厄介な問題を解決したい? ではトーストの作り方を説明してください(9:01)

トム・ウージェック(Tom Wujec)
このページをシェアする:
対訳テキスト
講演内容の日本語対訳テキストです。
※映像と合わせてご覧になる方へ
自動スクロールはしませんので、映像に合わせてスクロールさせてご覧下さい。

何年か前に 複雑な問題を理解し 解決する力を付けるための シンプルなデザイン練習課題に 出会いました 多くのデザイン練習課題と同様 一見すると自明な問題に見えますが 良く検討してみると 私たちが協力したり 物事を理解する方法について 意外な真実を 教えてくれるのが分かります。

この問題は 3つの部分からなっていて 誰でもやり方を知っている ことから始めます トーストの作り方です まず真っ白な紙と サインペンを用意して 言葉は一切使わずに トーストの作り方を絵にしてもらいます 多くの人は こんな絵を描きます 食パンの塊があって それをスライスし トースターに入れ しばらく待つと パンが飛び出して ハイできあがり! 2分後にはトーストと幸せを手にします。

私は何年もかけて このようなトーストの絵を 何百も集めてきましたが 中にはとても 良く描けているものがあり トーストを作るプロセスが 非常に明快に図示されています それからあんまり 良くないのもあります 本当にひどくて 何を言おうとしているのか 自分で分かっていません いろいろ見ていくと トースト作りのある面だけ 見ているものがあるのに気付きます たとえばトーストだけが 取り出され トーストの変容が描かれている ものがあります トースターとは何か 説明しているものもあります そしてエンジニアというのは 内部の仕組みを描きたがるものです (笑) 一方 人に焦点を 当てたものもあって 人にとって それが どういう体験かを描いています それからトーストができるまでの サプライチェーンを考えて 店から始まっているものや 瞬間移動もありの 輸送網を描いているもの 小麦や畑まで遡るもの さらにはビッグバンに 遡るものまであります すごいことに なっているわけですが これらの絵は それぞれ大きく 異なっていても 共通しているものが あるのがわかります おわかりになりますか? 何が共通しているでしょう?。

ほとんどの絵に ノードと矢印があるということです ノードは トースターや人のような 具体的な物を表し 矢印がノードの間を 繋いでいます このノードと矢印の 組み合わせによって システムモデルが できあがっていて 物事の仕組みを我々が どう捉えているかという メンタルモデルを 目に見える形にしています それがこのような モデルの価値です システムモデルの 興味深い点は 人による観点の違いを 明らかにすることです たとえばアメリカ人というのは トーストはトースターで 作るものだと思っています 一方 ヨーロッパの人たちは トーストはフライパンで作るものだと思っています そして学生の多くは トーストを たき火で作ります 私には解しかねるんですが MBAの学生の多くがこういう絵を描きます。

ノードの数を数えることで 複雑度を測ることができます 平均的な図には 4〜8個のノードがあります 4個未満だと 単純化しすぎですが 一目で理解できます ノードが13個より多くなると 煩雑で圧倒されるような 絵になってしまいます スイートスポットは ノード数5〜13個です 何かを視覚的に 伝えたい場合は 5〜13個のノードがある図を 使うといいです 私たちはみんな たとえ絵は上手くなくとも 複雑なものを 単純なものへと分解し 再構成する方法を 直感的に理解しているんです。

それが この課題の 第2部へと繋がります トーストの作り方を こんどは付箋やカードを使って 表現します するとどうなるでしょう? カードを使うと 多くの人は より明快で詳細で 論理的なノードを 描くようになります 各ステップを分析して モデルを組み上げながら ノードをレゴブロックみたいに いろいろ移動し 並べ替えるんです 当たり前のことに思えるかもしれませんが とても重要なことです 表現し 考え 分析するというのを 短いサイクルで繰り返していくというのは 明快さに到る 唯一の道なんです それがデザインプロセスの 本質的なところです システム理論の研究者が 指摘していることですが 表現を変更する容易さと モデルを改善する気になるかどうかは 相関しています 付箋によるシステムは より流動的であるだけでなく 静的な絵と比べて 一般にずっと多くのノードを含んでいて 内容が豊かになっています。

この課題の第3部では やはりトーストの作り方を描きますが こんどはグループでやります するとどうなるか? こんな風になります 最初はゴチャゴチャしていますが その後もっとゴチャゴチャになっていき それから本当に ゴチャゴチャになります しかしみんなでモデルを 洗練させていくうちに どれが良いノードか わかってきて 繰り返しごとに モデルが明快になっていきます 他の人のアイデアを元に アイデアを出すようになるためです そうして幅のある 個々人の観点をまとめた 統一的なシステムモデルが でき上がります これは通常ミーティングで 起きるのとは ずいぶん違ったことですね こうして作られた絵では ノードの数が20以上になることもありますが 参加者は圧倒されるようには 感じません そのモデルを作り上げるプロセスに 参加しているからです もう1つ興味深いのは グループの人たちは 組織的な構造を自然に 追加するということです たとえば対立を 解消するために 枝分かれパターンや並行パターンを 入れたりします ちなみにこれは 黙ってやった場合の方が ずっと早く ずっと良い 結果が得られます とても興味深いことても興味深いことです おしゃべりは邪魔になるんです。

