スーパープレゼンテーション by TED
このページをシェアする:
ドクターズゲートが自信をもってオススメするスーパープレゼンテーション
エリカ・グレゴリー世界には核兵器はもういらない

世界には核兵器はもういらない

- エリカ・グレゴリー(Erika Gregory)
現在9ヶ国に15000以上の核兵器、それぞれ広島や長崎に使われたものの数百倍の威力を持つ爆弾、が管理されています。もう核兵器はいりません。軍縮は数十年前に始まったものの未完成の課題であり、これに直面するためには、新しい世代が必要です。 核改革派のエリカ・グレゴリーは、冷戦の恐怖や「頭を机の下に隠す」訓練を受けない時代に生まれたこれからの指導者たちに、野心的な目標を目指そうと訴えます。すなわち2045年までに核兵器を世界から廃絶するという目標です。
このプレゼンテーションを見る
ケイト・アダムスメロドラマが教えてくれる4つの大げさな人生訓

メロドラマが教えてくれる4つの大げさな人生訓

- ケイト・アダムス(Kate Adams)
テレビで見るメロドラマは度が過ぎていて大げさかもしれませんが、ケイト・アダムスが説明するように、そこには波乱万丈な現実の人生のありようが反映されていることがよくあります。『アズ・ザ・ワールド・ターンズ』のキャスティング・ディレクター補佐だったアダムスはこう説明します。「メロドラマは私たちに、疑念を振り払い、勇敢であることや弱さを受け入れること、そして適応力や回復力といった自分の能力を信じるようにと教えてくれる」。このトークで、彼女は人生や仕事についての4つの教訓に焦点をあて、人生を変えるのに遅すぎるということはないことを私たちに思い出させてくれます。
このプレゼンテーションを見る
チャリティ・ワユア政府を正すには

政府を正すには

- チャリティ・ワユア(Charity Wayua)
チャリティ・ワユアは、がん研究者としての自身の能力を思いもよらない患者のために使います。それは母国ケニアの政府です。彼女は、いかに政府を手助けして、経済の健全性と成長の要となる起業手続きを大幅に改善させることで、ケニアに新たな投資を招き、世界銀行に「世界的改革国」と言わしめるに至ったのか紹介します。
このプレゼンテーションを見る
ケイシー・ブラウン自分の価値を見定め、適正な対価を要求しよう

自分の価値を見定め、適正な対価を要求しよう

- ケイシー・ブラウン(Casey Brown)
恐らくあなたの雇い主は、あなたが持つ価値に見合った報酬を支払ってはいないでしょう。彼らは自分が定めたあなたの価値に対して報酬を払うのです。では、ここでゆっくり時間をかけて相手の思考をコントロールする方法を学びましょう。価格設定コンサルタントのケイシー・ブラウンが、役立つ話や経験から学んだ教訓を語りながら、自分の価値をよりよく伝え、才能に見合った報酬を得るチャンスを広げるお手伝いをします。
このプレゼンテーションを見る
ジョージア・ルピデータの中に自分を見つけるには

データの中に自分を見つけるには

- ジョージア・ルピ(Giorgia Lupi)
ジョージア・ルピは人々がもつ物語を伝えるためにデータを利用し、数字に繊細さを加えます。このチャーミングな話では、彼女がデータに個性を与え、普段の何気ない細部まで視覚化し、抽象的で数えられないものを見えるもの、触れられるものに変えて、生活に直接つなぐ方法を教えてくれます。
このプレゼンテーションを見る
ジョン・ロンスンサイコパス・テストへの奇妙なこたえ

サイコパス・テストへの奇妙なこたえ

- ジョン・ロンスン(Jon Ronson)
狂気と正気を確実に分ける一線はあるのでしょうか?『サイコパスを探せ! 「狂気」をめぐる冒険』の著者ジョン・ロンスンが,身の毛もよだつような話を通して,正気と狂気の間にあるグレー・ゾーンを明らかにしていきます。
このプレゼンテーションを見る
セバスチャン・クレイベス自分でDNA検査ができる時代の到来
【オリジナル対訳】TEDで学ぶ最新医療

自分でDNA検査ができる時代の到来

- セバスチャン・クレイベス(Sebastian Kraves)
ワクチンの改良から遺伝子組み換え、それに犯罪の解決まで、DNA技術は世の中を変えていきました。今や人類史上初めて、誰もが自宅の台所で靴箱よりも小さな装置を用いて、DNAの実験を行うことができる時代になりました。我々はパーソナルDNA革命、つまり、DNAに隠された秘密を自ら解き明かすことができる時代に生きているのだと、バイオテクノロジー起業家のセバスチャン・クレイベスは言います。
このプレゼンテーションを見る
リッチ・ベンジャミンアメリカで最も白人主義的な町々に突入!

