更新情報

このページをシェアする:
«      1   |   2   |   3   
  • 体内の免疫を活性化させてがんを治療する「オプジーボ」などの新薬が効きにくいがんの増殖を、別の仕組みで抑え込むことに、マウスを使った実験で成功したと、京都大の秋吉一成教授(高分子化学)らのチームが発表した。12日の米医学誌電子版に論文が掲載された。がんは患者の体内で、免疫細胞の攻撃を巧みにかわして増殖する。オプジーボは昨年のノーベル生理学・医学賞を受賞した 本庶佑・京大特別教授の研究を基に開発された。一部の患者には劇的な効果があるが、その割合は2~3割とされる。チームは、オプジーボが効きにくい患者の免疫細胞が、がんを見つけ出す能力を失っていることに着目。がんの「目印」となるたんぱく質の断片を、がん組織に取り込まれやすい微小な粒子に入れ、がんを発症したマウス約10匹に注射した。さらに、目印と反応してがんを攻撃する免疫細胞を加えたところ、がん細胞が増殖しなくなり、完全に消えたマウスもいた。目印と免疫細胞のいずれか一方だけを加えても効果はなかった。チームの村岡大輔・長崎大准教授(腫瘍免疫学)は「オプジーボが効かないがんでは、今回の方法が有効かもしれない」と話す。日本がん免疫学会理事長の河上裕・慶応大教授の話「新たな治療の選択肢になりうる。人間でどれほど効果があるかを慎重に調べてほしい」
  • 大阪市保健所は11日、あべのハルカス近鉄本店(阿倍野区)のバレンタインフェア会場で働いていたアルバイト店員の20歳代女性2人が、麻疹(はしか)を発症したと発表した。2人は販売を担当しており、保健所は不特定多数の客と接触した可能性があるとして、注意を呼びかけている。近鉄本店は12日、2人が働いていた会場内の2店舗の営業を中止した。フェア自体は中止せず、14日の最終日まで行う。12日時点で客から発症したとの報告はないとしている。市保健所によると、2人は今月3、5、8日に近鉄本店ウイング館9階で開かれたフェアでそれぞれ別の店で勤務。いずれも勤務時に発熱の自覚症状があり、10日に麻疹と判明したという。麻疹は感染力が強く、潜伏期間は10日前後とされる。
  • 認知症と腸内細菌の構成が強く関連しているとする研究結果を、国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)などのチームが発表した。論文は英科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。チームは2016年3月~17年3月、同センターのもの忘れ外来を受診した認知症患者34人(74~82歳)と、認知症でない94人(68~80歳)の便に含まれる細菌の種類を比較した。その結果、腸にすみついているバクテロイデスという細菌は、認知症でない人の45%から検出されたのに対し、認知症患者からは15%にとどまるなど、両者の腸内細菌の構成は大きく異なることが分かった。腸内には数百から1000種類の細菌が生息しているとされ、年齢や食事などで構成は変化するという。腸内細菌の状態によって、認知症のリスクを高める可能性があることが、今回の研究で示されたとしている。同センターのもの忘れセンター副センター長・佐治直樹さんは「食事で腸内細菌の構成を整えることで、認知症を抑えられるようになることも考えられる」と話しており、認知症と腸内細菌の関係をさらに調べるとしている。
  • 今年1月に過去20年で最多を更新したインフルエンザの患者数はようやく減少に転じたが、流行は依然続いている。A型の2種類が同時流行したことで感染者を増やしたとみられ、専門家は「今はA型の中でも高齢者が重症化しやすいA香港型が優勢になっており、流行のピークを越えても十分に警戒を」と呼びかけている。

    「ひと冬にA型に2回かかることがあるんですか?」

    長女(5)の感染を疑い、かかりつけ医を受診した大阪市内の女性(34)は4日夜、検査結果を聞いて耳を疑った。長女はつい1か月前にもインフルエンザの「A型」と診断されていたからだ。女性は「可能性はあると聞いていたが、まさかわが家で起きるとは」と驚く。診察した冨吉医院(同市阿倍野区)の冨吉泰夫院長は「あまりないケースのはずだが、今季は同様の患者がほかにもいる。1度かかった人も油断せず、人混みをなるべく避け、手洗いを徹底してほしい」と話す。国内で流行するA型には二つのタイプがある。一つは2009年に新型として世界で大流行した「H1N1型」、もう一つは1968年以降、流行を続ける「A香港型」だ。このほかB型も2種類ある。東北大の押谷仁教授(ウイルス学)は「今季はA型の二つが勢いよく広がっており、流行の規模を大きくしている」と分析する。ここ数年でみると、2014~15年はA香港型、15~16年はH1N1型、16~17年はA香港型と交互に流行してきた。押谷教授は「前季流行した型は、多くの人が一定の免疫を得ているとされる。このため翌シーズンは別の型がはやり、同時流行は起きにくいと考えられてきた」と説明する。その形が昨季(17~18年)は崩れ、A型2種類とB型1種類がほぼ均等に表れた。「詳しい原因は不明だが、昨季は典型的な流行パターンにならず、A型が2種類とも大きく広がらなかった。結果的に免疫を持つ人が少なくなり、今季の同時流行を招いたのではないか」と推測する。

