スーパープレゼンテーション by TED
このページをシェアする:
ドクターズゲートが自信をもってオススメするスーパープレゼンテーション
オスカー・シュワルツコンピュータに詩は書けるか

コンピュータに詩は書けるか

- オスカー・シュワルツ(Oscar Schwartz)
ある詩を読んで心を動かされときに、実はその詩がコンピュータによって生成されたものだとしたら、異なる感情を抱くでしょうか。あなたは、コンピュータが創造力豊かに自分の感情を表現できるようになったと考えますか。それとも、狐につままれたような気分になるでしょうか。文筆家のオスカー・シュワルツによるこのスピーチでは、コンピュータが詩を書くという考えに対し、なぜ人間が強い反発を示すのか、その理由を分析しています。コンピューターが詩を描くということに対する抵抗感こそ、「人間とは何か」を考えるのに役に立つのです。
このプレゼンテーションを見る
ダン・アリエリー我々は本当に自分で決めているのか?

我々は本当に自分で決めているのか?

- ダン・アリエリー(Dan Ariely)
「予想通りに不合理」の著者である、行動経済学者ダン・アリエリーは昔ながらの視覚的錯覚や彼独自の思いもよらぬ(時にショッキングな)研究結果を用い、人が何かを決断する際、自分で思っているほど合理的ではないことを証明します。
このプレゼンテーションを見る
フランソワーズ・ムーリーニューヨーカー誌、象徴的な表紙イラストの舞台裏

ニューヨーカー誌、象徴的な表紙イラストの舞台裏

- フランソワーズ・ムーリー(Françoise Mouly)
ニューヨーカー誌のアート・ディレクター、フランソワーズ・ムーリーをご紹介します。彼女は過去24年間、この雑誌の名高い表紙の決定に携わってきました。9/11直後の週には黒地に黒で描かれたツインタワー、そして最近はトレードマークの紳士ユースタス・ティリーをロシア風に描いたイラストを手がけました。イメージを回顧しながらムーリーが考えるのは、シンプルなイラストが、いかにして私たちが毎日目にするイメージの洪水を突き破れるか、そしていかにして時代のある一瞬の感覚(そして感性)を上品に捉えることができるかということです。
このプレゼンテーションを見る
ポール・トラズナー私が66歳で起業したわけ

私が66歳で起業したわけ

- ポール・トラズナー(Paul Tasner)
「自分を再発見するのに遅すぎることはない」 ポール・トラズナーはそう言います。彼は 40年間会社で働いた後、経験と情熱に仕事へのアイデアを組み合わせて、66歳で会社を立ち上げました。でも、トラズナーは1人ではありません。このユーモラスで意欲を高める短いトークで、起業家魂に火がついた高齢者が増えて、大きな成功を手にしていることを話します。
このプレゼンテーションを見る
タラ・ウィンクラー孤児院が栄える時代を終焉させるべきなのはなぜか

孤児院が栄える時代を終焉させるべきなのはなぜか

- タラ・ウィンクラー(Tara Winkler)
孤児院を開くことによって、貧困にあえぐ子供たちを助けることは間違っているのでしょうか? タラ・ウィンクラーは、海外から資金提供する人がいるせいでもある、発展途上国での孤児院の増加に反対を唱え、家族から引き離されて施設で育てられることで子供たちが受ける悪影響についても解説します。よかれと思ってしたことが悪い結果を招いたという事例を語る、目が覚めるようなトークです。
このプレゼンテーションを見る
デイヴィッド・バロンあなたは皆既日食を是非体験すべきである

あなたは皆既日食を是非体験すべきである

- デイヴィッド・バロン(David Baron)
2017年8月21日、月の影がオレゴン州からサウスカロライナ州まで駆け抜け、自然界で最も壮大な光景とされる皆既日食が観測されました。日食マニアのデイヴィッド・バロンは世界中でこの珍しい事象を追いかけています。太陽コロナを目にする至福の喜びを語り、なぜあなたが皆既日食を是非体験すべきであるのか説明してくれます。
このプレゼンテーションを見る
エリザベス・ウェイン私たちは免疫細胞をハックしてがんと戦わせられる
【オリジナル対訳】TEDで学ぶ最新医療

私たちは免疫細胞をハックしてがんと戦わせられる

- エリザベス・ウェイン(Elizabeth Wayne)
10年に及ぶ研究と数億ドルを費やした臨床試験にもかかわらず、私たちは未だにガンへのドラッグデリバリーに問題を抱えていると、生体工学エンジニアであるエリザベス・ウェインは語ります。化学療法でがん細胞を殺すことはできますが、同時にがんでない正常な細胞も一緒に殺してしまいます。がんと闘うために人体を改造する代わりに、自然のものを利用したほうがいいのではないでしょうか? この短いトークの中で、ウェインと彼女のラボが、あなたの身体で最初に反応する免疫細胞と結合させたナノ粒子を用いた治療が、どのようにして正常な細胞にダメージを与えることなくがん細胞を正確に狙うのかについて説明します。
このプレゼンテーションを見る
ジャック・コンティデジタル時代にアーティストがついに稼げるようになる方法

