コラム・連載

ゴルフジャーナリストが見た、プロゴルファーの知られざる素顔

無名の48歳の「好きな言葉」「嫌いな言葉」

2021.7.15|text by 舩越園子

このページをシェアする:

今年の全米オープンはスペイン出身の26歳、ジョン・ラームが大混戦を制してメジャー初優勝を挙げ、大いに盛り上がった。

難コースのトーリー・パインズでは初日からスター選手たちによる熱戦が繰り広げられ、文字通り、最後の最後まで誰が勝つかわからない接戦だったが、2日目が終わったとき、リーダーボードの最上段にあったのは見慣れない名前だった。

英国出身のリチャード・ブランド。無名の新人かと思ったが、シニア入りが迫る48歳という年齢を知って驚かされた。全米オープンを主催するUSGA(全米ゴルフ協会)によれば、2日目終了時点での48歳の首位は、大会史上最年長とのこと。

ゴルフのメジャー大会の世界では、今年5月にフィル・ミケルソンが50歳で全米プロを制し、メジャー最年長優勝を果たしたばかりゆえ、48歳のブランドが全米オープンを制する可能性は十分にある。

とはいえ、ブランドは米ゴルフ界では、まったくの無名。欧州ツアーでは「最も安定的なベテランプレーヤー」と呼ばれている。だが、「最も安定的」とは、彼が20年以上もの間、欧州ツアーと下部ツアーのチャレンジツアーに居続けている「常連」の存在という意味であって、安定的に好成績を挙げているとか、安定的にランキングの上位に付けているという意味ではない。

ブランドとは、一体、どんな選手なのか。一気に興味が沸いた。

好きな言葉は?

1996年にプロ転向し、欧州ツアーの下部ツアーであるチャレンジツアーからキャリアをスタートしたブランドは、Qスクール(予選会)を勝ち抜いて一軍の欧州ツアーに昇格しては、シード落ちして再び下部ツアーへ転落。そして再び欧州ツアーへ這い上がることを繰り返しながら、実に20年以上の歳月を欧州のプロゴルフ界で過ごしてきた。

「これまで、どれだけ予選落ちを繰り返してきたことか。でも私は決して諦めず、ハードワークを続けてきた。サインや握手も、求められれば、いくらでも応えてきた。なぜか?いつか必ず勝てると信じていたから」

実際、その「必ず」は、今年5月についに実現した。欧州ツアーのブトフレッド・ブリティッシュ・マスターズで、ブランドは生涯478試合目にして悲願の初優勝を遂げ、同ツアー史上最年長の初優勝者となった。

その後、さらにデンマークの大会でも3位に食い込み、今年の全米オープン出場資格を手に入れた。

48歳にして、メジャー大会への出場は生涯わずか4回目。だが、初日70で好発進を切ると、2日目に67の好スコアをマーク。首位タイに浮上し、米国の晴れ舞台で生まれて初めて眩しいスポットライトを浴びた。

「このトーリー・パインズは一目見たときから、『プレーできる、いける』と感じた」

長年の間、「売れないプロ」「稼げないプロ」だったこともあり、10年以上前に妻と別れ、以後は独身の身だ。

「家族のため、生活のためにゴルフを諦めた選手をたくさん見てきたが、私はひたすらゴルフをやり続けるのみだ」

結んでいるスポンサー契約はきわめて少なく、帽子契約もないため、全米オープン出場が決まったとき、英国の地元のホームコースであるウィスレイ・クラブが「全米オープンを戦うときのために」と同クラブのロゴ入りキャップを10個、進呈してくれた。ブランドは、そのキャップを被ってトーリー・パインズを戦い、2日目に首位へ浮上した。

しかし、3日目は77と崩れ、最終日は78とさらに崩れて50位タイに甘んじた。72ホール目に短いパーパットがカップに蹴られ、グリーン上に残ったボールをブランドは唇を噛み締めながら見つめ、悔しそうにボギーパットを沈めた。そうやって彼の全米オープン4日間は幕を閉じた。

もはや、そんなブランドに視線を向けるギャラリーは激減し、人々の興味はスター選手ばかりが勢揃いしていた優勝争いに注がれていた。だが、それでもブランドは気丈な姿勢を崩さなかった。

「いい1週間だった。最初の2日間は夢のようだった。決勝2日間は少々残念だった。でも、前半2日間を後半2日間より多く記憶にとどめればいい」

ブランドの好きな言葉は「決して諦めない。決してやめない」なのだそうだ。

嫌いな言葉は?

