世界有数の著名建築物を生んだ鬼才(15:04)

レンゾ・ピアノ(Renzo Piano)
このページをシェアする:
対訳テキスト
講演内容の日本語対訳テキストです。
※映像と合わせてご覧になる方へ
自動スクロールはしませんので、映像に合わせてスクロールさせてご覧下さい。

建築は本当に素晴らしいものです それは間違いありません それは 建築が芸術だからです しかしちょっと変わった位置付けにある 芸術でもあります 芸術と科学の境界の 最先端にある芸術だからです 建築の肥やしは 毎日の生活の生き方 その原動となるのが必要性 素晴らしい 本当に素晴らしいものです そして建築家の人生も 同じように素晴らしいものです

建築家の生活では 朝10時には 詩人であることが必要です これは確かです ところが11時になると 人間主義にならなくてはいけません そうしないと方向性を見失います 正午になる頃には 建設業者にならなくてはなりません 自ら建物を建てられることが必要です 建築というのは 最終的には建物を作り上げる芸術だから 建築とは 人間の住処を 作るための芸術だから それに限ります これは決して簡単なことではありません 驚くような技です

これを見てください ここはロンドンです 「ザ・シャード」のてっぺんです 数年前に完成させたビルです 彼らは訓練を積んだ作業員で このタワーの最先端の部分を 組み立てています ロッククライマーのように見えますが 実際にそうなのです 引力に逆らっているわけですよね ちなみに 建築物も同じように逆らっています そんな人達を30人集めました この現場では1,400人以上の人達が 60ヶ国から集まりました 信じがたい話です 正に偉業です 1,400人以上の人が 様々な場所から集まったことは 正に偉業です 建設現場は偉業の証です これは違う現場です

ここで建設の話をしましょう 建設は現実界の冒険です 精神の冒険ではありません この男性は深海のダイバーです ロッククライマーから 深海のダイバーまでいます ここはベルリンです 1989年に壁が崩壊した後 東ベルリンと西ベルリンを結ぶ建物を ポツダム広場に建てました このプロジェクトには 5千人近くの人が関わりました 5千人近くもです これは日本での現場です 関西国際空港を建築しています ここでもロッククライマーを使いました 日本人です ビルを一緒に建てるということは 連帯感を育む最良の方法です 誇りも生まれます 誇りを持つことは不可欠です

もちろん建築が 建築が素晴らしいものになる 理由の1つです ところが更にもう1つ もっと素晴らしい理由があります 建築はコミュニティーのために 住居を作る芸術で 個人だけのためではなくー コミュニティーと社会全般のためにあります 社会は決して変化を止めません 世の中は常に変化しています そして人々は変化を受け容れ難いものです そして建築はその変化を反映した鏡です 建築はその変化を 建物という形で表したものです 変化を受け入れるのが これほど難しいのは 変化が冒険を生むからです 冒険が生まれ 建築は冒険となります

ここはパリのポンピドゥー・センターの かなり昔の姿です 時は1977年でした これはまるで パリの中心地に着陸した宇宙船でした 当時 私の冒険の友 リチャード・ロジャースと私は 若い反逆児たちでした 青臭い ワルたちです (笑) 1968年5月の反体制運動から 数年しか経っていませんでした だから私たちの建築も 反逆でした 純粋な反逆行為 この建物の基本となったアイデアは 文化建築物が威圧的な存在では ないことを表すこと 人々の好奇心を 掻き立てるべきであること それが文化施設を作り上げる基本です 好奇心は 文化的姿勢の始まりです

そこには広場がありますー ここに広場が見えます 広場は都市生活の出発点です 人々は広場で出会います そしてそこでお互いの経験を交流させます 様々な年齢層が交わります そうすることで何となく自然に その都市の本質が育まれます その後も私たちの事務所から 人々のための場所が沢山 生まれました

