新型コロナウイルスについて、わかっていること、わからないこと(08:06)

デヴィッド・ヘイマン(David Heymann)
このページをシェアする:
対訳テキスト
講演内容の日本語対訳テキストです。
※映像と合わせてご覧になる方へ
自動スクロールはしませんので、映像に合わせてスクロールさせてご覧下さい。

[2020年2月27日 午前の時点で 新型コロナウイルスの確認されている感染者は 世界で8万2千人以上— 死者は2,810人である アウトブレイクの最新情報を聞くため TEDはデヴィッド・ヘイマン博士を招いた]

[新型コロナウイルスに感染したら どうなりますか?]

患者の大部分では 普通のかぜのように 軽い病気に見えます ただ 感染した場合に 重症化する人がいます 例えば医療従事者です 一般の人よりも 大量のウイルスに接触し 免疫がないため 症状が深刻なものになります 一般の人の場合 感染する時に接触する ウイルスの量は 医療従事者が接触する量より ずっと少ないでしょう だから医療従事者は 重症化しやすいのです それに比べると 一般の人は 軽症になりやすいと思います 一方 高齢者や 基礎疾患がある人の場合は 医療機関で治療を受けることが 不可欠です

[もっとも懸念されるのは どのような人々でしょうか?]

一番心配されるのは 開発途上国の人々 質の高い医療が 受けられない人や 医者にまったく かかれない人がいるところで 感染が広がった場合です そういった人々 とりわけ高齢者は 非常に危険です どの集団でも 高齢者はリスクが高いですが 中でも酸素を入手できない人は 特に危険です 先進国の場合 基礎疾患がある高齢者— 糖尿病やその他の 疾患がある人は 危険があります ただ一般の人の多くには 大きな危険はなさそうです

[どんな持病があると リスクは高まりますか?]

何よりまず 呼吸器疾患を既に持っている人 また 一般的に高齢者 中でも70歳以上の方は 危険性が高まります 高齢者は 若い頃に比べて 免疫系が衰えていて 感染症にかかりやすく なるからです さらに中国では インフルエンザを併発した例や 肺炎を発症した上に 細菌重複感染を起こした事例も 報告されています

[最新の情報は どこで手に入りますか?]

アトランタの 疾病予防管理センター(CDC)は 常に状況を把握し ウェブサイトで 定期的に情報を更新しています またジュネーブの 世界保健機関(WHO)は 世界各国の様々な活動の 調整をしていますが こちらもウェブサイトを 毎日更新しています これらの情報を一人ひとりが入手し よく理解し 自分なりに貢献できるようになって 大規模な感染拡大を防ぐのは みんなの責務です

[あなたは2003年に世界的な SARS対応を指揮しました その時と比較して どうでしょう?]

ここでも まったく新しい感染症に 共通する問題があります これは人類が初めて接触する ウイルスによる感染症です 人間には抗体による守りがなく このウイルスに 免疫システムが 対応できるかどうかも 定かではありません このウイルスは通常 コウモリなどの動物を宿主にしていますが 急に人間に感染するようになりました だから人間には このウイルスに 感染した経験がないのです でもSARSの時と同様 次第に多くの情報が 集まりつつあります 確かに死亡者数はSARSよりも 多くなっていますが 感染者数を分母とする 死亡者数の割合を考えると 感染者数がSARSに比べて かなり多いので SARSでは致死率— つまり感染者数に対する 死亡者数の割合は およそ10%でしたが 今回のコロナウイルス感染症 COVID-19では 2%か たぶんそれを下回ります ですから 毒性は だいぶ低いと言えますが それでも死につながるウイルスなので 人の集団には 侵入させたくはありません

[空港などの国境での検疫は 適切に行われているでしょうか?]

はっきりしているのは 空港も国境も 病気の侵入は 止められないということです 潜伏期間中の感染者は 国境を超えて 入国できますし その後 症状が出れば 他の人が感染します ですから国境で 体温をチェックしても 国内への感染症の侵入を防ぐ 手段にはなりません 国境の重要性は 感染の危険度が 高いと思われる地域から来た人々に この感染症の徴候や症状 感染したと思った時に 何をすべきかといった知識を 文書や口頭で 提供できるという点にあります

[ワクチンはいつできるのでしょう?]