なぜ、ブランドはそんなにも前向きでいられるのか。なぜ、四半世紀以上もの間、1勝も挙げられなくても、ゴルフをやり続けられたのか。

最大の理由は「ゴルフが大好きだから」。そして、もう1つの理由は「大好きなゴルフで社会の役に立ちたいから」だと彼は言った。

2017年。ブランドの兄ヒースが風邪を引いた。正確には「風邪のような症状だった」。その症状は、みるみる悪化していき、病院に連れていったら、そのまま入院となった。

そして、兄の心臓は数秒間、停止。鼓動は再開したが、それから数週間、意識不明となって生死の境をさまよい続けた。

「あのとき、私にとっての最優先はゴルフではなくなった。一番大事なのは、兄の命、兄の健康だった。欧州のゴルフ関係者やゴルフファンが、兄のために寄付を集めるチャリティ・イベントを開いたり、クラウドファンディングを立ち上げたりしてくれたことは心底ありがたく、うれしかった。ゴルフ界に身を置いていたからこそ、そういう応援や恩恵をもらうことができた。だから、私はゴルフに感謝し、いつか私もゴルフで社会に恩返しをしたいと思った」

やがて兄ヒースは意識を取り戻し、その年のクリスマスに兄弟揃ってパーティーに出席した際の写真がSNS上で披露されると、心配していた人々は、ほっと胸を撫で下ろしたのだそうだ。

以後、ブランドは、たとえ勝てなくても、下位続きで大きな賞金を稼げなくても、下部ツアーに転落したときでさえも、1バーディーを獲るたびに小さな寄付をする活動を、ひっそりと行ない続けている。

寄付をする先は、傷病に苦しむ子どもたちを救う福祉団体や小児病院など多岐にわたるそうだが、今年の全米オープンに出場したときは、南アフリカの密漁反対を唱える団体への寄付を一人で集めていた。

「だって、私が嫌いな言葉は3パットと動物虐待だからね」

大真面目だが、どこかユーモラス。48歳で全米オープンを制することは叶わなかったが、「もうすぐシニアでメジャー優勝を目指すことができる」。

なるほど。ブランドが好きな言葉は「決して諦めない、決してやめない」だったことを、あらためて思い出した。

次回は8月15日公開予定!

バックナンバー
  1. ゴルフジャーナリストが見た、
    プロゴルファーの知られざる素顔
  2. 49. 無名の48歳の「好きな言葉」「嫌いな言葉」
  3. 48. B・デシャンボーの熱くて厚い義理人情
  4. 47. 絵を描き続ける「みんなのヒーロー」
  5. 46. 助けたからこそ、助けられたゴルフ人生
  6. 45. 夢を追いかけられる社会にしたい
  7. 44. 負けても笑顔を輝かせた意味
  8. 43. 優しく強くなったR・マキロイの社会貢献
  9. 42. ファンファーレで送り出したい全英チャンプ
  10. 41. 「僕はそういう僕でありたい」ビリー・ホーシェルの感謝と恩返し
  11. 40. チャールズ・ハウエルの恩返し
  12. 39. メジャー・チャンプの恩返し
  13. 38. 「思い出づくり」と「自転車づくり」
  14. 37. 米ツアーの黒人選手の「声」の力
  15. 36. スネデカーは「超ナイスガイ」!
  16. 35. 「世界を救うため」動いたジュニアゴルファー姉妹
  17. 34. それが「私の生きる意味」
  18. 33. 「いつかは、私が」と誓った物語
  19. 32. 亡き母の名を冠したマンモバンを走らせて
  20. 31. ケビン・ナの人気が静かに高まりつつある理由
  21. 30. ゴルフ界の「子育て」と「本当の女王」
  22. 29. 苦難を乗り越えた3世代の物語
  23. 28. 光が当たらなかった場所に光を当てる
  24. 27. 世界ナンバー1の「自分流」チャリティ
  25. 26. 「手作りゴルフ場」から出発したプロゴルファーの社会貢献
  26. 25. ゴルフ金メダリストが考える手作り感覚のチャリティ活動
  27. 24. 惜しみなく与える「DJ」の物語
  28. 23. 輝く未来を抱くチャンス
  29. 22. 帝王の優しき野望
  30. 21. 「パットの名手」は「チャリティの名手」
  31. 20. 「ケビン・キスナー」の名前と存在感
  32. 19. ゴルフの世界でも「類は友を呼ぶ」
  33. 18. ライオン・ハートのジョン・デーリー
  34. 17. 往年の名選手と名キャディからの贈り物
  35. 16. 「たった4勝」でも「メジャー無冠」でも、どんどん高まるリッキー・ファウラーの人気
  36. 15. ジャロード・ライルの36年の人生が残してくれたもの
  37. 14. 苦労したからこそ、若者たちを手助けしたいと動き出したトニー・フィノウ
  38. 13. 授かった幸運を不運な人々のために役立てたいと願うジム・フューリックと妻の社会貢献
  39. 12. 選手もキャディも主役になった日
  40. 11. タイガー・ウッズの真心のチャリティ
  41. 10. 闘病しながらチャリティにも精を出し、「とてもラッキー」と言い切る強さ
  42. 09. ベン・クレーンの終わりなき社会貢献
  43. 08. だから、アーノルド・パーマーは誰からも愛された
  44. 07. デービス・ラブの愛
  45. 06. 彼が国民的スターである理由
  46. 05. ゴルフより大切なものを知って強くなったプロゴルファー
  47. 04. アーニー・エルスの山谷の越え方
  48. 03. マスターズ2勝のバッバ・ワトソンが一人の人間として抱く夢
  49. 02. 全英オープン覇者、ジョーダン・スピースの強さの秘密
  50. 01. プロゴルファーも、お医者さまも?「らしさ」って、難しい

