Linkstaffが厳選する医療系プレゼンテーション!
輸血の歴史 ―ビル・シャット(4:29)

1881年、ウィリアム・ハルステッド医師が妹のミニーを助けるために駆け付けました。分娩後に大出血を起こしたのです。彼は素早く自分の腕に針を刺して採血し、妹に輸血しました。不安に満ちた何分かの後、妹は回復し始めました。この輸血はどうやって成功したのでしょうか?ビル・シャットが命を救う手段の歴史について説明します。

このページをシェアする:
※映像と合わせてご覧になる方へ
自動スクロールはしませんので、映像に合わせてスクロールさせてご覧下さい。

1881年 ウィリアム・ハルステッド医師が 妹のミニーを助けるために駆け付けました 分娩後に大出血を起こしたのです 彼は 素早く 自分の腕に針を刺し 採血し 妹に輸血しました 不安に満ちた何分かの後 妹は回復し始めました

それがどれだけ幸運なことか ハルステッドは知りませんでした 輸血が成功したのは 彼と妹の血液型が 偶然にも同じだったからです 近親者間であっても 血液型が同じという保証はありません

ハルステッドの時代には 血液型は発見されていませんでした 人々は何世紀にもわたって 輸血を試みてきましたが ほとんど成功しませんでした 1667年 ジャン・バティスト・デニという フランス人医師が 初めてヒトへの輸血を試みました デニは羊の血を アントワーヌ・モロワという 精神病と思われた男性に 輸血しました 彼の症状が軽減されるのを 期待したのです その後 モロワの精神状態は 良くなりました しかし 2度目の輸血の後に 発熱し 腰に激しい痛みと 腕に強烈な熱感が生じ そして尿は 濃く黒色でした

当時は誰も知りませんでしたが これらは 体内で起きた 危険な免疫反応の兆候だったのです この免疫反応は 自分自身の細胞と 侵入者の細胞を 区別する 「抗体」と呼ばれる タンパク質の産生から始まります 抗体は 侵入者の細胞膜に埋め込まれた 「抗原」と呼ばれるタンパク質を 認識するのです 抗体は抗原と結合し 外来の細胞を攻撃し破壊するよう 他の免疫細胞に信号を送ります

破壊された細胞は 尿として体外へ排出されます 極端なケースでは 細胞の大規模な分解によって 血流中に生じた血栓で 重要な臓器の血流が妨げられ 腎臓に負担がかかり 臓器不全となります 幸い デニの患者は その輸血を生き延びました しかし 異種間の他の輸血が 致命的であると判明してからは 輸血は ヨーロッパ全域で禁止され 数世紀もの間 顧みられませんでした

1901年 オーストリアの医師 カール・ラントシュタイナーが 初めて血液型を発見し ヒトからヒトへの輸血の成功における 極めて重要な一歩となりました 彼は 異種の血液が混ざり合うと 凝固することに気づきました これが起きるのは 抗体が 外来の抗原を持つ細胞と結合し 血球が凝集するためです しかし ドナーとレシピエントの 血液型が同じであれば ドナー細胞は 破壊の合図を受けず 凝集しません

1907年までに 医師は 輸血の前に 少量の血液を 混ぜて試すようになりました もし凝集しなければ 血液型が同じということです これによって 何千もの命を 救うことが可能となり 現代の輸血の 基礎が築かれました

この時まで すべての輸血は 2人の個人間で 直接的に リアルタイムで行われました なぜなら血液は 空気と接触すると ほぼ瞬時に 凝固し始めるからです これは 損傷後に過度の失血を防ぐ 防御メカニズムなのです

1914年 研究者たちは 化学物質のクエン酸ナトリウムが 血塊形成に要するカルシウムを取り除くことで 血液凝固を阻止することを発見しました クエン酸処理された血液は 後の使用のために保存できます これは 大規模な輸血を可能にする 第一歩となりました 1916年 2人のアメリカ人科学者が さらに効果的な抗凝固剤を発見しました 「ヘパリン」と呼ばれる物質で 凝固に必要な酵素を不活化します ヘパリンは こんにちも使われています

同じ頃 アメリカとイギリスの研究者たちが 持ち運び可能な装置を開発し 第1次世界大戦の戦場に ドナーの血液が運ばれました 新たに発見された ヘパリンと共に 医療従事者は リットル単位の血液を 安全に保管・保存し 負傷した兵士に輸血するために 直接 戦場に運びました

戦後 この単純で持ち運び可能な箱が ヒントとなり 現代の血液銀行ができました それは 世界中の病院で 欠かせないものとなっています

  • テキストだけで読む
  • 元に戻す
こちらもオススメ!

身の回りのものすべてがコンピューターになる

イワン・プピレフ

若い血液で若返る方法 — まさに文字通り

トニー・ウィス=コレイ

仕事を探しているなら、経歴ではなく力を示そう

ジェイソン・シェン

ロボットは大学入試に合格できるか?

新井紀子

HIVの危険な進化

エドセル・サルヴァーナ

どんな機器もハッキング可能

アビ・ルビン

私が刑務所で学んだこと―読むことと株の取り引き

カーティス・'ウォールストリート'・キャロル

水中洞窟の神秘の世界

ジル・ハイネス

ドクターズゲートおすすめコンテンツ

整形外科の現在(いま)を
伝えるBiomet Times

医療従事者を対象とした
会員制のウェブマガジン
臨床に役立つ情報を配信

by ジンマー・バイオメット

今さら聞けない!
AEDの正しい使い方

AEDを使用した救命の
手順を基本から詳しく
解説します。

by トーアエイヨー

名医たちの著書
Doctor's Books

スーパードクターたちの
著書やDVD、関連書籍を
集めました!

by リンクスタッフ

がん患者さんとの
コミュニケーション

患者さんとのコミュニケ
ーションに役立つがん薬
物療法のポイントを解説

by 日本化薬

動画一覧へ戻る

視聴数ランキング集計期間: 8/10~8/23

TED 最新15件