魚の社会生活はサンゴ礁保全の鍵となるのか?(04:44)

マイク・ギル(Mike Gil)
このページをシェアする:
対訳テキスト
講演内容の日本語対訳テキストです。
※映像と合わせてご覧になる方へ
自動スクロールはしませんので、映像に合わせてスクロールさせてご覧下さい。

この中で 海の生き物に 魅力を感じる人は?

素晴らしい

さあ 私たちは今 何をしたのでしょうか? ちょっと見方を変えると 一人が挙手するという 単純な行動がきっかけで その他大勢が 同じことをしたわけです ある社会的ネットワークの中にいる 個人同士には 共通の優先事項があり お互いに真似し合うことで 得をすることがよくあります 学校で カッコイイ友達の服装を真似して 自分も「イケてる」つもりになったり しかし 模倣行動というものは 野生動物にもよく見られます 例えば ある鳥は 他の鳥の警戒声を真似ます 天敵が近づいていることを 周りに知らせるためです しかし 野生動物に見られる 模倣行動が 我々人間が依存する生態系全体に 影響することはあるのでしょうか?

サンゴ礁の研究をしている時 この疑問に行き着きました サンゴ礁は水産業や観光業を通して みんなの生活を支えています ここアフリカで そして世界中で です しかし サンゴ礁は 魚に依存しています 魚は藻類を食べるという 重要な役割を果たしています 藻類は 放っておくと サンゴを死滅させ サンゴ礁全体を占拠してしまうからです このような環境変化が起こってしまえば 元に戻すのは難しく むしろ不可能です

そこで 魚がどのようにして これを防ぐのかを理解するべく 魚が藻類を食ベる様子を こっそり監視することにしました 天敵に見つかりやすい 露出した場所だと 採食は難しいんですけどね まれに 捕食動物で 私の監視に気付く奴もいました

(笑)

ですから 明らかに サンゴ礁の魚たちにとって 外食は恐ろしいわけです しかし 危険な状況で 魚たちがとる行動を 理解したかったので 研究仲間と共に 巨大なカメラスタンドを サンゴ礁に設置し 藻類は大量に生えるが 天敵にも見つかりやすい 採食地全体を 遠くから監視しました この 上から見た映像では 多様な魚の採食行動と 細かい動きが 色の付いた点で分かります また 何千もの魚が 採食地を往復する際の動きを 分析することで あるパターンが 見つかりました 魚たちは 様々な種類が入り混じり 群れて泳いでいないにもかかわらず お互いに真似し合っていたんです 危険な採食地に足を踏み入れてしまった 一匹の魚の行動に その他大勢が倣うことも あったわけです また 採食活動中の魚が 周りに多ければ多いほど 滞在は長くなり 採食量も増えました

あり得ることです なぜなら 一匹の魚の 単純な動きからでさえ 意図せずとも 極めて重要な情報が 伝わることもあるからです 例えば たった一匹の魚が 天敵を目にして 逃げただけで その他大勢の魚にも 危険が伝わりうるのです また 一匹が無事に採食地に入れば そこが安全地帯だと他の魚にも伝わります

つまり 魚同士の種類が 異なっていたとしても お互い 社会的ネットワークで 繋がっていて 採食に安全なタイミングの 情報が得られるのです また 私たちの分析では 魚たちの採食量のうち60%以上が 社会的ネットワーク内での 模倣行動に因るという可能性が示され これこそ サンゴ礁の生態系内での エネルギーと資源の流れを左右する— 極めて重要な要素かもしれないのです しかし 以上の発見は 魚の乱獲という サンゴ礁で起こりがちな問題が 魚の消失のみならず 残された魚の社会的ネットワークの 分断を起こした場合 魚たちは重要な情報が得られないので 隠れがちになり 藻類を食べる量が減る 恐れがあることも示しています こうなると サンゴ礁は現在の予測よりも いっそう脆弱になってしまいます

まとめると 魚の社会的ネットワークは驚異的です 一匹の行動が多くへ広がり 私たちみんなの食や 世界経済を支えている― サンゴ礁全体に 影響を与えうるからです

さて 私たちの発見からは サンゴ礁をもっと持続的に 管理する方法が見えますが それだけではありません 私たち人間が 他の人間の 行動に影響されるだけでなく 一匹の魚の行動からも 影響を受けていることも分かります それは 遠く離れたサンゴ礁で起きる— 魚の単純な模倣行動なのです

ありがとうございました

(拍手)

  • テキストだけで読む
  • 元に戻す
このプレゼンテーションについて

TEDフェローのマイク・ギルは魚を相手にスパイ活動をしており、仲間と一緒に最新のマルチカメラシステムとコンピュータビジョンを駆使し、サンゴ礁に住む魚たちの行動、社会活動、そして生態系への影響を探っています。異種の魚同士が社会的ネットワークを通してどのようにコミュニケーションをとるのか、そしてこのネットワークを乱すと、私たちみんなの食や世界経済を支えるサンゴ礁の繊細な生態系に何が起きるのか、見ていきましょう。

こちらもオススメ!

あなたはこの言語の上級者―しかもそれに気づいてさえいない

クリストフ・ニーマン

がん治療を仕事のお陰で乗り切れたこと

サラ・ドネリー

あなたが使うスマートフォンは人権問題である

クリストファー・ソゴイアン

自動運転車が下すべき倫理的判断について

イヤッド・ラーワン

世界規模の学習危機、それにどう対処すべきか

アメル・カーブール

次世代のアフリカの建築家とデザイナー

クリスチャン・ベニマナ

世界の食料ムダ捨て事情

トリストラム・スチュアート

未来の技術で、どこでもシティライフの恩恵を

フリオ・ヒル

ドクターズゲートおすすめコンテンツ

専門家しか知らない!
中東情勢裏のウラ

世界を騒がせている中東
情勢と裏舞台を中東
事情の専門家が解説!

by リンクスタッフ

Top Oncologist
インタビュー

“パソコンおたく精神”が
生み出した乳がんに
おけるチーム医療の礎。

by 大鵬薬品工業

Top Oncologist
インタビュー

“かっこいい人”との
出会いを大切にした
“かっこいい人”が語る

by 大鵬薬品工業

最新医療機器紹介コラム
『医療最前線』

心臓外科手術の職人が
最新医療器具を術者の
視点で鋭く考察します

by リンクスタッフ

動画一覧へ戻る

視聴数ランキング集計期間: 10/21~11/4

TED 最新15件