世界最小の3Dプリンター(08:29)

クラウス・シュタドルマン(Klaus Stadlmann)
このページをシェアする:
対訳テキスト
講演内容の日本語対訳テキストです。
※映像と合わせてご覧になる方へ
自動スクロールはしませんので、映像に合わせてスクロールさせてご覧下さい。

こんにちは みなさん ここに呼んでくれてありがとう 私は少し怪我をしていますが 車にぶつかったくらいでは トークをやめる気にはなりません

(笑)

(拍手)

戦車だったらやめたかも

さて今日 お話しするのは マイクロプリンターについて 私の仕事について 全てを始めたきっかけについて 世界最小の3Dプリンターを作った 私の動機についてです まず 私の日常の仕事から始めましょう 私の 普段の仕事の分野は 「二光子重合」です とてもオタクですね

(笑)

これを作るのに何が必要か? 複雑なレーザー装置です フェムト秒レーザー装置といって これで 非常に小さな 極小のスポットに焦点を当てます 非常に高価なレーザー装置ですが 耐久性は低いです(笑) その一方で 非常に複雑な 位置決定装置が必要です とても重いので 私たちはそれを 「Agathe」と名付けました Agatheが素敵な名前だと考えたからです

(笑)

例えば 約200ナノメートル (500万分の1メートル)という精度で レーザーを通過させるには この装置が必要です 非常に精密です さて これを使って何ができるでしょうか? 肉眼では見えないことができます 好きなものをなんでも プリントアウトできます タワーブリッジだって Agatheの夫だってプリントアウト

(笑)

さて なぜこれが画期的なのか?

スケールバーが見えると思いますが タワーブリッジは100ミクロン 太った男は20ミクロンです 比較のためにいうと ヒト毛髪の直径は 約50ミクロンです これらの物体のサイズは 埃の粒子かそれ以下で 肉眼では ほとんど見えません みなさんにもできる というか — 私たちが目下 取り組んでいるのは 極小のミミズなどを捕まえるのに使う 装置や樹脂の改良です 樹脂の内部にレーザーを通過させると 樹脂が重合して 生きた動物を捕まえます ここでは 特殊なミミズです 私たちが取り組んでいること 次のステップは 生体適合性のあるポリマーを作って ヒトやミミズの体内に 何かを書くことだったり 体組織に 細胞を貼りつけることだったり などなどです

でも まあ それが私の 普段の職業の分野です 今日 私がお話ししたいのは マイクロプリンターの裏話です 私のモチベーションは何だったか? 全ては 月曜の午前6時半に始まりました いえ 嘘です 多分 10時でした

(笑)

私は カールスプラッツにほど近い 私のレーザー研究室に行きました ウィーン工科大学 フライハウス・キャンパスです 中に入ると レーザー装置が壊れていたので 修理しようとしました 半日がかり仕事で 数時間かかりました そこで私は ポンプ源に 大きな問題があると気づきました 自分では直せないので 保守の技術者を呼ばねばなりませんでした その時点で私には 考える時間ができたと気づきました さて どうしよう? 博士論文の執筆でも始めようか?と考えました

(笑)

ちっとも 良い案ではありません そこで 科学論文ではどうか? と考え始めましたが それも良い案ではない 1週間考えた後 土曜日に このアイデアを思いつきました 世界で一番小さな 3Dのマイクロプリンターを作ろう

(笑)

世界最小の3Dプリンターにしよう

(拍手)

教授に電話でそのことを話しました

「それを作りましょうよ 時間はあります いいですか?」

「やりたまえ 作りなさい」

そこで私は 大学へ行って 頭の中の構想を全部 コンピュータに入れました そして 全体のCAD構造図が 出来上がりました 2、3ヶ月後 システムの 最初の試運転を行ないました 最初の試運転から動作は素晴らしく 6万ユーロの装置と同じ解像度で 製作にかかった費用は わずか1500ユーロで 私の人件費は含まれていませんが それは大した出費にはなりません

(笑)