アメリカで最も白人主義的な町々に突入!

- リッチ・ベンジャミン(Rich Benjamin)
アメリカの文化は一層多様化していますが、リッチ・ベンジャミンはある現象に気づきます。逆により閉鎖的になっているコミュニティーがあることです。彼は地図を取り出して、アメリカの最も白人的な街を探し出し・・・そこに住んでみます。彼はこの可笑しく、正直かつ人間的なトークで一黒人としてホワイトピア(白人理想郷)で学んだことを語ります。
このプレゼンテーションを見る
マーク・エイブラハムズ笑わせ、そして考えさせる科学賞

笑わせ、そして考えさせる科学賞

- マーク・エイブラハムズ(Marc Abrahams)
イグノーベル賞の創設者であるマーク・エイブラハムズは、世界で最も風変わりな研究の数々を紹介します。この示唆に富み―時に抱腹絶倒を巻き起こすトークで、彼は、真におかしな科学の話を紹介します。そして、バカげたことこそ、科学への関心を高めるのに欠かせないのだと言います。
このプレゼンテーションを見る
ジョナサン・ロシター汚染物資を「食べる」ロボット

汚染物資を「食べる」ロボット

- ジョナサン・ロシター(Jonathan Rossiter)
このトークでは、汚水を飲み込む事で、自身を動かす為に必要な電気を生み出し、汚染物質を清掃するロボット「Row-bot」が紹介されています。ロボット専門家、ジョナサン・ロシターは、微生物を使った燃料電池で藻類の過剰繁殖を防いだり、水面に流出した油膜を中和しながら水中を泳ぐ特殊なマシンが、どのようにして生物分解型の、自動汚染除去ロボットの先駆けとなりうるかを説明しています。
このプレゼンテーションを見る
デイビッド・カサレット医療大麻に対するある医師の経験

医療大麻に対するある医師の経験

- デイビッド・カサレット(David Casarett)
内科医デイビッド・カサレットは医療大麻にまつわる眉唾や半信半疑な話に聞き飽きていました。そこで懐疑心を持って、自分自身で徹底した調査を行いました。彼は私達が知っている事、知らない事、通常の医療が現代の医療大麻薬局から学ぶ事の出来る物に関する魅惑的な報告を行います。
このプレゼンテーションを見る
アビ・ルビンどんな機器もハッキング可能

どんな機器もハッキング可能

- アビ・ルビン(Avi Rubin)
ペースメーカーもハッキングされる?TEDxMidAtlantic にて、アビ・ルビンはハッカーがどのように車やスマートフォン、医療機器に侵入するか説明し、ハッキングの可能性が一層高くなった世界における危険について警告します。
このプレゼンテーションを見る
アドーラ・スヴィタク大人は子供から何を学べるか

大人は子供から何を学べるか

- アドーラ・スヴィタク(Adora Svitak)
神童アドーラ・スヴィタクは、世界には「子供っぽい」考え方が必要だと言います。大胆なアイデア、奔放な創造力、そして何よりも楽観的であること。子供たちの大きな夢は高い期待を受けるにふさわしいものであり、大人は子供に教えるのと同じくらいに、子供からも学ぶようにしてほしいと彼女は言います。
このプレゼンテーションを見る
ラティフ・ナサーあなたの知らない、ラクダの本当の故郷

あなたの知らない、ラクダの本当の故郷

- ラティフ・ナサー(Latif Nasser)
ラクダは砂漠にとてもよく適応しているので、他の場所で暮らす姿など想像できません。でも、ラクダに対する見方が完全に間違っていたとしたらどうでしょう?あの大きなこぶも、足や目も、別の時代の違う気候に適するように進化していたとしたら?ラジオ番組『Radiolab』のラティフ・ナサーが語るのは、とても小さな奇妙な化石によって、彼のラクダに対する見方と世界観が一変するまでの驚くべき物語です。
このプレゼンテーションを見る
ブレネー・ブラウン恥について考えましょう

恥について考えましょう

- ブレネー・ブラウン(Brené Brown)
恥は語られることのない病であり、私たちを苦しめる様々な行動を引き起こしています。前回の“無防備さ”についての TEDTalk がバイラルな大ヒットとなったブレネー・ブラウンが、恥に真っ向から向き合った時に何が起きるのかを探っています。ブレネーのユーモア、人間性、そして“無防備さ”が一言一言の中に光っています。
このプレゼンテーションを見る

公開中のプレゼンテーション一覧