デジタル時代にアーティストがついに稼げるようになる方法

- ジャック・コンティ(Jack Conte)
20世紀はアーティストやクリエイターには奇妙な100年だったと、ミュージシャンであり起業家であるジャック・コンティは言います。(レコードの売上げのような) 芸をお金に変える伝統的な仕組みはインターネットによって破壊され、ミュージシャンや作家やアーティストはどう暮らしを立てたらよいものか分からなくなっています。コンティはPatreonによってアーティストがインターネットでファンから収入を得られる仕組みを作りました。このような支払いのプラットフォームは、デジタル時代にアーティストであることの意味を変えることになるのでしょうか?
このプレゼンテーションを見る
ケイト・ストーン紙で作った...DJデッキ

紙で作った...DJデッキ

- ケイト・ストーン(Kate Stone)
未完成の土台の上に家を建てようと思いますか? もちろんそんなことはしないでしょう。それならどうして教育においては、まだ基礎が出来ていないうちに先へと進めてしまうのでしょう? 難しい問題ですが、教育者のサルマン・カーンが、自分のペースで習得していくのを助けることで落ちこぼれつつある生徒を好学の士へと変えられるプランを話してくれます。
このプレゼンテーションを見る
サルマン・カーン点数ではなく身に付けることを目指す教育

点数ではなく身に付けることを目指す教育

- サルマン・カーン(Sal Khan)
未完成の土台の上に家を建てようと思いますか? もちろんそんなことはしないでしょう。それならどうして教育においては、まだ基礎が出来ていないうちに先へと進めてしまうのでしょう? 難しい問題ですが、教育者のサルマン・カーンが、自分のペースで習得していくのを助けることで落ちこぼれつつある生徒を好学の士へと変えられるプランを話してくれます。
このプレゼンテーションを見る
エミリー・エスファハニ・スミス幸せを目指すだけが人生じゃない

幸せを目指すだけが人生じゃない

- エミリー・エスファハニ・スミス(Emily Esfahani Smith)
私たちの文化は幸せになることに執着していますが、もっと満たされる生き方があるとしたらどうでしょう? 作家のエミリー・エスファハニ・スミスは、幸せは気まぐれなものだと言います。でも生きがいを見いだすことは、自分自身のためになるだけでなく、最高の自分を高めてくれ、拠り所となる確かな手応えを与えてくれるのです。エスファハニ・スミスが語る生きがいの4つの柱の説明に耳を傾けて、幸せであることと生きがいを持つことの違いをよりよく知ってください。
このプレゼンテーションを見る
ウェンディ・トロクセルティーンエイジャーの登校時間を遅らせるべき理由とは

ティーンエイジャーの登校時間を遅らせるべき理由とは

- ウェンディ・トロクセル(Wendy Troxel)
ティーンエイジの若者は睡眠が足りませんが、原因はスナップチャットや社会生活やホルモンではなく、社会政策が間違っているからだと、ウェンディ・トロクセルは言います。眠りの研究者で、睡眠医学の臨床医であり、ティーンエイジャーの母親でもある自分の経験を基に、トロクセルは、学校の早すぎる始業時間のせいで、生涯で一番眠りが必要な時期に、いかに若者が睡眠時間を奪われてしまっているかについて、議論しています。
このプレゼンテーションを見る
アンジャン・チャタジー脳はどのように美しさを判定するか?

脳はどのように美しさを判定するか?

- アンジャン・チャタジー(Anjan Chatterjee)
アンジャン・チャタジーは自然の持つ最も魅力的な概念である「美しさ」について研究において進化心理学と認知神経科学というツールを利用しています。魅力的な脳の奥深くを眺めつつ、特定の線、色、形状による構図が、私たちをそして私たちの脳を刺激する理由、さらにその背後にある科学について学んで下さい。
このプレゼンテーションを見る
ジャスティン・デイビッドソンなぜ輝くガラスの高層ビルが都市生活に悪いのか

なぜ輝くガラスの高層ビルが都市生活に悪いのか

- ジャスティン・デイビッドソン(Justin Davidson)
建築評論家のジャスティン・デイビッドソンは、今、私たちの都市で奇妙な変化が起こりつつあると言います。テキサス州のヒューストンから、中国の広州まで、コンクリートと鉄ででき全面をガラスで覆われた輝く高層ビルが、侵入生物種のように急激に広まっているのです。皆さんが住んでいる都市のあり方を再考してみましょう。デイビッドソンは、建物の外観がいかに都市生活を形づくるか、そして、使える素材がたくさんあるのにそれを生かすのをやめた時、私たちが何を失うのか説明します。
このプレゼンテーションを見る
アンジャリ・トゥリパーティーいずれは地球も火星のようになるその理由

いずれは地球も火星のようになるその理由

- アンジャリ・トゥリパーティー(Anjali Tripathi)
毎分、約180kgの水素と3kg近くのヘリウムが、地球の大気から宇宙空間へ散逸しています。この大気散逸に関する研究をしている天文物理学者のアンジャリ・トゥリパーティーは、いつか(数十億年後に)この青い地球も大気散逸で火星のように赤くなると、興味をそそる分かり易いトークで説明します。
このプレゼンテーションを見る

公開中のプレゼンテーション一覧

視聴数ランキング集計期間: 11/14~11/20

TED 最新15件