コラム・連載

2024.1.15|text by 石井 正

第9回 始まれば、必ず終わる

このページをシェアする:

第9回

始まれば、必ず終わる

《 2024.1.15 》

この教えはどなたからですか。

これは第2回の「迷ったら、やれ」でもご紹介した佐藤成先生です。
佐藤成先生は医局の先輩であり、現在は東北大学移植再建内視鏡外科の特命教授でいらっしゃいます。先日、旧第2外科のメンバーで、トロントで開かれた学会に行ってきたのですが、そこでもこの話になりました。
そして、この言葉はやはり医局の先輩であり、現在は相馬中央病院の院長でいらっしゃる標葉隆三郎先生もおっしゃっています。
手術をしていると、出血が止まらないなどで大変なときがあり、「どうしよう」「いつ終わるんだ」と心が折れかけたり、途方に暮れることがあります。途中で止めて帰るわけにもいきません。
佐藤先生はインストラクターとして手術に入ってくださっていたのですが、そういうときに「始まれば、必ず終わる」と励ましてくださったんです。その言葉を聞くと、「分かりました。まだ頑張れます」という気持ちになりました。
私だけでなく、旧第2外科のメンバーは移植などの時間が長くかかる手術も多く執刀しています。
例えば肝臓移植の場合はもともと肝臓が悪く、血が止まりにくい素因があるわけで、輸血や凝固因子を入れつつ、時間をかけて取り組んでいかなければいけません。
そういう手術に取り組んでいる医師もこの言葉に励まされているのだと思います。どんな困難なことがあっても、焦らず、前に進むことが大切です。
少しずつでも進めていけば何とかなるし、いつかは終わります。先輩方に「まあ頑張れよ」と言われているようで、本当に励まされる教えです。

災害現場ではこの教えはどのように活かされましたか。

東日本大震災のような規模の災害ですと、先が見えないんです。最初は瞬発力が必要ですが、そのあとは持久力が必要です。
東日本大震災は3月11日に発生し、ゴールデンウィークあたりになっても、まだ避難所もありましたし、全く先が見えませんでした。6月ぐらいになって、落ち着いてきましたね。一大事ですから、最初の1、2週間は「寝ないで頑張ります」みたいな、いわゆる火事場の馬鹿力のような力が働きます。
そのうち病院での急性期医療が一旦終わったのですが、避難所には医療が入らないような状況になりました。高血圧や不整脈といった持病がおありの方の薬がなくなったけれども、近隣の診療所は全て潰れてしまっていたり、支援の手もいつ終わるか分からないというときは「いつ終わるのか」と非常に辛かったです。
大きな災害であればあるほど、最初はお祭り騒ぎですが、その後が辛くなるのです。そういうときこそ、「始まれば、必ず終わる」と信じて、こつこつやっていくしかありません。「継続は力なり」と同じ意味ですね。

継続することは大切なのですね。

1センチでもいいから前に進んでいると、いつかは必ず何とかなります。
私が「疲れたからいいわ」と諦めると、組織が瓦解しますので、とにかく続けることを当時は目標にしていました。例えば、その日にあったことをエクセルに記録していくといったルーティンは毎日、継続していました。
リーダーとしての前線の災害医療コーディネーターにはどのような難題にも粘り強く取り組む逃げない心が必要です。周りはリーダーにその「覚悟」があるのかどうかをシビアに見ていますし、逃げ腰の人間には誰もついていかないのです。
だから、どのような状況になっても投げ出したり、諦めたりするべきではないと思います。

この教えはコロナ禍での対応でも活かされましたか。

コロナ禍でもマイルーティンを決め、毎日、その日のワクチン接種数、ホテルでの療養者数、ドライブスルーでの受診者数、支援してくれた医療スタッフ数などを全てデータ化して、記録しました。
そうすると記録として残りますので、月に1回の定期的な院内会議で報告することができます。そういうデータがあれば、院内のほかの診療科の協力を得やすくなるという効果もありました。
データがなければ「うちの科は忙しいんだ」と断られることもあるかもしれませんが、データを出すことで「そういうことなら協力しようか」という雰囲気になりました。
この裏にあったのはやはり「始まれば、必ず終わる」と信じて継続していくことが重要だという教えでした。

著者プロフィール

石井正教授 近影

著者名:石井 正

1963年に東京都世田谷区で生まれる。1989年に東北大学を卒業後、公立気仙沼総合病院(現 気仙沼市立病院)で研修医となる。1992年に東北大学第二外科(現 先進外科学)に入局する。2002年に石巻赤十字病院第一外科部長に就任する。2007年に石巻赤十字病院医療社会事業部長を兼任し、外科勤務の一方で、災害医療に携わる。2011年2月に宮城県から災害医療コーディネーターを委嘱される。2011年3月に東日本大震災に遭い、宮城県災害医療コーディネーターとして、石巻医療圏の医療救護活動を統括する。2012年10月に東北大学病院総合地域医療教育支援部教授に就任する。現在は卒後研修センター副センター長、総合診療科科長、漢方内科科長を兼任する。

日本外科学会外科専門医・指導医、日本消化器外科学会消化器外科専門医・指導医、日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア認定医・指導医、社会医学系専門医・指導医など。

石井正教授の連載第2シリーズは石井教授が新進の医師だったときに東北大学医学部第二外科(現 消化器外科)学分野(診療科:総合外科)で受けてこられた「教え」を毎月ご紹介していきます。

バックナンバー
  1. 地域医療を支えた東北大学病院の教え
  2. 10. 人生は全て修行だ
  3. 09. 始まれば、必ず終わる
  4. 08. 「そうすべきではないですか」ではなく「そうしましょうか」
  5. 07. まあ、診ますか
  6. 06. 手術はリズム、判断力、冷静さ
  7. 05. 世の中、いろいろだから
  8. 04. 求めなければ、何も得られない
  9. 03. 愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ
  10. 02. 迷ったら、やれ
  11. 01. シミュレーションできるくらい準備せよ

 

  • Dr.井原 裕 精神科医とは、病気ではなく人間を診るもの 井原 裕Dr. 獨協医科大学越谷病院 こころの診療科教授
  • Dr.木下 平 がん専門病院での研修の奨め 木下 平Dr. 愛知県がんセンター 総長
  • Dr.武田憲夫 医学研究のすすめ 武田 憲夫Dr. 鶴岡市立湯田川温泉リハビリテーション病院 院長
  • Dr.一瀬幸人 私の研究 一瀬 幸人Dr. 国立病院機構 九州がんセンター 臨床研究センター長
  • Dr.菊池臣一 次代を担う君達へ 菊池 臣一Dr. 福島県立医科大学 前理事長兼学長
  • Dr.安藤正明 若い医師へ向けたメッセージ 安藤 正明Dr. 倉敷成人病センター 副院長・内視鏡手術センター長
  • 技術の伝承-大木永二Dr
  • 技術の伝承-赤星隆幸Dr