スーパープレゼンテーション by TED
このページをシェアする:
ドクターズゲートが自信をもってオススメするスーパープレゼンテーション
シェリーン・エルフェキほとんど語られないセックスと官能の物語

ほとんど語られないセックスと官能の物語

- シェリーン・エルフェキ(Shereen El Feki)
シェリーン・エルフェキは、「その国の人々のことを本当に知りたいなら、まず彼らの寝室を見るところから始めよ」と言います。彼女は5年間、中東を旅をして回り、セックスについて人々と対話してきました。そこで耳にした会話は厳格な社会規範と根深い抑圧を反映している一方で、アラブ世界における性に関する保守主義は比較的新しいものであることに気づいたといいます。エルフェキは「公の場で再び対話が行われるようになれば、より安全で満足できる性生活につながるのではないか」と問いかけます。
このプレゼンテーションを見る
ケリー・ジーン・ドリンクウォーター現代社会を縛る「でぶ恐怖症」への挑戦状

現代社会を縛る「でぶ恐怖症」への挑戦状

- ケリー・ジーン・ドリンクウォーター(Kelli Jean Drinkwater)
過剰なまでの痩せ志向に支配され、太ることへの恐怖心が顕著である現代社会で、ケリー・ジーン・ドリンクウォーターはアートを介した急進的なボディ・ポリティックスに携わっています。ファッションショーからシドニー・フェスティバルまで、それまでは「でぶ」な人が立ち入ることは考えられもしなかったような場に敢えて太った体を登場させることで、世間の認識に真っ向から挑むというものです。「悪びれない太った体は、人々の常識を覆し得るのです」という言葉どおり、このトークは、私たち一人一人が自らが持つ偏見と向き合い、考え方を変えるきっかけとなるかもしれません。
このプレゼンテーションを見る
アダム・ドライバー海兵隊員から俳優への旅路

海兵隊員から俳優への旅路

- アダム・ドライバー(Adam Driver)
アダム・ドライバーは『スターウォーズ フォースの覚醒』に出演して正義と悪の間で繰り広げられた銀河戦争で戦う以前に、アメリカ合衆国海兵隊の第1海兵連隊 第1大隊 武器中隊に所属していました。この攻撃的な気持ちを落ち着かせるようなトークで、彼はどのように海兵隊員になったのか、兵士から民間人への困難な移行期、そして軍で演劇を上演している自身の非営利団体「Arts in the Armed Forces」(軍隊のための演劇)について語ります。「自己表現は肩に担いだライフルと同様に価値のある道具なのです」と彼は言います。
このプレゼンテーションを見る
スー・クレボルド息子はコロンバイン高校乱射犯──母として、私の伝えたいこと

息子はコロンバイン高校乱射犯──母として、私の伝えたいこと

- スー・クレボルド(Sue Klebold)
スー・クレボルドは、生徒12人と教師1人が犠牲となったコロンバイン高校銃乱射事件の犯人の1人であるディラン・クレボルドの母親です。事件後、彼女は何年もかけて家族の歴史を詳細に掘り起こし、息子が犯した暴挙を防ぐために何ができたのか理解しようとしてきました。この痛々しく苦悩に満ちた講演を通し、クレボルドは自ら命を絶つ思考と人を殺す思考との関連性を研究し続けるよう、親や専門家に対して訴えながら、精神病と暴力の交差点を探ります。
このプレゼンテーションを見る
マンディ・レン・カトロン恋愛を語るための より良い方法

恋愛を語るための より良い方法

- マンディ・レン・カトロン(Mandy Len Catron)
私達は恋に落ちます。ビビっときて、打ちひしがれ、正気を失います。情熱的に燃えます。恋愛は私達を狂わせ、恋の病に陥れます。心は痛み、やがて壊れます。 こんな風に恋愛を語ることで、恋愛をどのように受け止めるかが決まっている、と作家のマンディ・レン・カトロンは述べます。この講演でカトロンは、狂おしい愛を一度でも感じた事のある人のために、恋愛についての新しいメタファーを紹介し、恋愛にもっと多くの喜びを見いだし、苦悩を減らす手助けをしてくれるでしょう。
このプレゼンテーションを見る
アダム・グラント「与える人」と「奪う人」—あなたはどっち?

「与える人」と「奪う人」—あなたはどっち?

- アダム・グラント(Adam Grant)
どんな職場にも、ギバー(与える人)、テイカー(奪う人)、マッチャー(損得のバランスを取る人)という3種類の人々が存在するといいます。組織心理学者アダム・グラントが、この3種類の特性について詳しく解説。与え合う文化を育て、利己的な社員が過剰に利を得ることを未然に防ぐ、シンプルな対策法を提案します。
このプレゼンテーションを見る
ジェン・ブレアもしも医者には診断できない病に倒れたら?

もしも医者には診断できない病に倒れたら?