ワクチンは現在 開発中で 盛んに研究が進められています 研究に必要な手順として まずワクチンを作り 次に動物を使って 安全性と効果を調べます 動物にワクチンを接種して ウイルスに感染させるのです その後 臨床試験が必要です 動物実験は まだ始まっていませんが いくつかのワクチンで もうすぐ始まるでしょう そして 今年中か来年初頭には 候補となるワクチンが いくつか完成して 規制当局が承認審査を することになるでしょう つまり 一般に利用できる ワクチンが完成するまでには 最低1年はかかる ということです

[今回のアウトブレイクで まだわかっていない点は?]

ウイルスがどう感染するかは 判明していますが よくわかっていないのは 人同士や地域内、開放空間で どの程度 感染するかです たとえばクルーズ船のような 閉鎖空間では 感染がかなり広がりやすいことが わかっています 知る必要があるのは もっと開けた場所での 感染者との接触で 感染がどう広がるのか という点です

[世界的な対応について 改善すべき点は?]

現在 世界的に見て大きな問題は 開発途上国でのアウトブレイクを 先進国の私たちが行って 止めなければならないものと 捉えていることです だから エボラ出血熱が流行すると 「この国のアウトブレイクを 私たちがどう止めるか」とは考えても 「感染を検出し 対応できる 能力を高められるように この国をどう支援するか?」とは 考えないのです これまで私たちは 公衆衛生の基本的な能力を 各国が高めていくことに 十分に力を注いできませんでした 出動してアウトブレイクを止める という形で 他国に支援を提供するための 世界的な仕組みに 力を入れてきたわけですが 私たちが望むのは 世界中のどの国でも 自国でアウトブレイクの阻止に 取り組めることです

[将来 新たなアウトブレイクは 起こるでしょうか?]

現在 世界人口は 70億人を超えています 人が増えれば 食料や いろいろなものが 必要になり みんな密集して生活します 実際 世界では都市化が進み 多くの人が都市に住んでいます 同時に 家畜がより多く飼育され 人間の食料になります ですから 現在 家畜と人間の距離が どんどん近づいています 畜産の集約化が進み 地球上で 一緒に住む人口が 激増している今の状態は アウトブレイクが起こりうる そして実際に起こる温床になります ゆくゆくは アウトブレイクが どんどん増加するでしょう 今 出現している感染症は 将来 起こることへの 警告にすぎません 私たちに必要なのは 世界が力を合わせ アウトブレイクの発生時に 事態が理解でき コントロールするのに必要な情報を 迅速に提供できるよう 技術面での世界的連携を 確かなものにすることです

[最悪の状況は過ぎたのでしょうか?]

正確な予測はできません だから 少なくとも 誰もが最悪の事態に備える 必要があると思います 合わせて この病気にかからないよう 自分自身や他の人の身を守る方法を 学んでおく必要があります

[詳しくは 疾病予防管理センター(CDC)や 世界保健機関(WHO)の ウェブサイトをご覧ください]

  • テキストだけで読む
  • 元に戻す
このプレゼンテーションについて

新型コロナウイルスに感染すると、どうなるのでしょう。リスクが高いのは誰でしょう。自分の身を守るには、どうしたらいいのでしょう。2003年に起きたSARSのアウトブレイクの際に世界的な対応を指揮した公衆衛生の専門家デヴィッド・ヘイマンが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の最新情報と、将来起こりうることについて語ります。

こちらもオススメ!

人の感情を読むテクノロジー

ポピー・クラム

どうやって難民に精神衛生の支援をもたらすことが出来るか

エッサム・ダオド

養子になった私の人生

クリストファー・アテガカ

健全な経済は成長ではなく繁栄を目指しデザインされるべき

ケイト・ラワース

脳に良い変化をもたらす運動の効果

ウェンディー・スズキ

ピクサー映画に命を吹き込む魔法の成分

ダニエル・フェインバーグ

私には99の問題がある―脳性まひはその一つに過ぎない

メイスーン・ザイード

創傷治療に役立つ10代の科学者の発明

アヌシカ・ナイクワレ

ドクターズゲートおすすめコンテンツ

マンガで解説!
「利尿薬の基礎と臨床」

図表を使用して
内容のポイントを
わかりやすく解説!

by 大塚製薬

整形外科の現在(いま)を
伝えるBiomet Times

医療従事者を対象とした
会員制のウェブマガジン
臨床に役立つ情報を配信

by ジンマー・バイオメット

整形外科の
手技・講演動画満載!

人工関節置換術を
詳しく解説。
専門医の講演も多数。

by ジンマー・バイオメット

名医たちの著書
Doctor's Books

スーパードクターたちの
著書やDVD、関連書籍を
集めました!

by リンクスタッフ

動画一覧へ戻る

視聴数ランキング集計期間: 5/12~5/25

TED 最新15件