更新情報

ドクターズゲートの配信する医療ニュースについて
このページをシェアする:
«      1   |   2   |   3   
  • 政府は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の対象区域に、大阪、京都、兵庫、愛知、岐阜、福岡、栃木の7府県を13日に追加する方針を固めた。複数の政府関係者が12日、明らかにした。すでに宣言を発令している東京など首都圏4都県をはじめ、感染悪化が著しい大都市圏を中心に感染防止策の強化を図りたい考えだ。菅首相は12日の政府・与党連絡会議で「大阪をはじめ、感染が大幅に拡大している地域があることを踏まえ、宣言の対象地域の拡大について検討に入る」と述べた。区域を追加した場合、宣言の期間はいずれも、首都圏4都県と同様に2月7日までとする方針だ。宣言は新型インフルエンザ対策特別措置法に基づくもので、首相は1月13日午後に専門家でつくる基本的対処方針等諮問委員会に対象区域の追加が妥当かどうかを諮問する。国会への事前報告を経て、首相が同日夜の政府対策本部で正式に発令する。その後、記者会見を開き、国民向けに説明する見通しだ。関西圏の追加は、大阪、京都、兵庫の3府県の知事が9日、医療提供体制の逼迫などを理由に政府側に要請していた。12日には愛知県の大村秀章、岐阜県の古田肇両知事が、新型コロナ対策を担当する西村経済再生相とのテレビ会議で両県を追加するよう要望した。このほか、栃木県の福田富一知事も12日、西村氏と電話会談し、栃木県を対象に加えるよう求めた。政府関係者によると、要請のあった6府県のほか、感染状況が悪化している福岡県も対象に加える方針で、政府は専門家の意見を踏まえて最終決定する考えだ。これに関連し、首相は12日、東京都の小池百合子知事ら首都圏4都県の知事と首相官邸で会談し、迅速に情報共有を行い、新型コロナ対策を検討していくために連絡会議を設ける方針で一致した。政府は、飲食店などへの営業時間短縮の要請に実効性を持たせるため、繁華街での見回りや呼びかけなどを実施することを知事に要請している。
  • 首都圏の3県で11日に確認された新型コロナウイルスの新規感染者は、いずれも月曜日としてこれまでの最多を大幅に更新した。3県ともこれまでの最多は、4日に確認されていた。神奈川県では、新たに695人の感染が確認された。4日の感染者は412人だった。川崎市の80歳代男性の死亡も発表された。千葉県は、新たに340人の感染が確認されたと発表した。4日は195人だった。埼玉県内では347人の感染が確認された。死者は1人だった。4日は243人だった。
  • 緊急事態宣言が発令された4都県では3連休中、繁華街の人出の減少幅は小さかった。スマートフォンなどの位置情報から滞在人口を推計するNTTドコモの「モバイル空間統計」によると、渋谷センター街周辺の11日午後3時の人出は、感染拡大前(昨年1月18日~2月14日の休日午後3時の平均)に比べ45・9%減少した。初日の9日は39・3%減、中日の10日も39・7%減で、変動は少なかった。横浜駅周辺では11日が28・3%減で、9日の16・7%減、10日の21・9%減からわずかに減った。
  • 【ワシントン=船越翔】米ジョンズ・ホプキンス大の集計によると、世界の新型コロナウイルスの感染者数が10日(日本時間11日)、累計で9000万人を突破した。死者数は約193万人に上る。1日あたりの新規感染者数は80万人前後で推移し、現在のペースだと今月下旬には累計感染者数が1億人を超える見通しだ。11日未明(同11日午後)時点の集計によると、国別の感染者数は米国が最多の約2240万人で、インド約1050万人、ブラジル約810万人と続く。英国では、感染力が強いとされる変異種の流行が止まらず、12月末から1日の新規感染者数が5万人を上回る。ロンドンを含むイングランド地方全域で4日から3度目のロックダウン(都市封鎖)が始まったが、10日の新規感染者数も約5万5000人に達した。変異種は日本や米国などでも確認され、各国が警戒を強める。欧米など一部の国ではワクチン接種が始まったが、各国の思惑通りには進んでいない。12月末までに2000万人の接種を計画していた米国では、医療機関の人手不足などから1回目の接種を終えたのが8日時点で約670万人にとどまる。