              ◇
    【インフルエンザの患者数】国立感染症研究所によると、全国約5000か所の定点医療機関から報告された1週間の患者数は、1月21~27日に1施設あたり57・09人となり、現行の調査が始まった1999年以降で最多を記録した。 直近1週間(1月28日~2月3日)は43・24人で、近畿や中四国では、徳島県(39・84
  • 大阪大病院は8日、病気で小腸の大半を失った東京都内の30歳代男性に昨年10月、脳死の30歳代女性から提供された小腸を移植し、今年1月に退院したと発表した。小腸移植が昨年4月に保険適用されてから3例目で、成人では初めて。男性は2010年3月、都内の病院で潰瘍性大腸炎の手術を受けた後、合併症を起こして小腸の大部分を切除した。食べ物を消化、吸収する小腸の機能が失われたため8年半にわたって食事で栄養をとれず、点滴に頼ってきた。この日、阪大病院で記者会見した男性は、臓器提供者への感謝を述べ、「普通にご飯を食べることが、生きるために大切だと深く実感している。これから社会貢献したい」と語った。小腸移植は国内30例目で、主治医の上野豪久講師は「移植後の経過は順調だ。小腸移植は保険適用後もあまり認知されておらず、必要な患者にこの治療を知ってもらいたい」と述べた。
  • 製薬大手のファイザーは8日、高血圧症治療剤の一部に発がんの可能性のある物質が含まれていたとして、アムバロ配合錠「ファイザー」約76万4000錠を自主回収すると発表した。対象は昨年12月3日から今年1月23日までに出荷された製品の一部で、使用期限は2021年の4月か7月。問い合わせは専用ダイヤル0120・281・787。
  • 島根県浜田市の刑務所「島根あさひ社会復帰促進センター」で1月以降、受刑者68人と職員74人の計142人がインフルエンザに集団感染していたことがわかった。重症者はいないという。センターによると、1月に入ってから職員に症状がみられるようになり、その後、受刑者にも拡大。2月に患者数が急増した。全員がインフルエンザA型だった。
  • 小児がん診療の中心的役割を担う「小児がん拠点病院」について、厚生労働省の検討会は7日、2019年度から指定する15か所を選定した。静岡県立こども病院(静岡市)が新たに加わり、大阪母子医療センター(大阪府)が外れる。小児がん拠点病院の見直しは13年に整備されて以降、初めて。AYA(アヤ=思春期・若年成人)世代のがん患者への支援体制などを踏まえて選んだ。各拠点病院は3月中にも、連携して治療する「小児がん連携病院」を指定する。小児がんは年間2000~2500人が発症するとされる。
  • 香港の英字紙サウスチャイナ・モーニングポスト(電子版)は6日、上海の大手国営医薬品会社が製造し、中国国内の医療機関に出回った血液製剤約1万2230本が、エイズウイルス(HIV)に汚染されている可能性があると報じた。報道によると、国家衛生健康委員会は5日付で、医療機関に対してこの製剤の使用を一時中止するよう通知を出した。これまでにこの製剤を使用した人について、エイズウイルスへの感染例は報告されていないという。
  • 厚生労働省は6日、今年10月に予定されている消費税率10%への引き上げに伴い、医療機関に支払われる初診料(現在2820円)を60円、再診料(同720円)を10円それぞれ引き上げることを決めた。同日開かれた中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)に示し、大筋で了承された。引き上げにより、10月以降は患者の窓口負担が増える。3割負担の患者の場合、初診料が18円増の864円、再診料は3円増の219円となる。入院基本料なども引き上げられる。保険医療機関の医療費は非課税となっており、医療機器などを仕入れる際に負担する消費税を医療費に転嫁できない。このため、診療報酬を増額して補充する。2014年に消費税率が8%に引き上げられた際は、医療機関に支払われる初診料は120円、再診料は30円それぞれ引き上げられた。
«      1   |   2   |   3