- ジェン・ブレア(Jennifer Brea)
5年前、TEDフェローのジェン・ブレアは、世間では慢性疲労症候群として通っている難病、筋痛性脳脊髄炎(ME)を患い、病状はどんどん進行していきました。この病気は日常生活に著しく支障をきたし、ひどいときにはベッドシーツがカサカサ擦れる音さえ耐えられない日もあるほどです。医療での対処が困難な病気を持つ患者たちの生き様を映画という形で記録するというミッションを持つブレアが、根本的な病因も、身体に与える影響も完全に解明されていないこの疾患に対し、治療を受けるために直面してきた数々の障壁について語る、感動を呼ぶトークです。
このプレゼンテーションを見る
レイチェル・ボツマン機関よりも赤の他人 — 現代人に広がる新しい「信頼」とは

機関よりも赤の他人 — 現代人に広がる新しい「信頼」とは

- レイチェル・ボツマン(Rachel Botsman)
私たちの考える「信頼」の概念に、何かとてつもない変化が起きつつある、とレイチェル・ボツマンは語ります。かつては政府や銀行といった機関に信頼を置いていたのに、現代では他人、しかも赤の他人や、AirbnbやUberといったプラットフォーム、そしてブロックチェーンのような技術に、どんどん頼るようになってきています。この「新しい信頼の時代」、私たちが道を外さない限り、より透明性が高く、懐も広く、責任の所在も明確な世の中に変わっていくでしょう。これからの時代、誰を信頼しますか?
このプレゼンテーションを見る
アンソニー・アタラ腎臓をプリントする技術
【オリジナル対訳】TEDで学ぶ最新医療

腎臓をプリントする技術

- アンソニー・アタラ(Anthony Atala)
外科医であるアンソニー・アタラ博士が、いつか臓器提供の問題を解決するかもしれない初期段階の実験を披露します。生きた細胞を使った3Dプリンターによって移植可能な腎臓をプリントするのです。10年前、アタラ博士の若い患者、ルーク・マセラはこれと似た技術を使ってつくられた膀胱を手にしました。ステージにその彼がやってきます。
このプレゼンテーションを見る
グラディ・ブーチ人工知能が人間を超えるのを怖れることはない

人工知能が人間を超えるのを怖れることはない

- グラディ・ブーチ(Grady Booch)
新たな技術は新たな不安を呼び起こすものですが、非常に強力で感情のない人工知能を怖れることはないと、科学者であり思想家であるグラディ・ブーチは言います。我々は人工知能をプログラムするのでなく、人間の価値観を共有するように教えるのだと説明し、超知的なコンピューターに対する(SF的な)最悪の恐怖を和らげた上で、ありそうにない人類存亡の危機を怖れるよりも、人工知能が人の生活をどう良くするか考えるようにと促します。
このプレゼンテーションを見る
トッド・コールマンタトゥーシールで病院の診療が自宅でも受けられる

タトゥーシールで病院の診療が自宅でも受けられる

- トッド・コールマン(Todd Coleman)
もし医師が自宅にいる患者を、入院時と同じ様に的確に観察することができたらどうでしょうか?バイオエレクトロニクス革新者であるトッド・コールマンが、革命的な健康医療と低侵襲治療を約束する、装着可能で、柔軟性のある電子健康管理シールを開発するまでの探究を紹介します。
このプレゼンテーションを見る
トリストラム・スチュアート世界の食料ムダ捨て事情

世界の食料ムダ捨て事情

- トリストラム・スチュアート(Tristram Stuart)
先進国は生産した食料の半分近くを廃棄しています - 理由は「食べられない」から?いいえ、「見た目が悪い」からです。トリストラム・スチュアートは食料廃棄に関する驚くべきデータを基に、資源の責任ある使い方を呼びかけます。
このプレゼンテーションを見る
ライナー・ストラック2030年 驚きの労働人口クライシス―そして今からどう対策を始めるか

2030年 驚きの労働人口クライシス―そして今からどう対策を始めるか

- ライナー・ストラック(Rainer Strack)
直感的に分かり難いかも知れませんが、2030年までに世界の大経済圏の多くでは労働人口が需要を下回ることになります。 人材専門家であるライナー・ストラックはこのデータ豊富で―極めてチャーミングな―トークで、国は移住を厭わずやる気のある求職者たちに国境を超えて目を向けるべきだと言います。 そしてその為にまず企業や組織において職場の文化を改善していくことから始める必要があるのです。
このプレゼンテーションを見る
トム・ウージェック厄介な問題を解決したい? ではトーストの作り方を説明してください

厄介な問題を解決したい? ではトーストの作り方を説明してください

- トム・ウージェック(Joe Lassiter)
トーストの作り方は難しくは見えません。そのプロセスをステップごとに図示してくれと言われるまでは。トム・ウージェックはいろんな人やチームにトーストの作り方を聞いてきました。そのプロセスが、仕事における大きな難しい問題がいかに解けるかについて予想外の知見を明かしてくれるからです。この練習課題を行う方法を学んで、何千もの人々がトーストの作り方を描くのを見てきたウージェックの驚くべき洞察に耳を傾けましょう。
このプレゼンテーションを見る
ホアキム・デ・ポサダマシュマロはまだ食べちゃダメ!

マシュマロはまだ食べちゃダメ!

- ホアキム・デ・ポサダ(Joachim de Posada)
TED Uでのこの短い講演で、ホアキム・デ・ポサダが、楽しみを後に取っておくことに関する画期的な実験について、そしてその実験がどのように将来の成功を予見できるものかについて紹介します。子どもたちがマシュマロを食べないよう必死になっている、爆笑ビデオ付です。
このプレゼンテーションを見る

公開中のプレゼンテーション一覧