スーパープレゼンテーション by TED
このページをシェアする:
ドクターズゲートが自信をもってオススメするスーパープレゼンテーション
ポピー・クラム人の感情を読むテクノロジー

人の感情を読むテクノロジー

- ポピー・クラム(Poppy Crum)
テクノロジーが私達のことを私達自身よりもよく知るようになったらどうなるでしょう? 感情が外面にどう現れるかを研究しているポピー・クラムは、ポーカーフェイスはもう終わりだと言います。新技術によって私達の感情を示す兆候が容易に検出できるようになっているためです。彼女は講演とデモを通し、「共感のテクノロジー」を使って、体温や呼気の成分といった肉体的な兆候から感情を読み取れることを示します。良くも悪くも、「技術によって共感能力者となることの効力を認めるなら、感情的、認知的な分断をテクノロジーで橋渡しできる可能性が生まれる」のだと彼女は言います。
このプレゼンテーションを見る
ロイド・ペンドルトンハウジングファーストというホームレスへの取り組み

ハウジングファーストというホームレスへの取り組み

- ロイド・ペンドルトン(Lloyd Pendleton)
精神衛生上の問題を抱え長い間ホームレス状態の人に、路上から直接住居へ移ってもらったらどうなると思いますか?ロイド・ペンドルトンが、「ハウジングファースト」と呼ばれるホームレスへの取り組みの中で懐疑的な立場から信じる者へと変わった自らの経験を話します。ペンドルトンは、ハウジングファーストにおいて住む場所を失った人々に対し早急に無条件で永久的住居を見つけるための短期援助を行い、その結果としてユタ州での慢性的ホームレス人口を10年間で91%削減することに成功しました。
このプレゼンテーションを見る
ダニエル・ギブソンDNAを人工的に作りインターネットで送る方法

DNAを人工的に作りインターネットで送る方法

- ダニエル・ギブソン(Dan Gibson)
生物学者のダニエル・ギブソンはDNAを編集し、さらにはプログラマーがコンピューターのプログラムを書くようにDNAのプログラミングをしますが、ここでの「プログラム」は、生命を作り出し、デジタル化された情報からタンパク質やワクチンといった生物学的物質を作る力を科学者に与えるものです。彼が現在進めている次なるプロジェクトは「生物学的瞬間移動」で、これは新薬をインターネットに乗せて世界中に瞬間的に届けられるようにしようというものです。この技術によっていかに突発する疫病への対応が変わり、個人に合った処方薬を家庭でダウンロードできるようになるかを学びましょう。
このプレゼンテーションを見る
ガウタム・バーン1億人分の家を作る大胆な計画

1億人分の家を作る大胆な計画

- ガウタム・バーン(Gautam Bhan)
ムンバイ、デリー、チェンナイ、カルカッタなど、インドの全ての主要都市には、ある重大な共通点があります。仕事を求めて来た人を喜んで受け入れるという点です。しかし、その寛容性の裏側には何があるでしょうか?残念なことに、推定1億人分の家が不足しており、現在そのような人々のほとんどはインフォーマルな居住地に暮らしています。ガウタム・バーン氏は、人々の住居の専門家で研究者であり、この問題の新しい解決策を思い描いています。彼が、全ての人が安全で頑丈な家に住むというインド都市部の新しいビジョンを話します。
このプレゼンテーションを見る
グレッグ・ゲイジサウンドはあなたの睡眠中にどれほど記憶に入り込むか
【オリジナル対訳】TEDで学ぶ最新医療

サウンドはあなたの睡眠中にどれほど記憶に入り込むか

- グレッグ・ゲイジ(Greg Gage)
テストの詰め込み勉強を睡眠中にできますか? 勇敢な神経科学者が睡眠中に実験を行い、記憶力を高められるかどうか試みています。 きっと、結果に驚くことでしょう。
このプレゼンテーションを見る
トゥリア・エル・ガラウイアフリカで盛り上がりを見せるアートシーン

アフリカで盛り上がりを見せるアートシーン

- トゥリア・エル・ガラウイ(Touria ElGlaoui)
アートフェア・キュレーターのトゥリア・エル・ガラウイが、アフリカ人やアフリカにルーツを持つアーティストによる、生き生きとした新作アートについて熱く語ります。エル・ガラウイが紹介してくれる現代アートは、美しくて感動的で刺激を与えてくれるもので、アフリカ人のアイデンティティやアフリカの歴史に関する力強い物語を伝えてくれます。その中には、セネガル人フォトグラファーのオマール・ビクトル・ディオプ、モロッコ人アーティストのハサン・ハジャジ、ジンバブエ人画家のクズナイ=バイオレット・ハワミの作品があります。「私たち自身の主体性や力強さといった感覚を蘇らせるのがアートであり、本当の意味で自分たちの物語を語ることができるのがアートなのです」
このプレゼンテーションを見る
クラウス・シュタドルマン世界最小の3Dプリンター

世界最小の3Dプリンター

- クラウス・シュタドルマン(Klaus Stadlmann)
世界で一番小さな3Dプリンターがあったら、何ができるでしょうか?クラウス・シュタドルマンが、彼の小さくて廉価なプリンターをデモします。そのプリンターを使えば、いつかオーダーメイドの補聴器を作ったり、ヒトの髪の毛よりも小さな彫刻を作ったりすることができるかも知れません。
このプレゼンテーションを見る
ヘレン・ジレット『You Found Me(あなたが私を見つけてくれた)』