  • 千葉県は11日、いすみ市の養鶏場で検出された高病原性鳥インフルエンザが遺伝子検査で確定したとして、約114万5000羽の殺処分を始めたと発表した。県は同日、陸上自衛隊に災害派遣を要請した。10日に鶏舎1棟で鶏5羽が死んでいるのが見つかり、簡易検査で陽性が判明していた。同市内では昨年末、別の養鶏場の鶏から高病原性のH5N8亜型ウイルスが検出され、約114万羽が殺処分された。
  • 政府は、新型コロナウイルスの感染が拡大する大阪、京都、兵庫の関西3府県について、新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の対象区域に追加する方向で調整に入った。すでに宣言を発令している東京など4都県に加える形で、13日にも発令する見通しだ。菅首相は11日、首相公邸で田村厚生労働相や西村経済再生相、加藤官房長官らと関西3府県の感染状況を確認し、発令の必要性について協議した。政府高官は「宣言発令で3府県の対策に実効性を持たせる必要がある」と述べ、発令する方針を明らかにした。3府県の知事は9日、新型コロナ対策を担当する西村氏に発令を要請していた。政府は、近く専門家でつくる基本的対処方針等諮問委員会の意見を聞き、正式に発令を決定する予定だ。3府県の感染状況は深刻さを増している。大阪府の新規感染者数は今月8日に過去最多の654人となり、10日まで5日連続で500人を超えた。重症病床使用率は71・6%(11日時点)に達し、病床の 逼迫ひっぱく が続く。兵庫県も9日に過去最多の324人の感染を確認した。緊急事態宣言は昨年4~5月以来で、東京都と埼玉、千葉、神奈川県を対象に8日~2月7日の期間で再発令されている。愛知県の大村秀章知事は11日、民放番組に出演し、12日にも岐阜県とともに緊急事態宣言の発令を政府に要請する考えを示した。政府は3府県と合わせて慎重に検討する方針だ。
  • 国内の新型コロナウイルスの新規感染者は11日、45都道府県と空港検疫で、計4875人が確認された。厚生労働省によると、11日午前0時時点の重症者は前日より12人多い864人で過去最多を更新した。死者は48人だった。東京都内では新たに1219人の感染が判明し、1週間連続で1000人超となった。年代別では、20~30歳代が560人で全体の45%に上った。重症者は131人で、これまでの129人を上回り、過去最多となった。大阪府では11日、新たに480人の感染を確認。500人を下回るのは6日ぶりだが、死者は都道府県で最も多い7人だった。北海道では135人の感染がわかった。札幌市は、北海道庁で職員計10人の感染が確認され、クラスター(感染集団)に認定したと発表した。市と道によると、10人はいずれも農政部に所属。一般の来庁者とは接していないという。
  • 【ワシントン=船越翔】米国のバイデン次期大統領は11日、米製薬大手ファイザーが開発した新型コロナウイルスワクチンの2回目の接種を受け、その様子をオンライン中継などで公開した。ファイザーのワクチンは3週間間隔で2回の接種が必要で、バイデン氏は先月21日に初回の接種を受けていた。バイデン氏は地元デラウェア州の病院で注射で投与された後に「私の最優先事項は、人々の腕にワクチンを接種することだ」と語り、接種の拡大を急ぐ方針を強調した。バイデン氏は20日の新政権発足後から100日間で1億回のワクチン接種を目指している。米政府は昨年末までに2000万人に接種する予定だったが、11日時点で初回接種を終えたのは約900万人にとどまる。オハイオ州で医療関係者がワクチンへの不安から接種を拒んだケースもあり、不信感の払拭が大きな課題となっている。
  • 人気グループ、関ジャニ∞の横山裕さん(39)が新型コロナウイルスに感染したことが4日、分かった。所属するジャニーズ事務所の公式サイトで発表された。3日午前、38度の発熱とのどの痛みがあり、PCR検査を行った結果、陽性が確認された。他のメンバーは陰性だったという。
  • 首都圏3県で4日に確認された新型コロナウイルスの新規感染者は、いずれも月曜日として最多を更新した。神奈川県では新たに412人確認された。月曜日に発表される感染者数としては12月28日の334人を上回り、最多となった。また、60~80歳代の男女5人が死亡した。埼玉県では243人の新型コロナウイルスの感染が確認された。千葉県は、県内で新たに195人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。
«      1   |   2   |   3