ捨て事情

トリストラム・スチュアート

新生児の腸内微生物は生涯の健康にどのように影響するか

ヘナ・マリア・ウスィトゥパ

ドクターズゲートおすすめコンテンツ

Webセミナー
心房細動《動画》

わかりやすい!
すぐに役立つ心房細動に
ついてのレクチャー

by トーアエイヨー

腎臓
-慢性腎不全と透析-

腎臓の構造、機能低下と
透析についてスライドで
徹底解説!

by バクスター

がん患者さんとの
コミュニケーション

患者さんとのコミュニケ
ーションに役立つがん薬
物療法のポイントを解説

by 日本化薬

Top Oncologist
インタビュー

“くじ引き”の結果を
チャンスに変えた
乳腺外科の名医

by 大鵬薬品工業

動画一覧へ戻る

視聴数ランキング集計期間: 8/10~8/23

TED 最新15件