『You Found Me(あなたが私を見つけてくれた)』

- ヘレン・ジレット(Helen Gillet)
チェリストかつシンガーのヘレン・ジレットは、クラシックの素養をニューオーリンズに端を発するジャズや自由な即興技術と組み合わせて、様々な要素の混ざり合ったオリジナルの音楽を奏でます。力強くもメロディ豊かなパフォーマンスで、彼女は自作の曲『You Found Me(あなたが私を見つけてくれた)』を演奏します。
このプレゼンテーションを見る
カルロス・バウティスタ地雷の残酷な論理と地雷の回避を支援するアプリ

地雷の残酷な論理と地雷の回避を支援するアプリ

- カルロス・バウティスタ(Carlos Bautista)
50年間にわたるコロンビアの内戦により地方に地雷がばら撒かれ、偶然通りかかった罪のない人々が体の一部を失ったり命を落としたりしています。地域住民をそんな被害から守るため、TEDレジデントのカルロス・バウティスタは、地雷を追跡し、通行人が危険な場所に近づかないようにするアプリの開発に取り組んでいます。命を救う可能性を持ったこのツールが、紛争が終結しても地雷に苦しめられている国や地域にどうやって平和をもたらすかを学びましょう。
このプレゼンテーションを見る
イケ・ウデ肖像写真で見る、前衛的なアフリカの美

肖像写真で見る、前衛的なアフリカの美

- イケ・ウデ(Ike Ude)
その華やかなキャリアと作品群を通じて、イケ・ウデは西洋のメディアに溢れているアフリカ人達のネガティヴなイメージを拒絶する創造的な方法を発見しました。ウデが、これまでの作品を振り返りながら、多くの文化に由来する衣装や小道具、ポーズを一堂に組み合わせ、アフリカの多様で複雑な美しさを表現した肖像写真を紹介します。
このプレゼンテーションを見る
クリストファー・アテガカ養子になった私の人生

養子になった私の人生

- クリストファー・アテガカ(Christopher Aegeka)
「才能は誰もが持っていても、発揮する機会があるとは限らない」と、TEDフェローのクリストファー・アテガカは言います。このチャーミングで人に希望を与える話の中で、彼は幼い頃に児童養護施設にいた話や、養子になったことで新しい文化を知る機会を得て、教育を受けることができ、才能を発揮することができた経験を紹介しています。彼は「世界の偏見や人種差別は無くせないかもしれません。しかし、ポジティブで誰をも受け入れ、繋がりある世界を創る子供を育てることは確実にできます。その世界は共感と愛と、そして思いやりで溢れています」と話します。
このプレゼンテーションを見る
ダイアン・ウォルク=ロジャーズパークランドの高校教師からみんなへの宿題

パークランドの高校教師からみんなへの宿題

- ダイアン・ウォルク=ロジャーズ(Diane Wolk Rogers)
ダイアン・ウォルク=ロジャーズは、2018年のバレンタインの日に恐ろしい銃乱射事件が起きたフロリダ州パークランドのマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校で歴史を教えています。あのような理不尽な暴力は、どうすれば終わらせることができるのでしょう? この強く心に訴える講演で、ウォルク=ロジャーズは、アメリカが銃についての安全と責任という面で前進するための3つの方法をを提示し、みんなにも自分の答えを考えるように勧めます。そして何よりも、彼女の学校の活動家であり、事件の生存者であり、その活動によって何百万という人々を行動へと動かしている生徒達に見習うようにと。ウォルク=ロジャーズは言います。「本当はあの子達が自分でしなきゃいけないことではないんです。あの子達が私たちみんなに加わるよう呼びかけています」
このプレゼンテーションを見る
ジョーン・ブレイズ&ジョン・ゲーブル先入観のフィルターバブルから自由になろう

先入観のフィルターバブルから自由になろう

- ジョーン・ブレイズ&ジョン・ゲーブル(JoanBlades & JohnGable)
ジョーン・ブレイズとジョン・ゲーブルは、自分とは違う政治観で投票をする人たちと友達になってほしいと言います。政治観が正反対でありながら長年の友人でもある二人は、すぐには同意できないような相手と、腹を割って話し合うことの価値をよく知っています。政治観が反対である人々の間にある理解の溝を埋めるにはどうしたらいいか、そしてお互いに耳を傾け、互いを思いやる機会を生み出すにはどうしたらいいか、一緒に考えてみましょう(ことによると、生涯かけた友情も生まれるかもしれません)。
このプレゼンテーションを見る
デイビッド・ホワイト過去、現在、未来を巡る詩人 ― スペイン・サンティアゴ巡礼

過去、現在、未来を巡る詩人 ― スペイン・サンティアゴ巡礼

- デイビッド・ホワイト(David Whyte)
独特な魅力と深い洞察力を備えたデイビッド・ホワイト氏。彼は姪が辿ったスペイン・サンティアゴ巡礼に感化され、詩を2編作りました。それを詠みながら、過去・現在・未来を巡ります。
このプレゼンテーションを見る
クリステン・ライター私は子供は欲しくない—「そのうち気が変わる」なんて言うのはやめて

私は子供は欲しくない—「そのうち気が変わる」なんて言うのはやめて

- クリステン・ライター(Christen Reighter)
5人に1人の女性が「生物学的な子」を持たないというアメリカで、クリステン・ライターもその1人です。かかりつけ医を含め、多くの人々に「そのうち気が変わるよ」と言われてきたにもかかわらず、自分は子どもは欲しくない、と幼い頃から自覚していました。自身が不妊手術を求めた体験談を語り、母性とは女性であることの延長であり、必要条件ではないのだと訴える、力強いトークです。
このプレゼンテーションを見る

公開中のプレゼンテーション一覧

視聴数ランキング集計期間: 7/24~8/13

TED 最新15件