ここローマにはコンサートホール ここも人々のための場所です この建物の内部は 音が作りあげます わかるはずです 音との戯れです これは日本にある 関西国際空港です 時によっては 建物を建設するのに 島を作る必要があります そこで島を作りました このビルは1.6キロ以上の長さがあります まるで大きなグライダーが 地上に着陸するように見えます

ここはサンフランシスコです ここも人々のための場所です カリフォルニア科学アカデミーのビルです このビルの屋根には 地下水から水を汲みあげる代わりに 空気中の湿気で生育する植物を 何千も植えました この屋根は実際に生きている屋根です このビルはLEEDプラチナ認証が 与えられました LEEDとは 建築物のサスティナビリティーの 環境性能評価基準です これは この場所が長い年月の間 人々のための場所になることを表しています

これはニューヨークです ミートパッキング地区に建てられた 新しいホイットニー美術館です これも飛行機のような建物です ここも人々のための場所です この場所はアテネ ニアルコス財団文化センターです 財団の図書館であり 解放されたスペースで コンサートホールで 大きな公園でもあります この建物もLEEDプラチナ認証されています この建物の屋根が太陽のエネルギーを集めます

人々のための場所を建てるのは良いことです 図書館やコンサートホールを建て 大学や美術館を建てるのは良いことです 誰にもでも解放された いつでも利用できる 場所を作ることだから より良い世界のための建物であることは 確かです そしてもう1つ 建築を更に素晴らしいものにする 理由があります それは建築が 必要性や必需品に対応するだけではなく 願望にも応えられるからー そう願望です 夢や野心にも それが建築の役目です 世界一質素な小屋であっても その役目は屋根だけではありません 屋根以上の役割を持ってます 物語を語ります その小屋に住む人たちの アイデンティティーを語っています そこに住む個人たちの

建築とは物語を語る芸術です 例えばこのようにー ロンドンにある ガラスの塔「ザ・シャード」です このビルは西ヨーロッパで 一番高い建物です 300メートル以上そびえ立ち 新鮮な空気を呼吸します このビルの表面は傾いていて ロンドンの空を反射します 同じ景色は二度とありません 雨が降ると全てが青がかります 天気のいい夕べには全てが赤くなります 言葉ではうまく表現できませんが 私たちはビルの魂だと呼んでいます

この左の写真は 「メニル・コレクション」で かなり昔使われていました 美術館です 右の写真は「ハーバード美術館」です 2つのビルは共に光と戯れます 光は建築で一番重要な要素の一つです これはアムステルダムです このビルは水と戯れます これは私のオフィスですが 海に面しています ここでは仕事と戯れます ここで仕事するのを すごく楽しんでいます このケーブルカーで オフィスまで登ります

これはニューヨークの 「ニューヨーク・タイムズ本社ビル」です ここでは透明感との駆け引きを楽しんでいます 同じく光の存在 透明感の存在を感じます この左は日本にある「マジック・ランタン」 エルメスのビルで 東京の銀座にあります この中央の写真は森の中の修道院 修道院は静寂と森林との駆け引きです 博物館ー 科学博物館です これは浮上する概念が主旨となってます これはパリの中心地にあります 鯨の腹のなかです パリの「パテ財団」です これら全ての建物には 共通点があります それは何かが願望を そして夢を 追いかけていることです

これは私です

(笑)

私がヨットに乗っている様子です 風と戯れながら 特に写真をお見せする理由は無かったのですが

(笑)

ちょっと気取ってみました

でもハッキリしたことは一つあります 私はヨットに乗るのが大好きです そしてヨットをデザインするのも大好きです ヨットに乗るのが好きな理由は ゆっくりとした時間を象徴しているから そして 静けさとも それと宙に浮く感覚とも それとこの写真から もう一つ言えることが 私がイタリア人だと言うこと

(笑)

どうしても変えられない事実です

(笑)