著者プロフィール

舩越園子 近影
舩越 園子(ふなこし そのこ)

ゴルフジャーナリスト

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。
百貨店、広告代理店勤務を経て1989年にフリーライターとして独立。93年渡米。

在米ゴルフジャーナリストとして新聞、雑誌、ウエブサイト等への執筆に加え、講演やテレビ、ラジオにも活動の範囲を広げている。

『王者たちの素顔』(実業之日本社)、『ゴルフの森』(楓書店)、『松山英樹の朴訥力』(東邦出版)など著書訳書多数。

アトランタ、フロリダ、ニューヨークを経て、現在はロサンゼルス在住。

最新の書籍紹介

『タイガー・ウッズ 復活の言霊』

タイガー・ウッズ 復活の言霊
Amazonで確認

復活劇の裏にあったウッズの想い
すべての人の心を打つ48のメッセージ

誰もが憧れる絶対王者として
君臨していたウッズ。
不倫騒動、くり返された故障と手術、
まさかの逮捕劇……と、
人生の風雨にさらされたウッズ。

子供たちと向き合い、自分を見つめなおし、
見事に復活優勝を果たしたウッズ。
どれもタイガー・ウッズだが、
彼の言葉を追い、紐解いていくことで
人間・ウッズの実像が見えてくる。

そして逆境を乗り越えるために 一番大事なものとは……。

バックナンバー
  1. ゴルフジャーナリストが見た、
    プロゴルファーの知られざる素顔
  2. 49. 無名の48歳の「好きな言葉」「嫌いな言葉」
  3. 48. B・デシャンボーの熱くて厚い義理人情
  4. 47. 絵を描き続ける「みんなのヒーロー」
  5. 46. 助けたからこそ、助けられたゴルフ人生
  6. 45. 夢を追いかけられる社会にしたい
  7. 44. 負けても笑顔を輝かせた意味
  8. 43. 優しく強くなったR・マキロイの社会貢献
  9. 42. ファンファーレで送り出したい全英チャンプ
  10. 41. 「僕はそういう僕でありたい」ビリー・ホーシェルの感謝と恩返し
  11. 40. チャールズ・ハウエルの恩返し
  12. 39. メジャー・チャンプの恩返し
  13. 38. 「思い出づくり」と「自転車づくり」
  14. 37. 米ツアーの黒人選手の「声」の力
  15. 36. スネデカーは「超ナイスガイ」!
  16. 35. 「世界を救うため」動いたジュニアゴルファー姉妹
  17. 34. それが「私の生きる意味」
  18. 33. 「いつかは、私が」と誓った物語
  19. 32. 亡き母の名を冠したマンモバンを走らせて
  20. 31. ケビン・ナの人気が静かに高まりつつある理由
  21. 30. ゴルフ界の「子育て」と「本当の女王」
  22. 29. 苦難を乗り越えた3世代の物語
  23. 28. 光が当たらなかった場所に光を当てる
  24. 27. 世界ナンバー1の「自分流」チャリティ
  25. 26. 「手作りゴルフ場」から出発したプロゴルファーの社会貢献
  26. 25. ゴルフ金メダリストが考える手作り感覚のチャリティ活動
  27. 24. 惜しみなく与える「DJ」の物語
  28. 23. 輝く未来を抱くチャンス
  29. 22. 帝王の優しき野望
  30. 21. 「パットの名手」は「チャリティの名手」
  31. 20. 「ケビン・キスナー」の名前と存在感
  32. 19. ゴルフの世界でも「類は友を呼ぶ」
  33. 18. ライオン・ハートのジョン・デーリー
  34. 17. 往年の名選手と名キャディからの贈り物
  35. 16. 「たった4勝」でも「メジャー無冠」でも、どんどん高まるリッキー・ファウラーの人気
  36. 15. ジャロード・ライルの36年の人生が残してくれたもの
  37. 14. 苦労したからこそ、若者たちを手助けしたいと動き出したトニー・フィノウ
  38. 13. 授かった幸運を不運な人々のために役立てたいと願うジム・フューリックと妻の社会貢献
  39. 12. 選手もキャディも主役になった日
  40. 11. タイガー・ウッズの真心のチャリティ
  41. 10. 闘病しながらチャリティにも精を出し、「とてもラッキー」と言い切る強さ
  42. 09. ベン・クレーンの終わりなき社会貢献
  43. 08. だから、アーノルド・パーマーは誰からも愛された
  44. 07. デービス・ラブの愛
  45. 06. 彼が国民的スターである理由
  46. 05. ゴルフより大切なものを知って強くなったプロゴルファー
  47. 04. アーニー・エルスの山谷の越え方
  48. 03. マスターズ2勝のバッバ・ワトソンが一人の人間として抱く夢
  49. 02. 全英オープン覇者、ジョーダン・スピースの強さの秘密
  50. 01. プロゴルファーも、お医者さまも?「らしさ」って、難しい