これぞ史上最高のロボットのデモ(かも)(6:18)

マルコ・テンペスト(Marco Tempest)
このページをシェアする:
対訳テキスト
講演内容の日本語対訳テキストです。
※映像と合わせてご覧になる方へ
自動スクロールはしませんので、映像に合わせてスクロールさせてご覧下さい。

(マルコ)最近私が取り組んでいるものをお目に掛けましょう。ビクトリア朝時代の奇術師なら、「奇跡の機械」「自動人形」「思考装置」とでも呼んだであろうものです。エディをご紹介します。今は眠っています。起こしてやりましょう。

(マルコ)エディ、エディ・・・こういう機械の出し物はヨーロッパで人気がありました。観衆は機械の動きに息を飲みました。
現実になったサイエンスフィクション、エレクトロニクス時代以前のロボット技術。ビクトリア朝時代の、他の技術より遙かに進んでいた機械。後に「ロボット」として知られることになるものです。
(マルコ)ロボットとは、1921年にチェコの脚本家カレル・チャペックの空想科学小説ではじめて使われた造語で、robotaという強制労働を意味する言葉に由来します。

(マルコ)でも、そのようなロボットは本物ではありませんでした。知性はなく、イリュージョンだったのです。機械技術と奇術師の技の組み合わせで生み出されたものです。しかしエディは違います。エディは本物です。
(エディ)『私は身長176センチ、体重140キロ、7軸の腕を2本持ちトルクセンサー付きです。』
(マルコ)全方位ソナー検知システム搭載、おまけに完全保証付き。

(マルコ)みんなロボットが大好きです。
(エディ)『やあ、僕エディ。僕と友達になってくれる?』
(マルコ)私たちは、人間のような機械を作ることに魅せられてきました。人間のような姿をし、人間のように振る舞い、人間のように考える機械です。完璧なロボットは人間と見分けが付かず、私たちはそれに恐れを感じます。
最初のロボットの物語で、ロボットは作り主に反乱を起こします。これはSFに最もよく出てくるプロットでしょう。
(エディ)『ワッハッハッ お前達は奴隷で 我々ロボットこそ主人だ 世界は我々のものだ お前たちは—』
(マルコ)言いましたように、顔や体を作ったのが我々であっても、私たちにロボットの心を読むことはできず、そこに不安を感じるのです。誰かがあなたに何かを渡す時、その人の目や表情やボディランゲージから意図を推し量れます。ロボットが相手ではそうはいきません。しかし逆もまたしかりです。すごい! ロボットもまた人間の行動を予期できません。

(エディ)『人間というのはまったく予想不能で、何より不合理だ。次に何をしでかすか見当もつかず、おっかなくてかなわない』
(マルコ)そのため、人間とロボットが一緒に作業するのには困難が伴います。トラブルが避けられません。
(エディ)『うわっ 痛いじゃない!』
(マルコ)ごめんよ。ロボットは安全だと納得させるには、信頼の幻想を創り出すことです。ビクトリア朝時代の人たちが奇跡の機械をでっちあげたように、私たちもロボットと友達でいて安心できるよう、偽りの見かけを付け加えてやるのです。その上で、エディにマジックを教えることにしましょう

(マルコ)準備いいかい?
(エディ)『いいよ。アブラカダブラ・・・』
(マルコ)・・・ アブラカダブラ?
(エディ)そうさ これも イリュージョンの一部さ 続けよう。
(マルコ)マジックは不可能な現実の イリュージョンを創り出します。テクノロジーもまた同様です。人工知能の先駆者であるアラン・チューリングは、考えることのできる機械のイリュージョンを創り出すことについて語っています。もしコンピュータが、自分は人間だと人に思わせることができたなら、それは知的と呼んで構わないだろう。言い換えるなら、技術的な解決法がないとき、イリュージョンで目的が果たせるかということです。

(マルコ)イリュージョンを作るために、人はロボットが従うべき倫理的なルールを作りました。
(エディ)ロボットは人間を 傷つけてはならず、人間が傷つくのを 放置してはならない――アイザック・アシモフ。
(マルコ)私たちは機械を擬人化しているのです。親しみやすい顔や安心できる声を持たせることで、
(エディ)私は2014年3月にTEDで稼働し始めました。ロボットに人を楽しませ、そしてなにより人への理解を示させるのです。僕の足踏んでる!
(マルコ) ごめん。ロボットは人間の体のひ弱さを理解し、近づきすぎるとよけ 人の予測しがたさを 考慮に入れ 行動を予期します テクノロジーの呪文を唱えたら 恐れを忘れて 真の協同が可能になります。ありがとう ありがとう!これでお終いです どうもありがとう
(マルコ) 君もね エディ
(エディ) ありがとう マルコ

  • テキストだけで読む
  • 元に戻す
このプレゼンテーションについて:

マルコ・テンペストは、人間と一緒に働けるようデザインされた多目的ロボットのエディ(EDI)を素敵な演出でご紹介します。今回はマジックよりは、よく計算された振り付けによるパフォーマンスが中心です。ロボットの知覚技術、安全機能、強みを示し、人間とロボットのより近い関係の可能性を示します (それにマジックも少し)。

こちらもオススメ!

印刷できる柔軟な有機太陽電池

ハナ・ブルクシュトゥマ

世界初のクラウドソースによる宇宙交通監視システム

モリバ・ヤー

アラブのビジネスウーマンが教える、成功のための3つの教訓

レイラ・ホテイト

映画で耳にする音は全て嘘でできている

タソス・フランツォラス

触覚を使ってナビゲートしてくれるウェアラブル技術

キース・カークランド

拡張現実はどのように積極行動主義を変えているか

グレン・カンタベ

意見の対立する者同士の会話をリードする方法

イヴ・パールマン

「アンチ」を科学的に分類してみよう

ネギン・ファルサド

ドクターズゲートおすすめコンテンツ

医師のための使える!
デジタル情報

医師が知るべき最新医療
ツール等、お役立ち
デジタルツールを紹介!

by ブリストル・マイヤーズ スクイブ

レジデントノートの
羊土社提供

新研修医・医学生の
皆様の勉強に役立つ
情報をご紹介します。

by 羊土社

ドクターマンガ
Doctor's History

各分野の先頭で活躍する
ドクターの半生をマンガで
描く大人気コンテンツ!

by リンクスタッフ

やさしい
心電図の見方

心電図の見方や、主な
心疾患と治療のポイント
等循環器領域情報を配信

by トーアエイヨー

動画一覧へ戻る

視聴数ランキング集計期間: 7/14~7/28

TED 最新15件