この課題から得られる 教訓ですが 図は 物事をノードと その間の関連からなる システムとして捉えさせることで 理解を助けます 動かせるカードを使うと より良いシステムモデルが得られます より柔軟に改善が 行われるためです グループでカードを使ってやった時に 最も広範なモデルが得られます 様々な観点が 取り込まれるためです 興味深いことだと思います 適切な環境でチームが 協同作業してできたモデルは 個々人によるモデルより ずっと良いものになるんです。

このアプローチはトーストの作り方を図示する時 とても上手くいったわけですが 何かもっと切迫した 大きな問題に対してはどうでしょうか? たとえば組織のビジョンとか 顧客体験とか 長期的なサステナビリティといった 問題の場合では?

現在 視覚化の革命が 進んでいて 多くの組織が 難しい問題を 協同で図解することによって 解決しています 動かせるノードと矢印によって 物事を表現できる人たちには 有利な点があると思います。

やり方は すごく簡単です 疑問からスタートして ノードを集め ノードを改良していき それを繰り返すうちに パターンが現れて 明快な理解が得られることで 問題への答えを見出すんです。

この視覚化して繰り返し改善していく というシンプルな活動によって 非常に目覚ましい 結果が得られます ここで注意すべきなのは モデル自体だけでなく この過程を通じて行われる 対話が重要だということです このようにして得られる 視覚的な枠組みは ノードの数が数百から 数千に及ぶこともあります 1つの例はロデールという 大手出版社です ある年に 大きな損失を出して 経営陣は3日かけて 業務全体を視覚化することにしました 個々のシステムに到る 業務全体の可視化を行った後 ロデール社の収入は 5千万ドル改善され 顧客からの評価も DからAに改善されました なぜか? 経営陣が一致した見方を得られたからです 協同で可視化をすることによって 厄介な問題を解決できるよう 組織を手助けすることを 私はミッションとするようになり drawtoast.com という サイトを作りました ここにはたくさんのベストプラクティスが 集められています このワークショップの やり方だとか 視覚言語や ノードと矢印を使った 様々な構造について学び 一般的な問題解決に 応用できます また どこの組織でも直面する 難しい問題を解きほぐすのに使える 様々なテンプレートが ダウンロードできます トーストの作り方を図示する という一見単純な課題が グループで明快な理解や 協力や 一致を得るために とても役に立つのです。

こんど興味深い問題に 直面した時は どうかデザインが何を教えてくれるか 思い出してください アイデアを目に見え 触れられる 意味あるものにすることです これはシンプルで楽しく 強力な手法であり 祝福する価値のある アイデアだと思います。

どうもありがとうございました。

観衆:(拍手)

  • テキストだけで読む
  • 元に戻す
このプレゼンテーションについて

トーストの作り方は難しくは見えません。そのプロセスをステップごとに図示してくれと言われるまでは。トム・ウージェックはいろんな人やチームにトーストの作り方を聞いてきました。そのプロセスが、仕事における大きな難しい問題がいかに解けるかについて予想外の知見を明かしてくれるからです。この練習課題を行う方法を学んで、何千もの人々がトーストの作り方を描くのを見てきたウージェックの驚くべき洞察に耳を傾けましょう。

こちらもオススメ!

簡単な血液検査で出来るがんの早期発見

ジミー・リン

美しい義肢をデザインする

スコット・サミット

学校教育は創造性を殺してしまっている

ケン・ロビンソン

なぜ好奇心が科学と医学にとって重要なのか

ケビン・B・ジョーンズ

恋愛を語るための より良い方法

マンディ・レン・カトロン

肉体の再生

アラン・ラッセル

臓器の培養

アンソニー・アタラ

細菌を使ってガンの早期発見と治療を

タル・ダニノ

ドクターズゲートおすすめコンテンツ

マイナー事例に学ぶ
『専門外』の救急診療

専門外の処理・治療に
困ったときに役に立つ
急患診療の『真髄』!

by 医歯薬出版

シニアレジデント
インタビュー

研修病院で活躍する後期
研修医が今の所属科目を
決めた理由とは?

by リンクスタッフ

Top Oncologist
インタビュー

“パソコンおたく精神”が
生み出した乳がんに
おけるチーム医療の礎。

by 大鵬薬品工業

40代・神経内科K先生の
"やってよかった"対策法

専門医制度の改変前に…
残り1ヶ月でも間に合う
勉強法を紹介

by メディックメディア

動画一覧へ戻る

視聴数ランキング集計期間: 10/13~10/26

TED 最新15件