コラム・連載

内藤証券中国部のキーマンが見た「中国株の底流」

はじめに~世界の金融市場の“特異点”に光を当てる

2017.2.5|text by 千原 靖弘(内藤証券中国部 情報統括次長)

このページをシェアする:
はじめに

「中国株」という日本語の言葉は、1990年代に誕生した。そのころの中国株は、一部の投資家が知っている程度の“ちっぽけな存在”でしかなかった。1989年の天安門事件から日も浅く、中国株という言葉にリスキーな印象を受けた人もいただろう。

中国経済は1990年代から高成長が続き、それを伝えるニュースも増えた。2000年代に入ると中国株を売買する日本人投資家も大幅に増加し、証券会社主催の勉強会やセミナーが賑わった。それでも中国株は“知る人ぞ知る”という程度のものだった。

その中国株が世界を揺るがしたのは2007年2月27日。上海総合指数が前日比で8.8%安となり、それをきっかけに世界同時株安が起きた。初めての中国発の世界同時株安に、多くの投資家が戦々恐々となった。“わけの分からない国のわけの分からない株式”が世界を混乱に陥れたのだから。

世界の株式市場に影響を及ぼし始めた中国株だが、それは悪いことばかりでもない。2008年9月19日の朝方に上海市場のほぼ全銘柄がストップ高となった。上海総合指数の日中足は、心停止状態の心電図のような横一直線となり、前日比9. 5%高を記録。世界同時株高となった。

“ちっぽけな存在”だった中国株が、わずか十数年で世界を揺るがす存在となってしまった。これだけの影響力を持つにもかかわらず、中国株は今日でも“わけの分からない国のわけの分からない株式”というイメージが拭えない。あたかも世界の金融市場の“特異点”のようになってしまっている。だが、それが世界に影響を及ぼしている以上、無視することはできない。

この“特異点”の奥底には、日本から見えない流れがある。その“底流”に光を当てるのが、今回から始まる連載だ。

そもそも中国株とその市場は、成り立ちからして特異。現在でも世界に類のない極めて特殊な株式と証券市場だ。その底流は長い年月と様々な出来事を経て形成された。

そこで、中国株とその市場の誕生から振り返り、どのようにして今日のような姿になったのかを見ていこう。そこにある様々な物語を見れば、中国株とその市場だけではなく、その背後にある中国の人々と国家の本当の姿が浮かんでくるだろう。

平成29年正月吉日
内藤証券中国部 情報統括課長 千原靖弘

バックナンバー
  1. 内藤証券中国部のキーマンが
    見た「中国株の底流」
  2. 22. 欲望、腐敗、流血 NEW!
  3. 21. 悪意の萌芽
  4. 20. 文化広場の株式市場
  5. 19. 大暴れした上海市場
  6. 18. ニーハオ!B株
  7. 17. 上海市場の株券を回収せよ!
  8. 16. 深圳市場を蘇生せよ!
  9. 15. 上海証券取引所のドタバタ開業
  10. 14. 半年で取引所を開業せよ!
  11. 13. 2度も開業した深セン証券取引所
  12. 12. 2人の大物と日本帰りの男
  13. 11. 株券狂想曲と中国株の存続危機
  14. 10. 経済特区の株券
  15. 09. “百万元”と呼ばれた男
  16. 08. 鄧小平からの贈り物
  17. 07. 世界一小さな取引所
  18. 06. こっそりと開いた証券市場
  19. 05. 目覚めた上海の投資家
  20. 04. 魔都の証券市場
  21. 03. 中国各地の暗闘者
  22. 02. 赤レンガから生まれた中国株
  23. 01. 中国株の誕生前夜
  24. 00. はじめに

著者プロフィール

千原 靖弘 近影千原 靖弘(ちはら やすひろ)

内藤証券中国部 情報統括次長

1971年福岡県出身。東海大学大学院で中国戦国時代の秦の法律を研究し、1997年に修士号を取得。同年に中国政府奨学金を得て、上海の復旦大学に2年間留学。帰国後はアジア情報の配信会社で、半導体産業を中心とした台湾ニュースの執筆・編集を担当。その後、広東省広州に駐在。2002年から中国株情報の配信会社で執筆・編集を担当。2004年から内藤証券株式会社の中国部に在籍し、情報配信、投資家セミナーなどを担当。十数年にわたり中国の経済、金融市場、上場企業をウォッチし、それらの詳細な情報に加え、現地事情や社会・文化にも詳しい。