では これの仕組みを説明しましょう

動画を用意しました このように 3次元のファイルを 入力することができます この動画を作ったのは 私の友人 ジュニア・ベローゾです ご覧ください セットステージが 上に向かって動いています セットステージの下には 液体があり 光によって 固化します 1スライスごとに 模型ができていきます 本当に 液体から 引き出されるように見えます 模型の大きさ次第です スライス面が 100になることもあれば 1000や10000にもなります これが動作の仕方です もちろん これは マイクロプリンターよりも ずっと大きな機械ですが 使われているのは ほぼ同じ原理なので これをご覧いただきました さて このエイリアンの頭のような作品は 制作プラットフォームに付いていて プリントが終わったら サポートしている構造から 頭を取り外すだけで簡単に 全部出来上がりです では

実際の マイクロプリンターは どんな形をしているのでしょうか? もうこの画像をご覧になった 人もいるかも知れません 私も持参しましたので みなさんにご紹介します これが3Dマイクロプリンターです このような形のものです とても小さくて デスクトップ用のものです 手の届く価格です 実際私たちはこれを 誇らしく思っていて —

(笑)

これは小さな装置ですが 大きなものもあります 廉価で購入しやすい装置があれば 何ができるでしょうか? 例えば みなさんご存知の この補聴器はいかがでしょうか? 補聴器は 個々の人に 合わせて作る必要があります だから 格好の例です この技術を使って 補聴器の外殻を作るんです 通常では みなさんは店に行って 耳をスキャンしてもらって 店はそのデータを メールでドイツに送って —

(笑)

そこで プリントアウトします

(拍手)

ありがとうございます

(拍手)

そこでは 大型の機械でプリントアウトして それから ウィーンや どこにせよ受取人のいる所へ 送り返す準備が整うか 郵便を使って そこでやっと電子機器を入れるわけです

でも マイクロプリンターが 店にあれば 店に行って 耳をスキャンしてもらって 「プリント」ボタンを押すだけで 3Dモデルがスライスされて その間にコーヒーを飲みにでも 大学にでも 好きな所に行けて 補聴器に使う耳型を手に入れるまでに 5日もかからず たった1日で手に入るのです これは一例ですが このような小さな機械や 他の廉価な3Dプリンターで 私たちの日常生活を変えることができます

みなさんありがとう なんでも好きなもの 必要なものを 3Dでプリントアウトし始めましょう

(拍手)

  • テキストだけで読む
  • 元に戻す
このプレゼンテーションについて

世界で一番小さな3Dプリンターがあったら、何ができるでしょうか?クラウス・シュタドルマンが、彼の小さくて廉価なプリンターをデモします。そのプリンターを使えば、いつかオーダーメイドの補聴器を作ったり、ヒトの髪の毛よりも小さな彫刻を作ったりすることができるかも知れません。

こちらもオススメ!

次世代のアフリカの建築家とデザイナー

クリスチャン・ベニマナ

私達は星の華やかな死から生まれた

エンリコ・ラミレス=ルイス

超音波手術―切らずに治療する

ヨアヴ・メダン

リアルタイムの脳スキャナー

クリストファー・デシャーム

世界はブタで回っている

クリスティン・メンデルツマ

オープンウォータースイミングに教わった立ち直る強さ

バクティ・シャーマ

暗黒物質の探求とこれまでにわかったこと

リサ・ウェクスラー

私がロボットを使って描く理由

スグウェン・チャン

ドクターズゲートおすすめコンテンツ

心臓外科医Dr須磨久善の
人間録-名医との想い出

Dr.須磨の恩師・友人・
後輩とのエピソードと
医師達へ熱いメッセージ

by リンクスタッフ

日本心臓財団
「虚血性心疾患セミナー」

虚血性心疾患領域の
レクチャーや循環器領域
情報を配信

by

若手医師への提言

医療の第一線を走る
ドクターが自身の経験を
交えて若手医師に語る。

by リンクスタッフ

ドクターマンガ
Doctor's History

各分野の先頭で活躍する
ドクターの半生をマンガで
描く大人気コンテンツ!

by リンクスタッフ

動画一覧へ戻る

視聴数ランキング集計期間: 8/25~9/7

TED 最新15件