私はイタリア人で 美が大好きです 美は大好きです

そこで一緒にヨットに乗りましょう あるところに連れて行きます ここです 太平洋のど真ん中です 「ジャン=マリー・チバウ文化センター」です カナック民族を称えた施設です ニューカレドニアのヌメアにあります この場所はアートの場所です アートと自然のための場所です 建物たちが風と戯れます 貿易風と戯れます 音を奏でます 建物も発言しているのです この写真を見せているのは 美の象徴だからです 純粋な美です

美について少し語りましょう 美は極楽鳥と同じように 捕まえようとした瞬間に 飛んで行ってしまいます あなたの腕は短すぎます でも美とはうわついた概念ではありません その反対です 私の母国語ーイタリア語ですが 「美」は「bello(ベッロ)」と言います スパイン語では「belleza (ベレザ)」 ギリシャ語では「kalos(カロス)」 これに「agathos(アガトス)」を続けると 「beautiful and good(美と善)」になります どの言葉でも「beautiful(美)」は ただ単に美という意味ではありません 「good(善)」という意味も持ちます

本物の美は目に見えないものが 目で見えるものと交わり 表面に現れること これはアートや自然界だけで起きる 現象ではありません 科学や人間の好奇心や連帯ー このような分野にも当てはまります それが理由で 「この人は素晴らしい (beautiful) 人だ」 「美しい心 (beautiful)」などと表現もします このような美は 人間を変える力を備えています 更に善良な人間へと 美を見る彼らの目に 特別な光を与えることで 美のための建物を作ることで 人が住む町の環境が 更に住み易い場所に変わります そうしてより優れた町からは より優れた市民も生まれます

この美ー この普遍的な美ー これは世の中を変えられる 数少ないものです 私の言葉を信じてください この美が世界の救いとなります 一人づつ働きかけながら 確実に成し遂げます

ありがとうございました

(拍手)

  • テキストだけで読む
  • 元に戻す
このプレゼンテーションについて

伝説的な建築家レンゾ・ピアノーロンドンの「ザ・シャード」、パリの「ポンピドゥー・センター」そして新しくオープンしたニューヨークの「ホイットニー美術館新館」等、印象深い代表作を生み出した巨匠が、自らのライフワークを辿る素晴らしい旅の案内をします。美しい画像を活用しながら、ピアノは建築で叶えられる私たちの夢、願望と美の追求について雄弁に解説します。「世の中に変化をもたらせることが可能な数少ないものが、普遍的な美」と、ピアノは説明します。「この美が世界を救います、一人づつに働きかけ、必ず成し遂げます」。

こちらもオススメ!

雲は気候変化の解明までの時間稼ぎに役立つのか?

ケイト・マーベル

独創的な人の驚くべき習慣

アダム・グラント

データの中に自分を見つけるには

ジョージア・ルピ

リンゴから耳を作るマッドサイエンティスト

アンドリュー・ペリング

細胞に命を吹き込む

デビッド・ボリンスキー

「パナマ文書」が暴いた世界的大問題—次にすべきことは何か

ロバート・パーマー

新しいアイデアが必要?では既知の領域の境界から始めましょう

ヴィットリオ・ロレート

爆発的に増大する医療データの視覚化

アンダース・インナーマン

ドクターズゲートおすすめコンテンツ

Webセミナー
心房細動《動画》

わかりやすい!
すぐに役立つ心房細動に
ついてのレクチャー

by トーアエイヨー

シニアレジデント
インタビュー

研修病院で活躍する後期
研修医が今の所属科目を
決めた理由とは?

by リンクスタッフ

脊柱側弯症手術の未来を
開いたスペシャリスト

脊椎・側彎症外科センター長
副院長 Dr.江原宗平
インタビュー。

by シーメンス・ジャパン

若手医師への提言

医療の第一線を走る
ドクターが自身の経験を
交えて若手医師に語る。

by リンクスタッフ

動画一覧へ戻る

視聴数ランキング集計期間: 2/26~3/11

TED 最新15件